コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ちゅらそーれ-25  
text by 佐々木 真
 
機種画像 ああ久々だ。店員さんに「いらっしゃいませ」と言われまくるの。新パソコンへの移行も終わったし、頑張らなきゃ……なんて思って、いろいろ見て回ったんですが、そのほとんどは、1分も経たないうちに「ありがとうございました」と言われて出てくるような状況。

「お盆期間はキツい」という定説に大きな落とし穴があったと痛感しましたよ。だってこの定説は「お盆が終わったら勝負!」って勘違いしそうな言葉ですもん。やっぱり一番大事なのは、周りの人からの抽象的な言葉に左右されない鋼の意志。チャンスと見たら打つ・そうでなければ様子見程度に徹するということでしょう。

ただ、お盆が終わってもこれだけ厳しいのは、あまり記憶になかったりします。業界全体が不景気なところに、パチンコの『海』とパチスロの『エヴァ3』が落ち着くまでは動けないのかな? なんて思ってみたりもしましたが、チャーリーさんのコラムに1つの答えが書いてありました。ふむふむ「稼働が安定しない時期」だから、出しても出玉効果が少ない……と。でも、なんで今まで私はそういうことに気づかなかったんだろう?

5号機時代になってからは3回目の夏。去年は4号機の撤去問題で、それなりにやる気が垣間見えるホールや、最初から5号機に力を入れていたことがわかるラインナップのホールで安心感を持って打っていました。一昨年は、まだまだストック機が主力の中、ストック機の利益を5号機で還元して「未来の客層を保つ」努力をそれなりにしているところも多かったです。でも今は、どこも似たラインナップになったので、それを探すのも難しい。

その前はストック機や爆裂AT機が全盛だった時代。著しい射幸性で「稼働が安定しない」ってのが想像できません。そんなバブル時代は参考外。

ってことで、5号機とゲーム性&出玉が似ていた4号機初期を思い出してみることに。当時、ニートだった私が主戦にしていたホールは「お盆期間が終わってもキツい」なんて感じさせませんでした。設定1でも機械割100%を超える『クランキーコンドル』と『タコスロ』を打っていたから……ではないんです。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る