コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『シェイクII』  
 

実戦データ
店舗名 S県某店
換金率 5.8枚交換
遊技ルール
機種名 シェイクII
投資 ゲーム数 ボーナス
9000495REG
3000212BIG
191REG
15REG
132REG
45BIG
9BIG
244BIG
106REG
410BIG
156REG
32BIG
315REG
207BIG
112REG
73BIG
12BIG
103REG
100ヤメ
総投資額 12000円
総獲得枚数 1652枚
換金額 28000円
収支 16000円

新エヴァどうなの?

覚醒中の演出はもう「単調」の一言。打っている最中はずーっと左上の覚醒ランプの青い輝きのみを目の保養に打っていたんですが、まぁそれは致し方ない。

前作の暴走中も今作も、このいわば特別なモード中は通常演出と同じモノを見せるわけにはいきませんからね。というよりもむしろ「エヴァといえばリール」ということもあって、リール部分の制御を調べたり楽しんだりするぶんにはこっちの単調な演出のほうが向いているかな……と思い、意気揚々とプレイしていたんです。

……が、まぁ初めからあまり期待してはいなかったんですがね……。正直左リールはどこを狙ってもほとんど同じ。若干BAR枠上停止時や黄7中段 or 枠上押し時などに変化のある制御を見せるものの、それでも所詮は「7×3配列」。前作までの黄7付近押しのような楽しみ方ができるわけもなく、どこを押してもこれまでの赤7落としと同じような制御では、『エヴァ』をリールで楽しんでいた人なら5分で飽きますわな。

次回ボーナスまで継続の覚醒……いくらコインが割と増えるとはいっても、早くボーナスを引いて即ヤメしたくなる気分に陥ったのは言うまでもありません。

あの配列……もともと『エヴァ3』はAT機能付きの台にでも仕上げるつもりだったんでしょうね、左リールの3択があるような。そのスペックが検定を通らなかったか見直されたかは分かりませんが、いずれにせよこれまでのようなボーナス主体の雰囲気に作り直すのならば、配列で手を抜くのだけは御法度だったんじゃないかと思うのは自分だけでしょうか……ね。

いや、『新エヴァ』はそうじゃない。リールじゃなくて演出で魅せる台なんだ。……もちろんそうも思いましたよ、あの見た目のカッコ良さと役物の豊富さですからね。結局その覚醒からは「チェリー青」に繋がり幾ばくかのコインを獲得したので、通常演出も見てみようと続けて打ってみたのですが……やっぱりこちらもちょっと琴線には触れることなく終了(汗)。

多くの打ち手からは「パチエヴァと同じ演出ならパチを打つよ」という声を聞いてはいましたが、パチを知らない自分にとってみても、ハズレ時にあそこまで演出が多発してしまうあの液晶演出は……やはりキビシかった、というのが正直なところかなぁ。

しかし別にフォローするわけではないですが、あの『エヴァ』が持つ独特の雰囲気……なんとなく打っていると「楽しいような気にさせる」……そういった錯覚を見せてくれるところだけは「さすが」の一言だと思いましたけどね。もうちょっと続けて打てば面白い部分が少しは見えてくるかも……錯覚にハマりつつあった自分もそう思いましたが、まぁとりあえずひょっとしたら次回S-1でも打たなくてはならなくなるかもだし……その時にまで楽しみは取っておこう、そう決めてこの日は『エヴァ』の幕を閉じました。

この時期は安全策しか……

で、2カラムまで『エヴァ』の話を引っ張ってみましたが、「1000円覚醒→500ハマって青7→100ゲームヤメ」と3行で終わってしまう実戦データをここには当然載せることもできず、今回も違う台で食いつないでいます(笑)。打った機種は『シェイクII』。前回の『北斗・将』はまだしも、つくづく自分は時代を逆行した台ばかり打っていると思いますよ、ホント。今の時期に残っている『シェイクII』……とても設定が入っているようには見えないでしょうからね。

というわけでこの『シェイクII』、設定発表もなかったですし本当に設定が入っていたのかどうかは定かではありませんが、3952ゲームでBIG16・REG10というプチ爆裂後の台を打ったら、スイカバケから始まって見事に6の挙動。少ないながらも堅い勝利となりました。まぁこれで「この店、今でもシェイクIIに6使ってるんだ」なんて安易に考えちゃったりはもちろんしないですけれども、それでもまだ、ついに空き台がどんどん出始めてしまった『新エヴァ』のシマで見抜きにくくなった6の芋掘りを開始するよりは安全な道だったんではないかと思います。

稼働時間がなかなか取れないのは相変わらずですが……兎にも角にも、『シェイクII』を打っているくらいですから……今は打つ台、打てる台がトコトン無い(汗)。今後発表される新機種はいずれもART機能付きばかりだし、またハイエナという名の宝探しの旅にでも出ることになりそうな予感ですわ。

あ、そういえばついにオリンピアから『南国育ち』が登場しますね! 試打と同時にボーナス確率をちょろっと見たんですが、設定1と6に大きな差が設けられていないことからも……「蝶の飛び」で設定がかなり分かりそうな予感。年末のホールを盛り上げてくれそうな機種ですし、いち早く情報を仕入れて是非、6ツモデータをこのコラムで公開したいものですね♪ まぁ最初に書いたようにちょいちょい「有言不実行」気味なコラムなんで、サラっと読み流して頂きたいのですが(笑)。


【ピリ辛ワサビ漬け】〜パチスロライター「ワサビ」のブログ〜

よかったらこっちも読んでみてください♪
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る