> > 暇が少ない時の勝負 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

暇が少ない時の勝負  
text by 佐々木 真
 
機種画像 例年、2月の後半から3月にかけて新機種がいろいろ出てくるんですが(決算期直前の駆け込みだから)、今年は異常すぎるかも。洞爺湖サミットの影響で1ヶ月くらい新機種導入ができない時期があるので、順繰りに前倒しで機種を発表しているのもあるんでしょう。そのサミットに向けた時期は暇になるのは確定なので、その分の仕事を今やっているというのが正確なんでしょう。それにしても……打てなさすぎます。ちなみに、今回のデータは先週の稼働全てです(笑)。そんなわけで、打つ暇がほとんどない状況が続いている今、考えていることを書いてみようかと。

実は、ちょっぴり「忙しくてラッキー」と思っていたりもします。自営業なんで、暇を持てあますよりも仕事があったほうが良いってのもありますが、普通にパチスロの収支や勉強面を考えてもラッキーなのかな……と。その理由ですが、洞爺湖サミットの期間中は打てそうなこと。どこのホールも目先の集客力となる新機種入れ替えがないので、出玉勝負になる可能性が高いです。さらに今は、パチンコのビッグタイトルで手一杯なホール状況。入れ替え費用の問題もありますし、営業的にもパチンコに力を入れざるを得ません。少なくとも、私が存分に打てる時期って、今より状況が良くなっているハズ

希望的観測かもしれませんけど、今よりも悪くなることってよっぽどですわ。それくらい悪いことが重なっている時期なんで。3月といえば決算期。企業化が進んでいるホールなんかだと、前年度からの増収・増益とかの数字にも縛られるし、その決算期は推して知るべし。この状況をちゃんと予測して、ストック機があった頃にお金を積み立てるなり、業績の下方修正などをしっかりできているところもあるでしょう。ただ、そんなホールは一部に過ぎないのは、新装の少なさやベニヤを張ったまま放置されているシマの現状を見れば、一目瞭然かと。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る