コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ ザ・ブルーハーツ』  
 

実戦データ
店舗名 都内C店&P店
換金率 6枚交換&等価交換
遊技ルール
機種名 パチスロ ザ・ブルーハーツ
パチスロ桃太郎電鉄
投資 ゲーム数 ボーナス
ブルーハーツ
3K72青青赤
2K165赤赤青
3K160赤赤青
5K210赤赤赤
82青青青
(195RT×6回
420赤赤赤
212青青青
(98RT×3回
227ヤメ(491枚)
桃太郎電鉄
4K118BIG(白白赤)
42BIG(白白赤)
151CB(赤白赤)
18CB(赤白白)
72BIG(赤赤赤)
83BIG(赤赤赤)
192BIG(白白白)
48CB(白赤赤)
262BIG(赤赤白)
152CB(赤白赤)
11BIG(赤赤赤)
125CB(赤白赤)
40BIG(白白白)
78CB(赤白白)
52CB(赤白白)
288BIG(白白赤)
168CB(白赤白)
20CB(赤白白)
326BIG(赤赤赤)
70BIG(赤赤赤)
100ヤメ(1251枚)
『ブルーハーツ』
総回転数:1518GBIG合成:7回(1/216.9)
『桃太郎電鉄』
総回転数:2416GBIG:11(1/219.6)CB:9回(1/268.4)
総投資額 17000円
総獲得枚数 1742枚
換金額 33000円
収支 16000円

ボーナス後RTの特徴

本機の「アンコールタイム」は外見上同じですが、内部的には2種類に分かれています。ボーナス終了後とRT終了後が違うというのも当たらずとも遠からず……なんですが、正確に言うと、ボーナス終了後からベルの押し順取りこぼし目を出すまでの間(「ボーナス後RT」と略)。ベルの押し順取りこぼし目が出てから特殊リプレイを引くまでの間(「チャンスゾーン」と略)。この2種類です。

チンプンカンプンになってしまった人に補足しますが、RT終了後の「アンコールタイム」は、いきなりチャンスゾーンから始まるだけなんです。BIG終了後の「アンコールタイム」はベルの押し順取りこぼし目を出すまでが別区間で、それを出した後はRT終了後と同じになる……それだけです。

このボーナス後RT中は、ブルーハーツタイム(「本RT」と略)に突入するか、通常ゲームに陥落するかの分かれ道となる特殊リプレイの確率が低くなってます。ベルの押し順取りこぼし目を出さないと、それこそ上の写真のようにいつまで経っても「アンコールタイム」のままで、本RTには入ってくれません。

そういうゲーム性も考えられるんです。ボーナス後は1/100程度で特殊リプレイを抽選。そこからガツンとRTが連チャンしていく一撃必殺スタイルも。その特殊リプレイの前にボーナスを引いたらナビ率が優遇されるとかね。RTの性能が強烈なものであれば、十二分に実現可能なゲームフローなんです。

で、たまたま1/100くらいの特殊リプレイを大ハマリしちゃって、ずっと「アンコールタイム」が継続したのかと……。そんな妄想をしていて、見えるモノすら見落としてしまいました。「うぉぉボーナス後RTうざってぇ」とか思ってたクセに。

誰ですか? ボーナス後RTは、RT書き換え出目(パンク出目)が出たら、書き換えなければいけないとか幣コラムやTVで力説してたのは? 『リンかけ』のRT中に青チェを出したら必ず終わってしまうのと同じ。終わらせたほうが良いRTと、終わらせちゃいけないRTの2種類とも過去の機種で見てきたでしょうに。

さらに、アンタ『哲也』も『マッハGOGOGO2』も日記にしてないだけで打ってたでしょうに。機種によってRT書き換え目は、変則押しをすると出ないこともあるって理解してたんじゃないの? さらに言うと何でもアリのサブ基板機は、押し順によってペナルティがあってもおかしくないってことも忘れてる。

なんでこういう可能性を探ろうとしなかったんだろう? 全部、今まで打ってきた機種の応用で答えが出るハズなのに。RT書き換え目(『リ・ベ・ス』など)を短時間の実戦だけで特定するのは不可能かもしれないけど、ボーナス後に順押ししても挙動が変わらないかをきちんとチェックしなかったのがあり得ない。

普段、手順だけで勝ってるのに、その分を手順で負けたら意味ないじゃん!


それでも捨てがたい中押し手順

なんでそんなことを忘れるくらい中押しをしていたかというと、まず1つは効率的だから。チェリーは中リールのみで払い出す小役なので、左リールでチェリーなのを確認してから中リールを押すのよりも一手早いですし、スイカもダイレクトに狙うのでミスすることが減ります。左リールを先に押してミスした場合は、スイカの目押し機会が増えてしまいますし。その両方を一挙に解消できるからラクなんです。あと、中リールは唯一の有効ラインが中段ってのもデカいんですけど。

もう1つは、ボーナスよりも小役を優先するリール制御をもっとも体感できる手順だから。もうソコを押してと言わんばかり、赤7の上にチェリー、下にはスイカと同時当選の期待が持てるレア役が並んでいます。赤7を中段に引き込まなかったとしても、まだ赤7系のボーナスの可能性が残る。それを体感したかったんです。

ただ、サブ基板は何でもアリ。ボーナス後はRTのパンク目が出ないからナシとして、通常ゲーム中も中押ししたら不利益が発生する可能性もゼロではありません。結局、いろいろ考えれば考えるほど「怖いから順押し・順ハサミ打ち」と萎縮するようにしか打てなくなってしまいます。

自分の1000円札を入れるんだから、自分の楽しめる位置を押したい。お金を払ってるのに楽しいと思える位置を押せない(押すと不利益が出る、不利になるかもしれない恐怖感を抱き続ける)ってのは、ちょっと。言われた通りのやり方しかできないのなら、競馬のマークシートを塗りつぶすので十分。動く金額も大きいですし(笑)。

っつーか、このボーナス後のRTって必要なんですかね? 順押ししていればボーナス後に一拍空く程度のものですし、ボーナスも3枚投入で9枚の払い出しとスピード感はありません(レア役を引くチャンスが多くなるから気にならないけど)。まだ短期出玉率がヤバいのかしら? ボーナス後すぐにRT突入かの決着がついてしまうのは風情がない。でも、RTに入ったらガンガン行かせたいだけなのかな?

なんて疑問も残るんですが、とにかくサブ基板機を初打ちする際の結論としては……

○小冊子があったら必ずチェック
○なかったらホールのポップをチェック(書いてないこともあるから注意!)
○全部なかったらとりあえず順押しで

ということでしょうか。

ちなみに、かなりのゲーム数をボーナス後RT状態の「アンコールタイム」で過ごすことになったんですが、ここで「?」ナビなしの特殊リプレイが成立したらボーナス確定でした。あと、押し順ナビでベルのことは1回もなし。出たら本RT確定っす。せっかくなんで、そういう報告くらいは(笑)。

成立後もたくさん回してくれてる状況の1/160で15発という『桃太郎電鉄』を見つけて、間違った手順で損した分を回収できたのはせめてもの救いです。

text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る