> > 『もえろ!ハーレムエース』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『もえろ!ハーレムエース』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 どこのホールもヨン様一色ですね。「4月4日はヨン様の日」ということで、金曜日に新装を迎えたホールの多かったこと。週明け以外の大型新装は、ストック機の撤去期限日以外に記憶がありません。そんな日に実戦してきました。石橋を叩いても渡らない性格の私ですが、この日はちょっとしたチャンスと思ったもんで。

基本的にパチンコの大型新装を迎えたホールはパスしたいと思っていました(過去形)。入れ替え費用が必要となったホールよりも「入れ替えの少ないホールのほうが出玉にゆとりを持てる」というのがその理由。スロ専の私の偽らざる心境としては、パチンコにかかる新装費用を払わされるのは勘弁! ということです。実際、パチンコの大型新装がある時に打つとしたら、スロ・パチ併設店よりもパチスロ専門店が多かったです。で、逆にパチスロの大型新装は、スロ・パチ併設店へ。パチンコの利益を回せる分、パチスロの新装にも期待が持てる……という算段でした。

しかし、現在は完全に逆の考え方になりました。パチンコの大型新装がある時にパチスロを打つなら併設店へ。パチスロの大型新装がある時は、パチスロ専門店を中心に見ています。

考え方が逆になった理由は2つあります。1つは、パチスロの稼働アップに困っているホールが多いということ。2つめが、パチスロとパチンコの両方を楽しむユーザーが以前よりも増えてきていること。この2つを総合すると、パチンコの大型新装で人を集めた時に、パチスロも出ていれば「同じ出玉でも広告効果が大きい」というところに行きつくでしょう。パチスロ専門店にとってみると、パチンコの大型新装がある時は、さらにお客さんが減る分だけ集客も売り上げも下がることが容易に想像できます。苦戦必至の日の営業形態で高設定台を探すのは骨が折れます。やはり専門店のほうが行きにくいかな。

で、パチスロの大型新装の際は「ここで出さなきゃどうするの?」という意味でパチスロ専門店へ。まぁ、この場合は、併設店(パチの売り上げ分も出してもらう)と、専門店のどちらでも良さそうなんですけど、やや専門店のほうが出さなきゃいけない理由が大きいと感じ……たいです。そういう時すら頑張れないと、マジに未来がないんで。

まぁ、本当はそんな新装なんていう事象を考慮しなくてもいい「ホーム」を見つけられているに越したことはないんですけどね。見つけられてないからこそ、いろいろ考えて楽しめるんだから、それも良し……なんて感じていたりします(笑)。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る