コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『カイジ2』vol.3  
text by 佐々木 真
 
機種画像 『カイジ2』を主戦にして約2週間。ようやく、自分なりの攻め方などが確立してきた感じです。

夕方から打つ場合は、ボーナス確率が良い台に座るのがお約束。いろいろデータを採ってみて、低設定臭がしたら他の機種を含めて台移動。ただし、サンプルが少ない(時間的に増やせない)ので、偶然のヒキ弱で高設定を捨てることは覚悟しましょう。これは、どんな機種でも同じなんですけど。

そこで問題となるのは、朝イチからの立ち回り。これがようやく見えてきたんです。低設定でもアマいスペックなので、平均設定が高ければイイだろう……くらいに考えていたんですが、『カイジ2』ほど、設定5or6をしっかり入れるホールを選ぶ眼力が必要という風に変わってきました。

いろいろ設定推測要素があるので、データを採って分析して……というプロ向きな機種と思われがちですが「これは良いけど、あれはダメ」なんて悩ましくなることが多すぎるんです。で、どの数値を重視するかを判断するモノサシがあれば良いんですが、どれもこれも同じくらいの重要性。設定5or6を「設定5or6らしく」ヒイてくれれば良いんですけどね。

そうならなかった場合にどうするのか? なんてことをグダグダ考えさせられることになった日の実戦データです。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る