> > 『リーチ目発見!スロガッパ』&『アイムジャグラー』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『リーチ目発見!スロガッパ』&『アイムジャグラー』  
text by ワサビ
 
機種画像 機種画像 最近ジャグを打っている時を除いて、嫌にパチスロに対するモチベーションが下がりまくってます。明確に「これこれこうでツマンナイ!」っていうポイントはないんだけど、とにかく打っていてテンションが上がらない。ちょっと前に知り合いのスロプロライターさんとそんな話をしてお酒を飲んでいた時のこと。自分が彼に「ぶっちゃけ、パチスロ好きっすか?」と聞いたところ、この方は即答で……「嫌いっすよ」と。うーん、勝つことにかなりのウエイトを置いて打っている人とはいえ、この方だって元はといえばパチスロの面白さに虜になってこの世界に足を踏み入れた人。そんな根っからの「パチスロ人間」に簡単に「嫌い」という言葉を吐かせるとは……やっぱり今のスロに問題があるのか?

スロ歴はそう長くない自分ではあるけど、それでも爆裂機以前のノーマルAタイプが主流だった時代から打っていた人間。現行の機種の最高設定の機械割の低さなんて、そんなに気にするところじゃない。パチスロは長時間打ってナンボ、短時間での運勝ちなんて、できなきゃできないだけ自分には得だと思っているから。つまりモチベーションが上がらない原因は出玉じゃあない。するとなんだ、ゲーム性か。RTをメインとする機種とボーナスのみで出玉を増やすタイプ、ちゃんと今のスロでは棲み分けができているしRTメインの機種の登場は非常に豊かなゲーム性を生んでくれた……から、これはこれでどっちも悪くない。

うーん、いつもスロを打っている時の自分を思いだしてみる。どうやって打ってる? 何を考えて打ってる? 液晶発生時以外は適当に打ってる。周りを見ながらよそ見しまくって打ってる。……なるほど。やっぱり自分にとって今のスロに足りないのは「出目だけ」か。まぁもともと予想していたとおりではあるけれど、やっぱりか。一昔前はよそ見なんて絶対にしたくなかったもんな。よそ見する時は必ず手を止めてたもんな。だって「成立ゲーム限定のリーチ目」を見逃してしまうかもしれないから。「次のボーナスはどんな目が出るんだろ」それだけを楽しみに1ゲーム1ゲーム噛みしめて打っていた時代だった。

今のスロの大半の機種は、はっきり言ってそこまでしてリールを凝視する「価値」がない。たしかにリーチ目はあるし、中にはエヴァ2のように美しい形になったりするものもある。ただその出目パターンは非常に単調で、ある程度スロが打てる人間なら一日打てばその9割を把握できてしまうようなものばかり。パターンも少なきゃ、意外性もないんだよね。あぁぁぁぁ……エルレボ打ちたい、ビーマ打ちたい。……そんなことを今週の佐々木さんコラムを読みながら、ボーっと考えてみた。スロガッパにアレックス、自分の悩みを解消してくれるメーカーさんは、現段階ではアルゼしかない。新装直後はちょっと危険だけど、手、出してみよっかな。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る