コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ケロット』他  
text by 佐々木 真
 
機種画像 機種画像 前回ネタにした若者から声をかけられました。「佐々木さんですよねぇ?」

その瞬間に思い出したのは、最後の「表情に出るのはまだまだ若い」という一文。ああ、あんな偉そうなこと書くんじゃなかった。ここの近辺では、もう適当な遊び打ちもできないや……なんて後悔しまくり。

ところがどっこい、彼が怒ってたのはソコじゃなかったんです。「なんで打ち続けたんですか? ヤメてくれたら移動したのに」でした(笑)。それがまた好青年でしてねぇ。「打ち方を誉めてくれてありがとうございます」なんて挨拶から始まり、表情が変わった理由も教えてくれました。

朝イチに友人が打ってて「微妙だけど……微妙くらいで止まってしまったからヤメ」となってしまったみたいで、そこまでのベル確率なども聞いていたそうです。なので、あの反応になったと。サンプルの少ない段階で見切るのは難しいんですが「ホール状況に対する期待度・小役確率などの状況・狙い台への自信」この3つのバランスを考えてヤメるのは仕方ないこと。特に前回のホールは……そこから先、悪口大会となってしまったほどの地域なもんで(笑)。

で、その好青年くん(若者から改称)からの強烈な一言がコレでした。「佐々木さん、なんでこんなとこで打ってるんですか?」

ええ、今回の日記も(違うところだけど)同じこと言われそうなホールですよ。満席で動けないところよりも、自分の好きな台を好きな時に打てるくらいの客付き……というのも、楽しく打ちたい日の私のホール選びの条件なんです。

で、好きな台と新機種を触って帰る。これが最初に書いた「適当な遊び打ち」です。最近、こういう日記書いてなかったんで。天井狙いとかに徹した時って、書くことなかったりするんで。ちょっと羽根を伸ばす感じで楽しく打ってきました。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る