コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『カイジ2』  
 

実戦データ
店舗名 都内G店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 カイジ2
投資 ゲーム数 ボーナス
4771Gでボーナス28回の台(1/170.4)
3K(102RT50G
4K270BIG1:赤赤赤(1枚)
(5RT50G
59BIG1:赤赤赤(1枚)
(3RT25G
181BIG2:青赤青(スイカ)
32BIG2:青赤青(単独)
23BIG2:赤青赤(スイカ)
(9RT50G
43BIG2:赤青赤(1枚)
(1RT25G
33BIG1:赤赤赤(1枚)
(1RT50G
157BIG1:赤赤赤(単独)
12BIG2:赤青赤(1枚)
(3RT50G
(68RT25G
99CB:青青B(1枚)
(38RT50G
78CB:青青B(1枚)
50CB:青青B(1枚)
101BIG2:赤青赤(1枚)
92BIG2:青赤青(単独)
(1RT50G
195CB:青青B(1枚)
(33RT25G
229CB:青青B(1枚)
(9RT25G
(161RT100G
167BIG1:青青青(スイカ)
(1RT25G
(149RT25G
240BIG2:青赤青(スイカ)
282BIG1:青青青(単独)
149BIG2:赤青赤(1枚)
86BIG1:青青青(スイカ)
19CB:青青B(1枚)
40CB:赤赤B(スイカ)
(5RT50G
16BIG1:青青青(スイカ)
(44RT25G
(140RT300G
331閉店
総回転数:2984Gボーナス:24回(1/124.3)
総投資額 7000円
総獲得枚数 2393枚
換金額 47500円
収支 40500円

リール中心に見てても至極パターンが満載

この機種のカギを握る1枚役は、弱い演出(演出なし)で成立していることが多いので、逆押しは必須。長々と解説するスペースはないので、攻略ポイントのページを理解して、ゲーム性や打ち方を把握してくださいね。

私の楽しみ方は、逆押し適当打ちで上のミニリールをちゃんと見ること。液晶演出は必要な時だけ助けてもらう程度にしか見てません。レバーON時の演出やアツさを告知してもらったり「沼」に行ったからボーナス濃厚っしょってな感じで。それでも十分に楽しめるくらい、端に追いやられた感のあるミニリールが立派にパチスロしてるんです。

1枚役こぼしのチャンス目が出ると、特殊リプレイを抽選するゾーンへ。揃った特殊リプレイによって、通常時に戻らされたりRT(ざわざわタイム)に移行するんですが、1枚役はボーナスと同時当選する期待もあります。で、特殊リプレイはボーナス成立後にも出る可能性があります。それによって、こんな現象が……

○1枚役こぼしのチャンス目が出てないのに特殊リプレイ成立
○特殊リプレイが揃ってないのに「ざわざわタイム」に移行

もちろん、問答無用のボーナス確定パターンです(笑)。慣れるまでは特殊リプレイの形をチェックするのが大変かもしれませんが、その労力は「適当打ちでOK」という簡単さでカバーしてくれてます。特殊リプレイの見抜き方は、下パネルの役構成を見ると簡単。左から「25G・50G・100G・300G・通常・陥落」です。

さてさて、逆押しをしてチャンス目や特殊リプレイを把握すると、何連続でチャンスゾーンをスカッたとかもわかるわけです。高設定ほどRTに突入しやすい仕様なので、チェックし甲斐がありますぞ! ちなみに、この実戦の数値は……

通常時からのチャンスゾーン計131G
RT25G……4回(1/32.8)
RT50G……2回(1/65.5)
RT100G……1回(1/131)
RT300G……1回(1/131)
合計……8回(1/16.4)
転落……18回(1/7.3)

ってな感じでしたRT50Gのところを除けばどれも良い数値。ボーナスも順調にヒケたので、高設定でしょうね。

1/170なんて十二分に打てる台ですよ

このホールは、全ボーナスがBIGのところにまとめてカウントされていたので、合成確率のチェックがとても簡単でした。そればっかりに、この台が空いたのかも……。データ部分にも書いた通り、4771Gでボーナス28回(1/170)だったんですが、単純にこの数値を見ると中間設定となります。

でも、この機種はボーナスの前兆として「ざわざわタイム」に入ることがあるように、ボーナスを告知するのが遅め。また、ボーナスが告知されてからもリプレイや小役をヒクと揃えられないので、台上のカウンタと実際の抽選値は大きく異なります

ちなみに、私の実戦データはベル確率をチェックしたかったので、ボーナスを揃えたゲーム数にしましたが、実際はボーナス成立後に合計240Gほど回しています(だから実際は1/114.3で当たってます)。1枚役と同時当選する可能性のあるのは……リプレイ確率がアップしてるから……などと、かなり効率的にボーナスを狙っても平均10G程度かかりました。

『桃太郎電鉄』の時にも散々書きましたが、このテのタイプは、ボーナス1回当たり10G以上は少なく見積もって考えたほうが良さそう。コレを覚えておくだけで、勝率アップ間違いなしですぞ。

ちなみに、数えてたベル確率は1/6.92……設定1以下でした(笑)。まぁ、1/6.2と1/6.8なんて、ちょっとしたヒキのムラで変わってしまうくらいの差。よほどヒキすぎかヒカなさすぎた場合は別として、アテにできる数値じゃないっすわ。

ハナシは戻りますが、5000G近く回っての1/170なんてかなりの優秀台。そんなのが空いてくれるのも新装直後のオイシイ時期だからこそ。うん、死にそうなスケジュールの中、ホールを覗いて良かったっす。きっと先月のスランプ時だったら、帰って溜まっている原稿を書くか寝るかの二択しかなかったので、そういう意味ではこの時期に出てきてくれて助かったのかな(笑)。でも、やっぱMVPに推したかったな。


……なんて複雑な心境を表すようなヒキが。閉店まで残り15分ってところで揃った特殊リプレイは見たこともないヤツ。RT300Gかよっ。

RT300Gじゃなくて良いからボーナス当たってて! ……普通にざわざわタイムへ

途中でボーナスをヒケば問題なし! ……当然のように当たらず

閉店の時刻がやってきて、残り131Gほど取り切れませんでした(屍)

挙げ句、リプレイ以外でヤメてくださいと店員さんに言われたんですが、ヤメ目は1枚役こぼしのチャンス目っすよ。この流れだったら、ぜってぇ当たってる(笑)。

ロングのRTがあるといってもパワーがもの凄くあるわけではない(機械割を持っていかれてない)ので、高設定なら閉店までブン回したほうが良いと覚悟を決めてはいたんですが、こんなところでオチを作るとは。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る