コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

華麗なる転身!? 〜いろいろ〜  
 

実戦データ
店舗名 S県某店・都内某店
換金率 等価交換&6枚交換
遊技ルール -
機種名 天下無敵!サラリーマン金太郎
デビルメイクライ3
青ドン
リングにかけろ1
新・吉宗
投資 ゲーム数 ボーナス
《金太郎・朝イチ台》
10005ヤメ
《金太郎・朝イチ台》
持ち玉移動6)RT30
43)RT30
52異色BIG
4ヤメ
店移動
《デビルメイクライ・889ゲームハマり台》
4000166DB
0ヤメ
店移動
《青ドン・バケ後466ゲーム台》
200055BIG
0ヤメ
《青ドン・バケ後306ゲーム台》
持ち玉移動273BIG
0ヤメ
店移動
《リングにかけろ(1602ゲーム・BIG5・CB2)》
8000242白CB
78赤CB
11白白赤
147白CB
597白白白
311ヤメ
《新・吉宗(2593ゲーム・BIG10回)》
2000107青姫BIG
144姫BIG
15)RT100
56白白姫BIG
54姫BIG
732青姫BIG
6)RT300
568姫姫白BIG
14)RT100
708ヤメ
総投資額 17000円
総獲得枚数 1546枚
換金額 29500円
収支 12500円

拾い系に「妥協」は禁物

楽しいところだけ打ってちょっと浮いたお金を持って次の台を探索。以上を繰り返すこの立ち回りは、ぶっちゃけ藁しべ長者のような気分。半日近くこれで方々を回っていると、気が付けば「リスクが全くない割には十分すぎる収支」を得ることができているんですよね。
さらに、ついでにいろんなホールの状況を見て回ることができるわけですし、一石二鳥。そんな中でも特に好都合なのがその徘徊中に見つけた「高設定らしき台」を見つけた場合です。
そこまで苦労してコツコツプラスを貯めているわけですから、「この浮きぶんをそう簡単に溶かすわけにはいかないなぁ……」と、自然と「打っていいと判断する台」のハードルが上がるんですよね。まぁここんところは「せっかく浮いてるんだしこの台で使っちゃおうか!」なんて考える人間もいるから打っている人間の性格にも左右されるんですけど、幸い自分は明らかな前者。以前にも増してさらに「手を出すレベル」が高くなったようにも感じます。さらに「1000円、コイン1枚の重み」を感じられるようにもなるのも利点。

さて、この日も相変わらず朝イチは、押し順ナビでベルが揃うたんびに「タバコ1個〜!」と叫びながら(心の中で)打っている『金太郎』のリセット狙いからスタート。あ、そこ。1枚足りないよ、とか言わない(笑)。
実は数ある拾い系の中でもコレが一番リスクが少なかったりするわけですが、でも逆に一番収支が付いてきていないのもこの『金太郎』なんですよ……。なぜなら……「ボーナスとRT100ゲーム以上」があまりにも引けていないから。この立ち回りは少ないゲーム数でボーナスやロングRTなどといった「薄いところ」をひっぱたいた時に、その浮き分だけがしっかりとした収支となって現れる立ち回りですから、一見安定しているように見えてそれは「下の方」だけの話。負ける可能性はほとんど無いわけですが引くもの引かなきゃ勝てるモンも勝てないわけです。

そんな拾い系の中でもこの特徴が顕著に現れるのが、『スーパービンゴV』の天井RT狙い。これ……実践している人も多いと思うんですがなかなか結果が出ない……って人、多いんじゃありませんか? 天井CZが「転落後900ゲーム」のビンゴ。700とかのハマリ台を見つけて打っても収支がマイナスになったり天井CZでATしか発動させられなくて大ハマリ喰らったりと安定度は低いマシンですが、決して諦めちゃあいけません。
この台こそサンプルをたくさん集めて「デカイのを一発引く」タイプのマシン。もともと期待値が100%を優に超える部分から打っているわけですから、コレで心が折れてしまっては元も子もないわけです。正直自分もこの『ビンゴ』を始め、先の『金太郎』のボーナスの引けなさにも辟易していた部分はあったのですが、そこは辛抱。そもそもノーリスクで打てている以上これ以上の贅沢は言えないわけで、たとえ毎日のように「50枚投資→51枚〜60枚流し」が続いても、実践し続けなければ意味がないんですよね。
この日は実に久々にBIGを引き当て、しっかりした形になって一軒目を退店、天気もいいので渡り鳥のように次の店に羽ばたきます(笑)。


気分がいいのでもうちょっと打ってみます

金太郎の後は他の店で見つけた宵越しの『デビルメイクライ3』、『青ドン』のバケ後……と打って、昼過ぎにはもう収支としては十分なデキのラインまで到達。これ以上徘徊するか、高設定らしき台を探すかはその日のモチベーションにもよるんですが、この日は相変わらず忙しい中でやっとできた「フル稼働可能」な日。さらに原チャリを走らせて向かった先は、「月イチイベント開催中」の某店。残りの時間はゆっくり高設定濃厚台と戯れることにしましょっか!

