> > キュインキュイン鳴り光るジャグラーを横目に『新・吉宗』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

キュインキュイン鳴り光るジャグラーを横目に『新・吉宗』  
text by とも。
 
機種画像 個人的に長かった6月もそろそろ終了。長かった理由はこのコラムを連載していたから(苦笑)
早い地域では7月6日で自粛期間が終了になるため、私のコラム担当も今週で終了です。しかし、なんだか終わりにしては寂しい。

そこで、「なにか面白いことないっすかぁ〜」というダレた問いかけに「今、“ジャグラーのGOGOランプ連動で、キュインキュイン鳴るパトライト”が話題ですよ〜」と某有名業界人氏。

ナヌ? GOGOランプが付くとキュインキュインなるパトライトですと!? それって良いんですか?

パチスロというのは実は法律に雁字搦めで作られている機械で、外部の機器に情報を送るためには“専ら”「外部端子板」から情報を出力しなくてはいけないことになっている。
それに対して液晶やらランプやら遊技機内の装置への配線は「中継端子板」から情報を送るのだ。

したがって、台上ランプなどに情報を送っているのは「外部端子板」、GOGOランプへは「中継端子板」ということになり、機能としては別のものから情報を取得しているはず。中継端子板への接続ハーネスにいろいろ仕込んで遊技機の動作をまったく違う動きにしちゃう“ぶら下げ”なる裏基盤も世には存在する(もちろん違法)わけで、だから“それって良いんですか?”ということになるワケ。

まずは仕様を調べたいと思い、大雨でゴルフ場まで行ったのにコンペが中止になった日曜日に、帰り道の道沿いホールを調査。
するとポチポチではありますが、設置店がありますね、“ジャグラー・パトライト“。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る