コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

打ち初めはご家庭にて  
 

実戦データ
店舗名 パーラー佐々木
換金率
遊技ルール
機種名 『スカイラブ』他
投資 ゲーム数 ボーナス
『アニマル』(2号機:検定取消処分)
39枚設定変更
39枚設定変更
39枚設定変更
39枚設定変更
18枚REG
39枚ヤメ
『スカイラブ』(設定6)
216青BIG(RT:1)
310青CB(RT:2)
51赤CB(RT:0)
482青BIG(RT:5)
225赤BIG(RT:1)
102ヤメ
『小麦ちゃん』
268CB
188CB
120CB
55CB
310CB
366CB
7BIG
120CB
60ヤメ
総投資額
総獲得枚数
換金額
収支 26700円

ご家庭スロの故障の原因

この新年の儀式は、実機が壊れてないかチェックする意味もあるんです。自宅に置くほど好きな機種とはいえ、一年間まったく触らないのもチラホラ。今年も全機種が無事に動いてくれてホッとします。

自宅の実機が壊れる原因ってのは、コンセントの差し間違いとコイン周りが大半なんです。

家庭用は100V(ボルト)ですが、パチンコ・パチスロの実機は24Vのことが多いんです。ところが、中古業者によってはトランス(変圧器)を内蔵してくれてたり、別売り方式だったり。メーカーによっては最初から100V仕様になっていたりもするので「うっかりやってしまう」ことも。24V仕様のものを家庭のコンセントにブッ刺したらThe Endと思ったほうが良いです。

コイン周りのトラブルを防ぐには、コインレス仕様が一番。ヘタな実機なみ値段がするほど高いですが、絶対不可欠でしょう。コインレスを付けずに、こういったトラブルを防ぐには「コインをしっかり洗うこと」プラス「打つときに手垢が付かないようにする」プラス「ホッパーとセレクタを分解して掃除する」という三重苦が待ち受けることになります。

約5000枚のコインでやりくりしてた時期もありましたが、コインを洗って拭いて乾かすだけで一苦労。打つときは軍手必須で面倒。ホッパーを分解して掃除した際に、どこに使われてたか不明なボルトが残ってしまい、完全に断念しました(笑)。

これだけ注意しておけば、ある程度は長持ちするハズ。これ以外のトラブルは素人の手に負えない場合が多いので、業者さんに修理を依頼しましょう。

マジ、当たらん

2007年一発目の日記にも書いた機種のデータは当たるまで打った『アニマル』を除いて割愛。もちろん、手放す気ゼロの機種しか導入してないので、残りも全てピンピンしております。

それにしても、今年の『アニマル』はいつも以上に手強かった。設定変更すると約65%はボーナスに当たるんですが、一発目をスルーするのはお約束(5年連続)。でも、まさか4回設定変更しても当たらんとは。挙げ句、バー単だし。っつか、私のヒキが腐ってるんでしょうね。『小麦ちゃん』と『スカイラブ』だって、ちゃんと設定6にしてますし。

うーん、ずっと電源入れてなかったから「ストック切れ」を起こしてたに違いない……(冗談ですよ)。

いきなりホールで運試ししなくて良かったわ。いくら負けたことか(笑)。と、笑えるのもハマリすら愛せる好きな機種だから。それくらいの愛情がなければ、自宅に導入するのはオススメしません。

2009年は自宅への導入を迷うような機種という前に、胸を張ってAWARDのMVPに推せる機種がたくさん出てきて欲しいなぁ。既に『カイジ2』という立派な候補がありますが、それを越える機種がバンバン出てきてくれないと……ね。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る