店に到着して店内をグルっとしてみるも、先にも書いたように以前にも増して自分の中でのボーダーが上がっているせいか、手を出したくなるような台は一台もなし。下手に手を出して疑心暗鬼で打つくらいなら目に見えて期待収支が読める拾い系……こちらのほうが効率がよいですから。
一応拾い系としては打っても良さそうな台はあったのですが、高設定を求めてやってきたこの店は残念ながら6枚交換。このハマリ台がもう少し育つか、もしくは高設定らしき台が空くまでの暇つぶしにとりあえずマックで昼飯を取ることに。あ、もちろん携帯クーポンは忘れませんよ!……こういうところは細かいのに、人生の小役狙いだけは……できてないんだよなぁ自分(笑)。

さて、マックでメガマックに食らいつきながら最近なんでこうにも「メガ系」が流行っているのかをあれこれ考えていた話はおいといて、とりあえずはホールへ戻ってみることに。
メガにヤラれてすぐにでも座り込みたい中店内をグルっと回ると、目に飛び込んできたのは『リンかけ』のシマの異様な風景。あれれ……コレはやっちゃった系だ。この日は6が複数台はいるイベントなのにも拘わらず、全8台のシマには客が1人。しかもその人も適当にハマり台を打っているサラリーマン……要は「6が埋もれちゃってる」わけです。
『リンかけ』は正直、コレがあるから恐い。世の中の大半の人は「リンかけの6なら出るっしょ」と思っているようですが、それは大きな間違い。というかそれはフル稼働の中に見る6の話であって、見切りの早い店ではこの世に埋もれてしまうことも非常に多いんです。
「出るか出ないか」だけがほとんどの判断材料になる『リンかけ』では日常茶飯事のこの光景ですが、夕方から来て、さらに「これ以上お金を遣いたくない」……という心境にも陥っていない自分にとってはこんな好都合なことはないわけで、すぐさま可能性が最も高い台を確保して実戦開始。もうこの台は、7割近く設定6だろうな、シメシメ(笑)。
……なんて笑っていられたのは実は束の間で、初期投資から若干の食いつきを見せるものの、バケだらけだわRT中の回想はハズすわで散々な状態……ベルもカウントしてたし「いきなり女2」も引いたしで6の可能性はボチボチ高いんですが、全6が目に見えて分かる吉宗が空いたとあっては、やっぱり移動しちゃいました。あ〜……完全に移動と堅さがクセになってるな、自分(笑)。

いやー、前にも書いたけど吉宗ホント面白い。ハッキリ言ってリールはオモチャみたいだけど、液晶演出がここまで凝っているとずっと上を見ているだけで飽きずに打てますな。
コインロスと同時当選契機を見抜くなら爺ステージで打つのが当然なんですが、6や高設定が確定している状態ならやはり姫ステージが個人的にはオススメ。高確でアツアツいうのもイイんですが、連続演出だってバチコイ! ハズしたってまだまだボーナスの期待は残ってますからね。あと、姫ステージは特リプを引くまでの過程(演出)も面白いんで好きです。「キーン!」が聞きたかったら特リプ直後の1回目のハズレで爺ステージにステチェンすればいいだけですし……ね。
んで、安い投資で食いついた後に訪れたちょっとしたハマリから、写真のダブル揃いをいとも簡単にゲット! ハマリが全て許せるこの瞬間……さらに300ゲーム完走! 6で300ゲーム完走する展開なら勝ちは堅いな〜なんて思って打ってたんですが、考えは甘かった。
やっぱり一筋縄ではいかないのが吉宗。4号機の頃から引きずる相性の悪さはまだまだ健在で、次のBIGの1ゲーム目にロング「キーン!」でダブルったと思ったら、2ゲーム目の液晶右下に……家紋登場(汗)。殿!揃えたくありません!

格下げからさらにハマってチョイ流しの吉宗は当然6。更に捨てたリングも6(汗)。……ずーっと6を打っていたにも拘わらず高設定狙い編ではマイナス収支とは……。拾いにしろ高設定狙いにしろ期待値を追いかけて打てているので問題ないっちゃあ問題はないのですが、拾い系のように安心して打てる状況だと収支が付いてくるのに、ちょっと疑念が入る高設定狙いだと引けなくなるこの体質……改善されるまでは当分拾いメインで打っていくことになりそうです。メガマックで気が緩んだ……かな。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る