コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

〜いろいろ〜  
 

実戦データ
店舗名 S県某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 天地を喰らう
エヴァ3
青ドン
巨人の星
投資 ゲーム数 ボーナス
《天地を喰らう バケ後380ゲーム》
100036同色BIG
1)RT
59BIG
0ヤメ
《エヴァ3 バケ後519ゲーム》
6000201黄色BIG
0ヤメ
《青ドン バケ後565ゲーム》
5000235)天井
452BIG
0ヤメ
《エヴァ3 BIG後802ゲーム》
6000235青BIG
0ヤメ
《巨人の星 ボーナス後799ゲーム》
7000208BIG
6)ナビありRT
57)Rtend
62)ナビありRT
113BIG
5)ナビありRT
56BIG
5)ナビありRT
55)Rtend
63)ナビありRT
114)Rtend
122)ナビありRT
172)Rtend
175ヤメ
総投資額 25000円
総獲得枚数 2804枚
換金額 56000円
収支 31000円

この勝ちはツキか必然か!?

さてさて、まぁ今日のロケはぶっちゃけかなり大きなイベントへ参加しての実戦だったので当然朝イチから打ってナンボなわけですが、先週〜今週の一週間は、自分の通っているホールでは大きなイベントが開催されず……さらに年明け一発目の仕事週ということもあって空き時間がロクに作れませんでした……。とそうなると当然打てるのは「ゲーム数狙いのみ」ということになるのですが、どうにもこうにもこの時期、若干いつもに比べるとどの店も稼働が低いような気がするんですよね。お正月休みに結構がっぽりホールに搾取されてしまったか、もしくはパチンコのほうが結構大型の機種がこの先待ちかまえていると言うこともあってホールが出し渋っているのを客が感じ取っているか……いずれにせよ、稼働が低いと狙えるゲーム数の台も少なくなるわけで、今回は半日使っても数台しか打つことが出来ませんでした。

……が、結果はなんと驚きのプラス31000円。ゲーム数狙い数台でこの勝ち金は、一度でもこの戦法を徹底してとったことがある人ならエラい大きな金額だというのが分かるはず。基本的に5号機のゲーム数狙いってのは、昔のストック機の頃と違って1台あたり800円とか1000円とかもの凄い小さな期待値を追って打つわけですからね。それを積み重ねていって10000円、15000円にしていく立ち回りなわけです。

そんな中の30000円勝ちはどういうことかというと、一口に言えば「メッチャヒキが強かった」……それだけです。始めに打った『天地』は1000円で同色を引いた挙げ句、次会までRTで繋がったボーナスもBIG。さらに最後の『巨人』では天井直前でBIGを引くという憂き目に遭いながらも、引き当てるBIGごとにBAR揃いを引き、挙げ句最後のBIGではダブル揃い。もう展開的に「ツイてる」としかいいようがないわけですわ。

ハイエナにも設定は必要

でもですね、「なんだ、ヒキ勝ちじゃないか」と思われがちなこの展開ですがね、それをヒキだけ……で片づけてしまうのは間違ってると思うんですよね。そもそもゲーム数狙いってのは「天井狙いではない」んですよね。毎回天井まで連れて行かれてたら、例えそれが『巨人』のようにそこそこ破壊力のある天井だとしてもマイナスは必至。だから極端な話、基本的には「1000円BIG」を狙いにいってるんですよ、ゲーム数狙いという戦法は。天井はあくまで「保険」、もしBIG1回の期待枚数よりも投資がかかってしまった場合に負けを少なくするための「保険」でしかないんですよね。

ただちょっと性質が違うのが、例えば『天地』と『巨人』のゲーム数狙い。『天地』のようにほぼボーナスだけの機種ならば安い投資でBIGを引くことを願って打っているわけですが、『巨人』の場合はどっちかっていうと、早くBIGを引くというよりも「BIGを引いた後の爆発」を狙いに行っている感はありますね。『巨人』なんてBIGを引いたところで200枚チョイ、また『ビンゴ』なんてもっと極端で、ノーマルBIGなら100枚チョイの獲得。これでゲーム数狙いが成り立つのは、「その後のRT爆発」があるからに他ならないわけで、こういったART機能が搭載された台なんかだと、天井はボーナスまでの保険と言うよりも「爆発させるチャンス」までの保険といった感じ。だから収支も暴れやすいんです。

実際今回の『巨人』は7000円で900枚以上の獲得ですからそこそこオイシイ結果になっていますけど、他の日に打ったデータなんかだと回数だけならマイナスのほうが多いくらい。特に『ビンゴ』なんて、何度ゲーム数を狙ってもマイナス続き……なんて、心が折れそうになる時期もありました。それでも一途にゲーム数を狙っていくのは「期待収支がプラス」だから。さらにこの辺の辛目のART機なんかだと、若干ながら「高設定」に座っている可能性もありますからね。もちろんゲーム数狙いに徹しているので高設定か否かには捕らわれないように心を鬼にして打ちますが、実際には設定の恩恵を受けていたことも多いと思います。コレはART機だけにいえることではなく、特に『エヴァ3』。大抵のホールで看板機種になっているこの機種は、他の機種に比べて平均設定は高いホールが多い。それゆえに実際雑誌などに書かれたゲーム数狙い時のシミュレート期待値よりも大きくなっている可能性が極めて高いわけです。小さな期待値を追うゲーム数狙いでも結局「設定」に寄るところも若干ながらある……これがゲーム数狙いでも勝てるという、最大の要因だと思います。

なんて今週もまたロクな稼働がとれなかったからこんなことエラそうに述べてますけどね……ホントは112〜3%くらいある機種の6でガスっと出したい気持ちでいっぱいなんですよ……。今週こそ6をしっかりと狙いにいける状況が転がってくるといいなぁ……。

『ピリ辛ワサビ漬け 〜パチスロライター「ワサビ」のブログ』
↑↑↑↑ こちらもヨロシク♪

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る