> > 『ラブリージャグラー』編vol.4 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ラブリージャグラー』編vol.4  
text by 佐々木真
 
機種画像 機種画像 前回の日記ネタにしたホールで勝負してきました。って、何を隠そう1ヶ月ほど前にやはり『ラブジャグ』を打って「ダメ店だった」と結論付けたホールなんです。まさか、ココに勝負しにくることになるとは。それだけホールの良い時期・悪い時期というのはコロコロ変わるもんですが、今回は「新台入れ替え自粛期間」という影響も大きいかもしれません。

この自粛期間中もいろいろホールを見たんですが、なんか寂しくなるようなところばかり。新台入れ替えができない分「出玉で還元」という勢いを感じるところがあまりにも少なすぎます。自粛開けまでなんとか、ダンマリを決め込んで堪え忍ぶといった感じ(それも期待はパチンコでしょうが)。

どこに行っても同じなら、わざわざ電車賃をかけずに自宅近くのホール……という人が増えるだけ、住宅街のホールには追い風なのかもしれません。現に私も、新台導入がないから仕事としてチェックすることもなく、なんとなく『ラブジャグ』を打ちたくなって覗いてみたワケですし。で、他のホールに元気がないから、このホールでも勝負ができそうな気がしてしまったと。

いや、今の時期なら打てる! だって、そこそこ回転しつつCB確率を高水準でキープしている台が、毎日2台はあるんですもの。おまけに不発の高設定は据え置く傾向あり。ただし、3日連続の据えはナシ。ざっと結構な日にちを遡れる過去履歴データを見ただけですが、わかりやすすぎ。『ラブジャグ』以外のシマは……こちらもイベント日と通常営業は遜色なかったですよ。「ヒドすぎる」という意味において(笑)。

凄い考察をしているのではないですが、ホール側も多くの台数を抱えているため感覚で動きがち。複雑に考えているところって意外と少ないもんです。中にはありますけどね、サイコロで決めてるんじゃないかと思うくらいどうやっても読みようのないケースも。そんなところは、自分には向いてないとパスするのも一策。運任せになっても良いような出玉や機種の魅力があれば……まぁ、そういうバランスは他人に言われることじゃないですね。

こういう思考や行動ができないなら、当日データを参考に夕方からカタそうな台を打つのが良いかと。ええ、取材が立て込んでる時の私のことですとも。これくらいのことは、朝からフリーで打って稼ぐ環境の人にとっては、考えて当たり前のこと。むしろ、そんなわかりやすいのが本当なら羨ましいと思われるようなことでしょう。実際、データを見ながら「えっマジかよ」と呟いちゃいましたし。

あっ、今回のサブタイトルは「プロ思考の方も、必見!」となってますが、その核心はこんなくだらないところじゃありません。後で書きます。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る