コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

キュインキュイン鳴り光るジャグラーを横目に『新・吉宗』  
 

実戦データ
店舗名 関東某店
換金率 等価交換
遊技ルール 台移動不可
機種名 新・吉宗
リングにかけろ
投資 ゲーム数 ボーナス
新吉宗586(3676)12-0の台
4K648姫(特R-249)
12)RT100
15青青姫(258-498)
212ヤメ-331枚
2892-0
リンカケ263(5636)11-5の台
8K566赤7(白1枚-409)
249白白赤7(赤チェ)
81白7(青チェ?)
110赤赤竜(スイカ-812)
222ヤメ-1041枚
9653-1
総回転数BIGREG
125451
総投資額 12,000円
総獲得枚数 1,372枚
換金額 27,400円
収支 15,400円

キュインキュインいわせたいけど、結局は……

遊技機とライトの結線だけでも見てみたいと思って、コイン補給とかで店員さんが台を開けないかなぁ〜と思って、『ジャグラー』シマを観察できる場所にある『新・吉宗』で遊技開始。

なぜ自分が『ジャグラー』を打たないかというと満席だから(笑)


朝から結構回されているっぽい『新・吉宗』の空き台に着席。ボーナスの合成は300分の1越えの台……。
さすがに自粛期間中だけあって、状況は悪いようです。

そもそも交換率すら把握せず打っていますが、ソレが何か?(笑)
今日の目的は“ジャグラー・パトライト”なんで。

・・・が、やたらとキュインキュインうるさい『ジャグラー』シマの音を横目(横耳?)にちんたらちんたらと打っていると、すぐにマグレ当たりの単独当選から姫BIG。
BIGの消化もチンタラやっていると青7シングルライン揃いのオマケつき。

こういうときに限って・・・

さらにキュインキュインを聞きながらチンタラ打っているとBIG速連をぶちかましてしまい申し訳ない思い。
コイン持ちの良い『新・吉宗』はゆっくり打つのにピッタリ! で、『ジャグラー』コーナーでコイン補給の台があるたびに“お散歩”して台の中を覗き見に行ったものの、どういう結線しているのか把握できず。

ところで、自分の台は初見の客が長時間打っているのに全然回さずに散歩ばかりしているので、周りのお客さんも怪訝な目で見ているし、そろそろ怪しまれる風情。
そこでいったんコインを流して331枚の獲得。



観察すればするほど違和感が……

しばらく休憩コーナーなどから状況をジャグラーを観察していますが、キュインキュイン鳴りまくりで一気にドル箱を積んでいく台も何台かあり、そもそもこのお店の台を信用できなくなってきた……(苦笑)
『ジャグラー』シリーズは押しなべてボーナス合成確率が高いので、ペカペカ付きまっても全然おかしくないんですが、なんせド派手にキュインキュイン鳴ってるもんで、連荘が異様に強調され、違和感ありまくりの上に、ちょっとでも連荘すると目立ちまくり。

そういった視覚的効果や精神的効果を考えると、パトライトをつけるだけである意味、『ジャグラー』を超える『ジャグラー』になっているのは間違いないようです。

もう、こうなってくるとこのお店の『ジャグラー』を打ちたくて打ちたくてしょうがないわけですが、なんせ空かない! スゴイ人気。

やむなく、『アイムジャグラー』のあと数千円でギブアップしそうな台に後ろ髪を引かれながら、なぜか『リングにかけろ』に着席。
・・・が、そんなときに限って連荘するんですね。赤7→RT終了後即、白白赤7→RT連荘で白7、さらにRT連でREGと叩き出し、もとより信用していない台のためチョイ打ち即逃げで1000枚獲得。

この時間になるとポチポチと『ジャグラー』にも空き台が出てくるものの、当然のように爆死覚悟の台ばかりで、さすがの僕も手が出せず。
2シマ離れていてもキュインキュイン聞こえる『ジャグラー』にそれなりのインパクトを感じたものの、そもそも、キュインキュイン鳴らす装置をつけることが正しい行為(合法)なのかどうかすら確かめることもできずに実戦終了と相成りました。

■とも。の独り言
以前にも初代『パチスロ北斗の拳』で「バトルカウンター」という装置が登場して人気になり、都道府県によっては禁止されるなど波紋を呼んだことがありました。

「バトルカウンター」は「外部端子板」から正規に発信される払い出し信号で2枚払い出しなら中段チェリー、6枚ならスイカの判定を行って、そこから32Gをチャンスゾーンとして、メダル投入信号(スタート信号)でチャンスゾーン告知をしていました。そして、役物連続作動信号(ボーナス信号)から10G以内の連荘をバトル継続として判定して、バトル連荘数を判別していたわけです。

いわば「バトルカウンター」内のプログラムで『パチスロ北斗の拳』のゲーム性にあわせた台上カウンターを実現していたわけですが、今回の『ジャグラー』用パトライト装置はどう考えても「外部端子板」から信号を取っているとは思えないんですよね。
と、いうよりもキュインキュイン言わせたいならオリンピアの『南国』系を入れれば良いわけで、あえて『ジャグラー』を派手にキュインキュイン言わせるのも何だかなぁ〜、と合法か否かをおいておいても考えるところはあります。

ま、しかしながら、キュインキュイン鳴る『ジャグラー』はそれはそれで魅力があるのも事実。メーカーの北電子さんにぜひそういった機能をもった『ジャグラー』を作ってもらいたいと思いました。

そんなわけで、短期ではありましたが、私のプロ実戦はこれにて終了となります。
ご愛読に感謝!

text by とも。


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る