> > 『マーベルヒーローズ』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『マーベルヒーローズ』  
text by ワサビ
 
機種画像 機種画像 人には得手、不得手というものがあります。例えばドラえもんがネズミが嫌いであったり、のび太君が昼寝が得意であったり。はたまたボクや嫁が断食が苦手であったり、佐々木さんがライムサワーが得意だったり。あ、それは好物なだけか。

まぁとにかく、このように常日頃から自分の体質が受け付けるものとそうでないものが存在し、それぞれ個人差がありますよね。これに関してはパチスロも同じ。ボーナス主体のゲーム性のものしか打たないという人もいれば、爆発力が魅力のART系のマシンにしか興味を示さない人もいる。しかし楽しむためにはそれぞれのパチスロ観で好きな台だけにのめり込めばそれで良いと思うけれど、『勝つ』ことを主眼として打っている人間的にはやっぱり話は別。状況・条件さえ整っていれば、どんな台にでも手が出せるタイプ……そういうタイプがやっぱり真の「勝ち組」であると自分は思っています。

あ、もちろんこれは収支的な面での話。精神的に苦痛な台を打って金銭を得ても全く嬉しくもない……という「精神的収支」も考慮してパチスロと対峙したいという人はまた別の話ですけどね。

基本的に自分は「精神2」:「金銭8」の割合でパチスロを打っています。つまりほとんどの場合において、あまり好きなゲーム性でなくても設定さえ見込めるのならば基本的には手を出す……という、いわば「雑食タイプ」です。しかしそんな中にも2割の金銭以外で動く部分があったりするから、ほぼ確定のエヴァ6よりも1/2の蜘蛛男の6に賭けたり、6確でも精神的苦痛の大きい○○○○○○○○だけは手を出さなかったりするんですが。このバランスで、日々のスロ稼働のモチベーションを保っていると言ってもいいかもしれません。

さて、そんな中、どちらかというと手を出さない側に属していた今回の実戦台「マーベルヒーローズ」。この台に手を出したのも、なんていうか先週までの悪循環に満ちたパチスロで精神的に少しヤラれていたのかもしれません。でもこんな時こそ「何か」が起きてしまうから、今までパチスロをヤメようという考えに行き着いたことが一度もないんだろうなぁ。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る