> > 『シスタークエスト』 vol.2 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『シスタークエスト』 vol.2  
text by 佐々木 真
 
機種画像 先週くらいから、涙が止まりません。おまけにくしゃみと鼻水も。はぁ……今年も花粉症の季節がやってきてしまいました。毎年、こうなることはわかってるのに前もって医者にも行かず、ヨーグルトなどの食事療法もせず。パチスロに関しては用意周到に考えてからコトを運ぶんですが、それ以外のことはカラッキシ。そんなわけで、最終的に即効性のある強めの薬に頼ることになります。よく薬を飲むと眠くなるとか言いますが、私の場合は視力低下を引き起こしてしまうようで。さすがに明後日の方向は押しませんが、1コマ目押しの精度がオチてしまうんです。

花粉症歴はパチスロ歴とほぼ同じ。ってことでスロプー時代も悩まされていたんですが、その時は1コマハズシの機種でも完璧にできる条件で設定配分されていたこともあって、2コマ目押し程度で済む機種を主戦にすることが多かったです。自分の失敗で機械割が下がる分だけ、スペックが悪くても失敗しない機種ならOKという考え方。ボーナスのヒキに関しては、大体どの機種も設定6ならBIGは1/240と条件は同じだったので「ムダなストレスを溜めない」ってのが目的でした。何回もハズシに失敗してガックリするのも嫌ですし、失敗しても平気になっちゃうのはもっと嫌ですし。

5号機時代になった今、難しい目押しに失敗したら全てを失うようなハードな機種もありません。せいぜい色違いのチェリーを目押しさせられる程度。失敗を気にせずに機種を選べるのは、ちょっとはありがたいと感じてしまいます(花粉症の季節限定で)。ただ、チェリーの色目押しをさせられるようなハイスペック機に、フラッと座れるくらい状況の良いホールを知らないんですけどね。

そんな中、最近『リンかけ』を入れたホールがあったので、取材が終わった昼過ぎから様子を見てみることに。オフィス街のホールで夕方からはそれなりに客付きも良好なので、上手くすればひょっとして……なんて妄想は一瞬にして終了しました。うん、8台中1台の高設定を探すなんて通っても厳しすぎます。っつーか、8台中7台の過去データを見られる状況がすべてを物語っています。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る