コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

暇が少ない時の勝負  
 

実戦データ
店舗名 都内D店&J店
換金率 5.7枚&等価交換
遊技ルール -
機種名 『青ドン』&『アイムジャグラー』
投資 ゲーム数 ボーナス
青ドン(D店:5.7枚交換)
6K212赤BIG
168REG
80ドンBIG
67ドンBIG
89ドンBIG
252ドンBIG
98ドンBIG
54ドンBIG
128赤BIG
256ヤメ(1615枚)
アイジャグ(J店:等価交換)
4K134CB
66BIG
240台移動
1K18CB
68BIG
192BIG
75CB
169BIG
201BIG
8CB
97BIG
228BIG
265BIG
70CB
169BIG
312BIG
16CB
564ヤメ
総投資額 11000円
総獲得枚数 1615枚
換金額 28000円
収支 17000円

パチスロでストレス発散!?

仕事が忙しいとストレスが溜まる……ってのもよくわかります。私の場合、パチスロのことを考えているだけで楽しいので、睡眠時間が削られていく以外にストレスは感じなかったりするんですが(笑)。でも、忙しいほど、金銭的にも余裕が出てくるのは事実。自営業なら実入りがアップ。サラリーマンの人も残業手当が(サービス残業は置いとくとして)。まぁ、他にお金を遣う暇がなくなるってのも大きいです。そういう時に、気持ちが大きくなったり、ストレス発散と称して、一発のある台を求める人も多いでしょう。こんなん価値観の違いだから止めはしませんが、パチスロの収支を上げたいのなら逆だと思っています。

ハイリスク・ハイリターンの機種は、高設定を確信しつつ展開負けしているときに、持ちこたえられる金銭的な余裕も必要なので、そういう時期に……というのはわかります。ただ、それ以上にリスクを減らすことが大事な機種でもあるので、その努力ができる時間的な余裕が、もっと必要になってきます。少なくとも連れスロ以外で、そのテのタイプ(ほぼ『リンかけ』だけど)を日記にしたのは、コケたらその材料をもとに明日も勝負できる……という日ばかり。運良く初日で掴めたとか、負けても2日目は追う気になれないホール状況で日記にしなかったパターンが多いんですけど。『リンかけ』って、言うほどハイリスクでもないんですけど、それでも時間的な余裕があるときなら、確実に勝ちに行ける機種だとも思っています。

もちろん、私もパチスロでストレスを発散することはあります。というか、純粋に楽しみに行っちゃうとき。ただ、それでもリスク管理を考えてしまうので(ええ、パチスロ以外のリスク管理はなってないですよ)、自然とボーナス主体の機種を選んで、そういう機種を打つ機会が多くなるから、自分の好み・楽しさをさらに理解できるようになり……余計に楽しくてそればっかりになっちゃうんですけど。

『アイジャグ』の日は今年、最低の勝負でした

そんなわけで、先週の稼働もボーナス主体の『青ドン』と『アイジャグ』のみ。『青ドン』は待ち合わせまでに空いた約2時間の時間潰しでした。そんな中、換金差額アリのところで打つのって、基本的には論外。さらに、打ったのは、前にも何回か日記にしていて、ワサビさんも「オオカミ店長」と書いた、嘘札が得意なホール。リスク管理もへったくりもありません(笑)。

騙されたつもりで座ってみただけです。短時間の「時間潰し」で一番お金がかかるパターンは、単に引けずに終了というもの。どのみち、換金できるなんて思ってもないので、嘘札もあるけど全部が嘘というわけでもないホールで打ったほうが、近くの等価店の空き台よりかは設定が高い可能性があるかな……と。もし設定があったとすれば、初期投資を抑えられますし。設定? 花火も普通のしか上がらなかったし、知らんよ。それなりの設定だったら、初期投資を抑える狙いは正解。もし、嘘札だったらヒキのムダ遣い(等価で引いたほうがデカいし)。どちらにせよ、まぁコレを立ち回りの本線なんかにゃできないのは当然なので、単なる運勝ちです。まぁまだ、これはイイんです。運勝ちできるようには、ちこっとだけ考えてますし、考えたことを実行に移してます。

問題なのは、唯一朝から打てた日に打った『アイジャグ』。ここも日記に何回か書いたホールです。クレ落ち等々もあっていろいろ立ち回りを模索しやすいホールでしたが、最近の状況を把握できていないので、まずはそれなりに力を入れている『アイジャグ』を打ちながら様子を見ることに。

これが大失敗。『アイジャグ』は単に打っている人がヒキ弱の可能性もあるし、他のシマよりかはそれでもマシそうだったのは、まぁ当然として。その中でも普通に当たってくれた台に座れたのも、まぁ良しとして。ただ、以前に行っていた時と比べて、すべてにおいてパワーダウンしてる雰囲気でした。それなのに……好きな機種が設置されているので、その様子を見たい。自分の台は、まぁそれなりに引けている。……そんな感じでダラダラ打ってしまう始末。他のシマがヤバそうなのがわかってきた頃には、ハマリへと一直線。せっかく安銭で付けて粘れたのに、まだ時間がある段階から諦めるような状況で、換金ゼロってのは頂けなさすぎます。

このホールに来ちゃったところまではしょうがないけど、恵まれた序盤だったんだし、プラマイゼロで帰ろうや。どうせ呑まれるなら、せめて流して換金できる金額分だけ、好きな機種にお賽銭を投げときましょうや。こういう首尾一貫しない勝負を、せっかくの朝から打てる日にやらかしてしまったことは大後悔。

このノマれた段階までに状況を把握できて、お目当ての機種の中でも良さそうな台に台移動できていれば、当初の目論みは達成できていたとも考えられなくはないです。この日に打たないとコラムのネタが……と、とにかく打つことを選択する中で、朝から『アイジャグ』ってのはアリだとは思うんです。いろいろイモを掘って爆死するなら、それなりに根拠のある台にしておきたいですし。ただ、それでもBIG1回分のコインすら流さなかったのはあり得ない。この積み重ねを17年間大事にしてきたのに……はぁ。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る