コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『新世紀エヴァンゲリオン〜約束の時〜』vol.4  
 

実戦データ
店舗名 都内M店・P店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 青ドン
新世紀エヴァンゲリオン〜約束の時〜
投資 ゲーム数 ボーナス
P店『青ドン』REG後409G
4K129ドンBIG
0ヤメ(340枚)
M店『エヴァ約』REG後525G
8K(327暴走
(369覚醒
421REG
0ヤメ(163枚)
P店『エヴァ約』BIG後682G
3K182青BIG
58赤BIG
78REG
122黄BIG
18黄BIG
77REG
255青BIG
38REG
452青BIG
68黄BIG
449黄BIG
128黄BIG
13赤BIG
291REG
66REG
322赤BIG
268REG
70黄BIG
102黄BIG
33REG
308青BIG
1ヤメ(2162枚)
総投資額 15000円
総獲得枚数 2665枚
換金額 53000円
収支 38000円

天井狙いでベルが出まくったら?

天井狙いは、ワサビさんとネタがカブってしまう感じですが、ちょっくら佐々木流のデータが取れたので。

最初に入ったホール(M店)は、月イチのイベント日。稼働も良く、空き台は打てそうにないデータのものばかり。こういうホールで「空いたら打ちたい」という台をピックアップしておいて、それ以外の台に触らないのも1つの方法でしょう。ただ、こちとらパチスロを目の前にして待つのが苦手でして。おまけに、煽るほどは出てないし。

そこで近くのホール(P店)に移動してみると、こちらは『エヴァ約』がイベントコーナーに。ただ、最初のホールにお客さんをごっそり持って行かれているので閑古鳥状態です。まずまずの台を小役数えながら打ってる若者が一人。それ以外はパッとしません。煽るほど出てないイベントに負けるホールなんですから、そんなもんでしょう。

打てる青ドンで無事にBIGをヒイて、もちろん素敵な花火なワケもなく即ヤメ。M店に戻ってみると『エヴァ約』で打てる台が空いていたので着席。安銭で付けられなかったものの、暴走から覚醒と順調に昇格したし、ここから……と思った矢先にREG。まぁよくあるハナシ。

もう1回、P店の様子を見てダメだったら買い物でもして帰るか……と思うと、打てる『エヴァ約』が。もちろん座るんですが、なんか様子がおかしいです。ベル出まくりじゃね?

こんな短いデータで「高設定っぽいから」と打ち続けるのは、天井狙いに徹するとしたらアウト。覚醒まで行ってガンハマリして、どうしてもヤメたくないくらいベルが落ちたら……。でも、そこまでハマるのは低設定の確率も上がっちゃうし……。なんてのが、ボーナスをヒクまでに考えていたこと。ベルが出た分は、投資が少なくなってラッキーと思ってヤメるつもりでした。

ところが、あっさり1枚役からヒイた青BIGで、スイカ5回、チェリー3回、1枚役2回とレア役をヒキまくり。マジかよ? 確かにBIG1回だけ速攻でヒイてハマってる台だから可能性はあるよな……と思っていると、ふと目が合うワケです。唯一、小役を数えて逆押し小役狙いしている若者と。

ダメでもイベントだけに?

ヒイたのがREGだったら、ボーナス中のレア役にも気付かなかったですし、ヤメていたに違いません。だとしたら、青BIGで300枚ほど多く獲得できたのをラッキーと捉えてヤメるのが勝負師としては正解だと思います。

「イベントだけどダメなホール」というのは、裏を返せば「ダメなホールだけど一応イベント」ということに。そんなアマい考えは、負ける原因にもなりかねないんですが、これだけ条件が揃えば、騙されてみるのも悪くないかも。

○運良くこの後に出ても、これだけ条件が揃わなければ続行しない
○青BIGのコインが呑まれても後悔しない
○この台は3000円でヒイたからと思わない

この3つを言い聞かせて続行することに。一番大事なのは「3000円だから」と思わないことです。所詮、天井RTの保険狙いなんて、1台あたり数百円しか期待値はありません。3000円はデカいんです。

でね、出ちゃったばかりに書くことに困ってるワケです(笑)。普通に呑まれたら教訓バナシになったのに。

続行して良かったと思える設定は、あったと思います。ほとんどの人に見捨てられたホールの数少ない「見せ台」がハマってて、しかも青BIGスタートで、サンプルは少なくてもすべてが設定6以上の数値になってくれて。そういうラッキーを期待できるから、天井狙いは強力……なんて書かないですよ。そういう期待をしちゃうと、ダメな台を打ち続けて勝ちを減らすことが増えてしまいます。

1台あたり数百円とかの期待値のものに過度の期待をするんだったら、朝イチから高設定を狙いに行ったほうがナンボかマシ。


ちなみに、私が一番ラッキーだと思ったのは、目が合った瞬間の若者の表情でした。ありゃ「何で小役オチるの?」とか「ふーん、そういうこともあるんだ」という目ではなく「そっちだったか」という雰囲気だったんで。

その信用に足るような打ち方をしてくれていたのと、前にもこのホールで見かけたことがあったのを思い出したのも大きかったです。ダメなホールでもきっちり結果を残しているだろう、相当な実力者だとは思うんですが……表情に出してくれるあたり、まだまだ若いですね(笑)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る