> > 今さらの『サクラ大戦』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

今さらの『サクラ大戦』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 前回はヨン様の新装に関して、スロ専の立場から書いてみたんですが、その次の週が問題ってことに気付いてしまいました。いや、気付くの遅すぎなんですけど。注目を浴びる時期に出すのは宣伝効果が高いっていうのは、その後の効率的な回収を睨んでのこと。回収を見込んでいる時期だけに難しいんです。ヨン様の新装分を回収したい併設店よりかはパチスロ専門店に期待したい。ただ、ヨン様にお客さんを取られてしまって、稼働が上がってないのをどうしよう? と考えているようなホールには行きたくない。普段よりも、さらにカタい立ち回りを心がけるべきなんでしょうね。まぁ普段から大負けしない立ち回りはしているつもりですけど、さらに打てる台の吟味を厳しくしようということです。

今までと同じような機種で同じように立ち回ると、回収期だけに「当たり台」に座れる確率は、いつもよりも下がることになります。いつもよりも確実に高設定っぽい台にしか座らない……うん、そんな良い台なんて簡単に空くわきゃない。いつもより初期投資段階の見切りを早くする……結局、ヘタな鉄砲を数多く打つハメになりそう。大勝ちを狙いに行くなら相応のリスクも覚悟しますが、こちとらハナッから大勝ちは捨ててます。3万円投資の5万円回収も1万円投資の3万円回収も同じ2万円勝ち。なら、投資が少ないほうがリスクが小さい。パチスロ人生は種銭が尽きた瞬間に終了。兎にも角にもリスク管理です。

いつものように取材などが終わった夕方からホールチェックをしてみるものの、いつもよりもシビアに見ているせいか、触手が伸びるような台の少ないこと少ないこと(笑)。で、いろいろ考えているうちに、割と大きめなイベントを打っていたオフィス街にあるパチスロ専門店の『サクラ大戦』に座ってました。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る