> > 6月6日に傾け!『新・吉宗』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

6月6日に傾け!『新・吉宗』  
text by とも。
 
機種画像 機種画像 毎年この時期になると発表されるのが“サラリーマンの平均小遣い(GE Money)”。
約30年前に3万円であったひと月の平均お小遣い金額は、バブル絶頂の1989年の76,000円を頂点に下落傾向にあります。
今年の結果は46,300円ということです。さらに僕と同じ“妻子持ち”の場合には、これが39,300円になってしまいます。

サブプライムローン問題に端を発した金融不安や、原油高によるガソリン代の高騰や国際的な穀物価格上昇による食品値上げなどのインフレ懸念。さらには厚生年金や健康保険料など社会負担の増大、さらには給与・賞与も微減傾向という市場環境の中で、妻子持ちのお小遣い約4万円は、1980年とほぼ同等の数値。SANKYOから『フィーバー』が登場した年の水準になってしまっています。

の、割には、パチンコ業界全体が、明らかにバブル以降加熱した高い客単価・玉単価を追求しているように感じます。
1980年頃のパチンコって、おそらく、2,3千円もあればかなり遊べたはず。業界の構造不況というけれど、何か違うんじゃないかなぁ〜と思う今日この頃。

ところで、6月6日は何の日でしょう?

「6」ならびのパチスロ一大イベントデー!! ……それも一つの正解ですが、実は僕の誕生日(笑)
その6月6日が実戦日なのであります。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る