コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

〜『ダイナマイト』&『アイジャグ』〜  
 

実戦データ
店舗名 S県某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 ダイナマイトリターンズ
アイムジャグラーEX
投資 ゲーム数 ボーナス
《ダイナマイトリターンズ》
6000245BIG
6BIG
152BIG
70BIG
88CB
36BIG
199CB
297CB
157CB
54BIG
508ヤメ
《ダイナマイトリターンズ》
300099BIG
61BIG
237CB
130CB
102ヤメ
《アイムジャグラーEX》
200069CB
72BIG
97BIG
53CB
2BIG
127CB
55CB
56CB
142CB
148BIG
25CB
374BIG
172CB
230BIG
167BIG
121BIG
19BIG
6CB
191BIG
53CB
53BIG
276CB
89BIG
36BIG
304CB
120CB
121CB
487BIG
117CB
198CB
109BIG
437CB
25BIG
215BIG
26CB
95CB
61BIG
3CB
256BIG
47CB
36BIG
17CB
2CB
35CB
7CB
350ヤメ
8142
総投資額 11000円
総獲得枚数 1498枚
換金額 29500円
収支 18500円

フル装備で向かった先には

ここのところホントめっきり寒くなってきましたよね。自分の住む関東地方も、このコラムを書いている11/19(水)には最高気温が前日比で「マイナス5〜6度」。ジャケットからコートorダウンに……だけでなく、もうマフラーまで必要に感じる気温に下がってきています。

こういう時は朝イチにホール入場が「抽選方式」だと外で待つ時間が抽選する瞬間だけ、あとは車で温々していればいいので非常にラクなんですが、基本的に自分は根っからの抽選嫌い。えぇもちろんヒキに自信が無いというのもあるのですが、抽選結果に朝イチに打つ台を左右されると、前日の下見や夜に考えていた狙い台がグラグラと揺れてしまうのが嫌なんですよね。

しかも一番多いと思われる開店30分前位の抽選時間だと、抽選結果から考えてどの機種に向かうのがベストか……を考えている時間が足りないんです。だもんでこんなに寒い時期になっても自分は基本的に「並び」で入場できる店を選ぶようにしてます。この日も一番強いイベントは抽選のお店だったため、若干弱めのイベント……「機種対象のイベント(ハーレムエース)」に向かうべく車を走らせました。

ダウンジャケットにマフラーも装備。きっとホール内に入ったら汗だくになるであろう格好ですが、並びが必要な店ではこれ位していないとホンキで寒い。今風邪を引いてしまうと仕事だけじゃなく年末に待ちかまえている数々の忘年会にも支障が……あ、インフルエンザの予防接種も……なんて考えていたらアッという間のホール到着。

並びの列を見ると……ゲ……『ハーレム』の台数の倍くらいの人数がすでに並んでいます。まぁ並んでいる顔ぶれを見る限り『エヴァ約』や『ジャグラー』に走る人もそこそこ居そう。さらにこの店は朝イチだけのチャンス札(高確率で高設定)があるのでそれを目当てに他の機種に走ることも考えられますが、設定5でも割が高い『ハーレム』ならイイんですがその他の機種の4とか5なんて打ちたくない。

というわけで車から降りず、そのままUターンで強めの抽選のほうのお店に移動。すでに抽選を受ける時間は過ぎてますが、抽選を受けられないならそれもまた、心に迷いが出なくて良い。高設定が入る場所を読み切れるなら、例え『ジャグラー』でも問題なし。何せこちらの店は、「高設定=6」のような図式が出来上がっている入れ方をしていますからね。

揉んで、揉まれて、揉まれて、揉んで

ほぼ開店と同時に到着し、いそいそと入場すると当然のことながら『キン肉マン』、『リング』といった高スペック機種はすでに満席。着席できるメイン機種は『エヴァまご』『エヴァ約』『ジャンキー』といったところですが、空いているのは昨日6だったような台ばかり。この日のイベントは3日連続イベントの最終日。ここ2日間で6が使われなかった台をチェックするにはシマ系よりもバラエティのほうが読みやすいと感じ、『シェイク2』と『ダイナマイトリターンズ』に狙いを絞って『ダイナマイト』に着席することにしました。

すると6000円でヒットしたダイナマイト+BIGから、ポンポンとBIGが繋がり難なく1000枚突破。これは楽な展開だなぁと気をよくしたところでこちらの気持ちを見透かしたかのようにアッという間に落ちてくるメロン確率とボーナス確率。それでもバケが付いてくるので頑張って続行したものの、相次ぐBIG間のハマリとメロンの下降っぷり、そしてBIG中のチェリー0回が決定打になって、低設定と判断して断念。朝イチ2台に絞ったうちの1台『シェイク』が明らかに6っぽいのを横目で見つつ、それでもやっぱり『ダイナマイト』が打ちたいと前日6で超不発だったほうの『マイト』に着席するも、芳しくない展開。仕方ないので店内をフラフラと様子見をすることに。

このお店は常連客の半数が若者ということもあって、6が臭う台をヤメていくことはほぼ無いといってもいい……んですが、やはりその若い客層が起因してか、めっきり相手にされていないのが『アイムジャグラー』のシマ。割が低い『アイジャグ』ですから自分の手で掘り起こすのは少々御免ですが、位置的に、そして前日と当日の履歴から考えてもかなり濃厚そうな『アイジャグ』にバケまみれの台があったとなってはとりあえず打ってみるでしょう。打っていた機種が『ダイナマイト』……というおかげでここまでの差枚数は『+1枚』ですからね(笑)。

今回のコラムの一番上に掲載されている写真はその『ジャグラー』での一コマ。下皿モリモリでいかにも出ているような雰囲気ですが、なんのことはない。「いつまで経ってもこの状態」ということを伝えたかっただけです。『アイジャグ』はホントに勝とうとして相手にした場合は忍耐力との勝負。台読みがしやすく高設定もツモりやすいので、幾らハマっても己を信じて打ち続けるだけ。

途中バケがBIGの2倍の回数になったり、BIG間1000ゲーム以上ハマってコインが雀の涙ほどになったり、ブドウが1/8.5まで落ち込んだりもしましたが、この店は5なんて使わない。これだけバケを引く台は確実に6。そう信じて打ち続けたのですが、結局BIG確率は1/300程度までしか戻せずに時間切れ。ボーナスを引いている間はブドウが引けず、ブドウを引いている間はボーナスが引けず……でかなり精神的に参る展開でした。でもやっぱり『アイジャグ』の6を嘗めちゃいかん。いくら『マイト』が1から浮く割を持っているとしても、『マイト』の3とか5とかを打つよりは『ジャグ』の6。安定度が違いますからね。

しっかしホント、脂汗かきまくりの展開でした。その汗は帰り道、冷たくなった夜風に冷やされ骨まで染みてきましたが、今日手にした2万弱の勝ち金は、心と今後のこの店での展開に暖かい光を差してくれました。

『ピリ辛ワサビ漬け 〜パチスロライター「ワサビ」のブログ』

こちらもヨロシク♪
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る