コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『アイムジャグラーEX』vol.3  
 

実戦データ
店舗名 都内S店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 アイムジャグラー
投資 ゲーム数 ボーナス
5K162台移動
3K86CB
1CB
1CB
7K463BIG
112BIG
58CB
12CB
18BIG
62BIG
45BIG
48BIG
262BIG
116BIG
102CB
411BIG
100CB
82BIG
108BIG
14CB
22BIG
111CB
48BIG
6BIG
96CB
682CB
89CB
65BIG
21BIG
55CB
182BIG
68CB
8BIG
90CB
160CB
54BIG
200ヤメ
(2台目)総ゲーム数:4058G BIG:19回(1/213.6)CB:16回(1/253.6)
総投資額 15000円
総獲得枚数 2540枚
換金額 50500円
収支 35500円

自分のヒキを信用してない

なぜ『アイムジャグラーEX』か? ということです。これにはいろいろと理由があります。まずは、頑張っているホールが多いこともあって、いろいろな環境から実戦ホールを選べるということ。現状だと『新・吉宗』なんかも良さそうなホールが多いんですけど……。1000円あたりの回転数と、高設定を掴んだ時の期待値は『新・吉宗』のほうが上。なので『新・吉宗』を選択するのも普通に正解だったと思います。

ただ、展開のアヤを極力抑えたかったんです。『ドリスタ』も『新・吉宗』もRTの突入というヒキ勝負があります。『ドリスタ』で1/1000だったんだから自信ありません。RT中にSIN→1枚のコンボを3回炸裂させたヒキから行くと、RT300→RT100の格下げを何発もくらいそう(笑)。そんなヒドいことは滅多に続かない……なんていう強気にはなれません。っつか、その分の不ヅキは今すぐ帰してもらわなくてもイイんですから

それから、ハマリ報告の多い『新・吉宗』といえども、BIG確率は合成すると1/300を切っています。ベースが45Gということを考えると、十分な数字。ベース30Gで1/200の台を打ってるのと同じ意味にはなります。ただ、少しでもボーナスを引ける台を打ちたかったんです。『新・吉宗』のような1/1000クラスのボーナスを合成しての1/300と、1つだけのBIGが1/300の場合と。意味はまったく同じですし、ハマリ率を計算しても同じになります。そんなことはわかってます。ただ、どうしても感覚的に1/1000の数種類なんて、1000G回して1回も当たらないことがあって当然……と思えてきちゃうんです。ヒキなんて、信じる&信じないを含めて気分的なものなんですから、せめて曇りのない状態で打ちたい。

な〜んて考えていくと、ボーナスはBIGとCBの1種類ずつで破格の確率。RT突入などといった展開のアヤまったくなし。で、最初にも書いたように、いろいろな環境から実戦ホールを選べるということで『アイムジャグラーEX』になりました。

それにしても、困った時の『ジャグラー』って、もう何年目だろ? 設定が明確に読めない機種の良さってのもあるかもしれませんね。また、最高設定ってわかってヒケないと、気持ちがズブズブ……となってしまいますけど、『ジャグラー』なら引けなかった台は「きっと低設定or縁がなかった」と割り切れるのも大きいかもしれません。

初めての3G連続ペカッ

ちょろっとは実戦中のことも。不ヅキ状態だったので、選んだのは等価のホールで、設定は半分56というプチイベント(他機種が弱かったなぁ、この日は)。出だしにつまづいても、換金差額による不利益が出ないように……です。まずは「縁のある台探し」です。1/2なんだから早めの見切りも必要ですし、出ない高設定は先週だけで十分です。で、2台目に移動したら、なんといきなり3G連続でペカッ……全部CBでやんの(笑)。高設定濃厚となったことを喜ぶべきか。BIGが当たらず苦しむ高設定になりそうな予感に気付かないフリをして打つと、やっぱりハマります。いや、等価のホールで打っていて実に良かった。

その後は、まぁまぁ順調にコインが出てきてくれました。ブドウ確率はちゃっかり調べてて、設定6ではなさそうだったので納得できるコインから微動だにしなくなったところでヤメ(徹夜麻雀の予定があって、ちょっと寝たかったのもあるけど)。ボーナス引けない病も克服したかな? といった感じ。

やはり、ここ数週間ほど苦悩していたワサビさんは、ホールを変えて『マーベル』でいっぱい出してましたが、私は『アイジャグ』。この2つって、まったく逆に思われるかもしれませんが、実は精神的なストレスを解消しようと考えて行動したのは同じだったように感じます。そのストレスが「自分向きか、ホール向きか」が違ったから、打つ機種も180度異なっただけ……と。ワサビさんの場合は、『マーベル』に座ることよりもホールを変えて気分転換することのほうが重要そうでしたし。

で、私と同様、先週の始めに深海に逝ってしまったタッキー師匠。きっとタッキーさんは、フルスペックとか甘デジとかっていう目先が変わったとしても、フルスペックのこの釘と、甘デジのこの釘だったらコッチ。というで、スタイルは崩さないでしょう……というか、崩しっこない。パチンコの場合は、自分のスタイルを絶対に崩さない強い信念が大事。パチスロの場合は、スタイルをやや広めに持って、自分の引き出しを多く持つのが大事なのかな。

そんな感じで、不調を感じる時ほど、みんなの日記を遡ってチェックして、何かヒントがないか探してしまいます。で、気付いたのは……「漱石さんが戦死していきます」といったフレーズ。私もよく書くんですが、1000円札をよく見もせずにコインサンドに突っ込んでるのか、よくわかりますね(笑)。前回の日記では「野口英世が……」と書いたんですけど、なんか違和感がありました。「英世」の二文字だとわかりにくいですし、次回は「鴎外」あたりでお願いします。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る