コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

週末のバラエティ  
 

実戦データ
店舗名 都内C店
換金率 6枚交換
遊技ルール
機種名 いろいろ
投資 ゲーム数 ボーナス
エヴァ約:REG後478Gから
12K(960暴走
(1006覚醒
1015青BIG
0ヤメ(466枚)
桃太郎電鉄:900GでBIG1回CB5回
1K29CB:白赤白
5K245CB:赤白赤
20BIG:赤赤白
62CB:白赤白
13CB:白赤白
359CB:赤白白
15BIG:白白赤
311ヤメ(112枚)
ドキドキ赤ずきん:札台
2K43青BIG
69赤BIG
330青BIG
95赤BIG
109青BIG
417ヤメ(412枚)
シスタークエスト:札台
1K10BIG:青
5CB:青
177CB:青
140CB:青
19BIG:白
0ヤメ(444枚)
総投資額 21000円
総獲得枚数 1434枚
換金額 23000円
収支 2500円

覚醒昇格直後のチェリリ……早いよ

ってなことで、後腐れなくヤメられる数台離れた天井視野の台に着席。この天井狙いには、早いところレシート1枚を持っておきたい……という理由もあったりしました。鋼のような意志を持っていたり、貯玉再プレイのシステムを活用できる場合は良いんですが、あいにくそういう状況ではないので。6枚交換ということを考えると、普通の天井狙いとしては若干早めですがね。

みんなが『エヴァ約』から撤退せざるを得なくなった時に、こりゃ「ぜひ隣で打っておきたい」という状況になったら移動したい。このホールは徐々に高設定を示唆する発表をしていくので、良きタイミングで移動することも考慮したい。そんな時にレシートも持ってなく、50枚以下のコインが残ってると、一瞬だけでも躊躇してしまいます。それを避けるためのレシート作成狙いでした。

さて、その『エヴァ約』は、見事に天井直行。「スリリ」をようやく引いたと思ったら、すぐに「チェリリ」が出て覚醒に昇格。で、また「チェリリ」……早いよ、ボーナス確定じゃん。「スリリ」から加速システム (C)『サイボーグ009』 が発動したようです。

そこまでのベル落ちは悪いとまでは言えなかった(中間設定くらい)んですが、天井狙い時なんて、よほどヤメちゃいけないくらい小役が落ちてくれない限り続行は禁物。単なる高設定狙いで座っているのではないんですから。ってなわけで、ワサビさんを見習って0Gヤメ。青BIGを連れてきてくれたので、レシートの枚数も多くなって助かりました。

さすがに『エヴァ約』のシマで打てそうな台が空くわけでもなく。ウロチョロしてるところで見つけたのが、約900GでBIG1回、CB5回とバケまみれになってる『桃太郎電鉄』。外見上のボーナス確率は1/150ですが、成立後に回させられていることを考えると、それ以上の数値なので十二分に打てる範囲。で、打ってみると私もバケまみれに(笑)。

普通ならこの台は続行できる範囲。中途半端にヤメたのはどうかとも思いますが、10G間に特殊リプレイを3発引いて、もらったと思うもスカという萎えさせる展開になったところで、高設定発表の第1弾を告げるアナウンスが……。即座に流して立ち回りやすいシマに移動です。っつーか、この100枚ぽっちを流すためのレシート作戦。ここで流さねば、いつ流す?

札台から札台に移動(6枚なのに)

移動した先は人気の少ないバラエティコーナー。見渡してみると、普段はそれほど稼働していない『ドキドキ赤ずきん』に約2500GでBIG16発という空き台を発見。いや、まさかそんな空き台があるとは……と、打ち出して速攻の青BIG。

札台を目当てに移動したくせに頼むから刺さらないでと思う始末。だって、この早い段階で刺さっても設定4濃厚なんだもん。でも、やっぱり刺さる(笑)。それでも他にアテがないし、出目とスベリが美しいから良いか。展開の後腐れがないボーナス主体型なので、いつ宴会と言われても問題ないし……と、ダラダラ打ち続けさせられていると、高設定発表第2弾の時刻に。

近場で刺さったのは『シスタークエスト』。あら、どうしよう? 今持っているコインは約400枚。流すと6500円で、それを現金で打つと8000円だから1500円の換金ギャップが発生します。でも、今打ってる『赤ずきん』はスベリオレンジも弱いし、早めの発表なので設定4濃厚。それに対して、ちょっと遅く発表された『シスクエ』は設定5以上の可能性がアップ

さらに、ボーナス合成確率が『赤ずきん』よりも高いので、初期投資はたかが知れているし、ボーナス後即ヤメという「頂点切り」しやすい。中途半端な枚数になっても、既にレシートを持ってるから無問題。こっちのほうが、いつ宴会と言われても万全でしょう。

……と、思った通りにBIG即ヤメした分だけ勝てました。『赤ずきん』と『シスクエ』を安銭でツケられた運もありますが、一応考えて動いた結果でもあるので、報われたというか。6枚交換にしては動きすぎではありますが、こういう立ち回りは大好きだったりします。


それなりに遊ばせてくれるホールで、気合いを入れずに入店して。ただ、小役狙いやボーナス察知はしっかりする。その結果やホール状況から、ちょっとでもプラスになるように考えて動く。なんか遊んだぁという充実感でいっぱい。

こういう高設定よりも中間設定がポロポロあるホールは、しっかりした打ち方ができれば、ちゃんと遊ばせてはもらえるんです。しっかりした打ち方ができないと(&よほどの不運に見舞われると)負けますけどね。なんでそれができない人は、イチかバチかのホールに行く傾向が強くなって、遊べるホールの稼働が落ち着く。で、私なんかは遊べる台を拾える……そんなループもあったり。

で、友人の結果ですが、朝イチのハマリスタートなんていう不運もあったみたいですが、3人中2人が『エヴァ約』で粘り勝ち。残る1人も『エヴァ約』の負債を他で挽回しつつ……という感じで、王道な立ち回りを見せてくれました。さすがだわ、私も「やる気のある立ち回り」を見習わなくちゃ。

あっ、Mさん快勝おめでとうございます&ゴチになりましたっ!
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る