> > 『新世紀エヴァンゲリオン〜約束の時〜』vol.4 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『新世紀エヴァンゲリオン〜約束の時〜』vol.4  
text by 佐々木 真
 
機種画像 テスト導入実戦で日記を書いた『タコスロ7R』が正式に発売されることになりました! うん、良かった。良かった。

さてさて、堅実に勝ちたいサラスロ族にとっては、かなり良い時代なのかも。そう思えるほど、苦戦するのは朝から打つ日で、ラクに勝てるのは夕方からのほうが多かったりします。

朝から打てる日は『カイジ2』or『ジャグ系』or『桃太郎電鉄』。元々のスペックが良いカタい機種&高設定多数のジャグ系を選んでます。それなのに苦戦するって……。いや、朝から打ってまずまずの台を掴めた時って「当たった」の一言で片づけられてしまいますし、苦戦する時は長時間悩みっぱなしなので、記憶に残りやすいだけなのかもしれませんけどね。

野球のピッチャー的な思考なんでしょうか「打たれたことばかりを思い出す」っていう。でも、そんな私から見ても、夕方から打つ時のほうがラクなんです。正確に言うと、夕方からでも打つ理由がある台を見つけられた時なんですが。

その「打つ理由のある台」を簡単に見つけやすくなってきたと感じてます。前回のワサビさんのコラムもそうでしたが、天井RTが近い「保険付き」の台が当たり前のようにオチてるんですもの。


個人的には、台上カウンタに頼る天井狙いって好きじゃないんです。台上カウンタがないホールで、きっちりシマ全体を把握して……とか、自分で打って洞察できないとわからない裏モノとかの天井狙いは大好きなんですけど。要は苦労したいだけのMなのかもしれません。じゃなきゃ、あの手順で『桃太郎電鉄』を打てないわ(笑)。

それでも、無視できないほどオチてたりするんですね。『エヴァ約』なんか特に。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る