コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

〜リングにかけろ1〜  
 

実戦データ
店舗名 S県S店
換金率 等価
遊技ルール
機種名 リングにかけろ1
投資 ゲーム数 ボーナス
11000368同色BIG
169CB
147CB
153異色BIG
32CB
211同色BIG
15同色BIG
444同色BIG
241異色BIG
23異色BIG
305同色BIG
421同色BIG
260異色BIG
297異色BIG
405CB
230同色BIG
286異色BIG
194同色BIG
80CB
331同色BIG
52CB
425同色BIG
242同色BIG
27同色BIG
47同色BIG
64同色BIG
150CB
14CB
340同色BIG
397同色BIG
125CB
835CB
151同色BIG
104同色BIG
185同色BIG
699異色BIG
144異色BIG
103ヤメ
トータル8716G
BIG271/322.8
CB101/871.6
ベル8901/9.8
スイカ901/96.8
1枚1021/85.5
総投資額 11000円
総獲得枚数 5235枚
換金額 104500円
収支 93500円

入場者の流れで機種を選ぶ

実はこの前日、このお店で30000円近くヤラれてるんですよね、夕方から打って(笑)。高設定に座ったって引けなきゃ負ける……それを体感した前日だったんですが、閉店近くまで「ホールにいた」ことだけはなんとしても活かしたい。
そう思いつつの朝イチの抽選……いつも以上に気合いを入れて抽選箱に手を突っ込みます。……って言ってもいっつも「一番最初に触れたやつ」をそのまま引くことにしてるんですけどね、なんか迷うと後悔しそうだから。まぁでもその要領で引いていっつもいっつもケツのほうの番号を引かされてるんだから、これも考えモンだよなぁ〜なんて思いながら抽選の紙を引こうとすると、入口の縁に引っ掛かって……ポトっ。「また後悔しそうだ……」なんて渋々もう一度引きなおすと……驚くなかれ、なんと『ヒトケタ』が出ちゃいましたよ!『9番』!!

こういうヒキをしちゃうと……緊張するんですよね。もちろん狙い台はしっかりと考えてきてあるんですけど、いかんせん『早い番号に慣れてないもんで』(笑)。それに加え、迷いも出てくる。この番号だと『肉』も『南国』も座ろうと思えば座れる……勝負が早くてハズレ時の負債を抱えにくいのはこの2機種だしな……なんていうね。でもまぁ迷っても仕方ないので、前の人8人の行き先を見ながら、直感で考えるとすることに。
そしていざホールに入店してみると……やっぱり一番人気は『肉』。お金が掛からないで見切りを付けられるから当然って言えば当然。『南国』にもボチボチ流れた様子を見て、そんな中自分が選んだ先は……『リング』。今回ばっかりはかなり早い番号を引いてますからね、正直『肉』&『南国』も考えました。だけど入場時の人の流れを見て、打つ台を選べる余裕があるのは『リング』だけと踏んでのとっさの判断。機種の好きとか嫌いとか、この日だけは頭から飛んでましたよ。

ただ誤算だったのが、なんと『リング』のシマにたどり着いたのが「一番ノリ」だたということ。ぶっちゃけ『リング』には、狙い台が2台あったんですよね。この2台のどちらかに座れば6である確率は約33%(勘です)……「残り物にはなんとやら」という言葉が好きな自分にとっては、この「選べる状況」がまたやっかいでして……どっちかは先客に取られていることを想定して入ったんですが、唯一そっちのシマの方角に流れていった客が座っていたのは『エヴァ約』……なんて無欲な人!! ってかよっぽど自信があったんですかね……てっきり『リング』の片方を押さえてると思ったのに……(汗)。
その2台の内の1台……選んだ方は吉と出るか凶と出るか……緊張感溢れる一日の始まりです。

リング攻略法は「信じる心」!?

もはや言うまでもないかとは思いますが、基本的に『リング』の設定推測は「当たるかどうか」だけといっても過言ではありません。まぁ一応ベルもスイカも一枚役も数えてはいますし、何となくだけでも「何と同時当選したか」も見ていって、あとは「雰囲気」で感じ取っていくわけですけど、結局のところ出玉がある以上は席を立てないのも『リング』の欠点。先にも言った『肉』やら『南国』やらは出玉のあるなしにかかわらず設定6を見抜くことができますから、ダラダラと「ちょっと出ちゃった低設定」を打たされることがありませんからね。
しかし……『リング』には119%という『割』がある。設定推測が難しい恩恵があるんです。抽選番号が良く、狙い台が確保できる以上、適当に余り物に座る『肉』よりかは「自信のあるリング」。とにかく今日は自分の読みを信じきるしかない……と思ってブンブン回していると、ボーナスのほうもしっかりと付いてきてくれる理想的な展開になってきました。

……が、そこで一筋縄ではいかないのが……これまた『リング』。出ていても慢心できないのはモチロンのこと、もう一台の狙い台もイイ感じでボーナスが繋がっているんですよね……しかも自分よりも常に「ボーナス合算で2回」くらい多い感じで回数が付いている……ちょっと離れた席だから何と同時当選したのかとかBIG中の女BIG2割合までは見えないけど……とにかく気持ちが悪い。よく見ればこっちは単独だの青チェリーだの、肝心のスイカ&1枚役ではないレアなモンばっかりで当たっているようにも感じるし、頭上に2箱カチ盛った状態でも、常に不安と戦う展開……。「打っている人間はオレ一人になりたかった」……というのが正直なところですが、まぁぶっちゃけ向こうのオニイサンもそう思ってることでしょう(笑)。

一対一のガチンコ勝負が続く中、気が付けば時計は18時を周り終盤戦。なんとなーく、なんとなーくですけど、自分には「観念」した感がありました。……というのもそこまであまり気にもとめてなかった通常時のベル確率とBIG中の女BIG2変化率が……悪いんですよね。女BIGに関しては、悪いどころか1回しか変化してないし……(汗)。しかも小気味良くCBを引いている向こうに対し、こっちは同色BIGの明らかなヒキ強とRT連の少なさでコインを持っている感じ。このお店はたまに1機種に2台以上6を入れることもありますし、もう閉店まで粘る覚悟は出来ていたんですが、それと同時に「もし1台しかないなら正解はアッチ……半分くらい飲まれるかも」という覚悟も出来ていたってワケです。

さて、閉店後の発表(全ては発表しない)で公開されたのは向こうの『リング』。これによってあちらが正解なのはわかったのですが、自分の台が正解かどうかは……「設定師のみが知る」という状態で終了致しました。全ツッパの覚悟が竜二に伝わったのか、最終的にはお互い5000枚オーバーでどっちも笑える結果になったのですが、今回ほど疲れたブン回しはホントに久々でしたね。何せ肉体的なものだけじゃなく、精神的にもメッチャ疲労しましたから。まぁ設定の善し悪しは結局わからないですが、もし自分が「設定1で誤爆」させたんだとしたら、同じような精神状態で一日設定6を打っていたであろうもう1人の彼に、心から「申し訳なかったです」……と伝えたいですな(笑)。

『ピリ辛ワサビ漬け 〜パチスロライター「ワサビ」のブログ』
↑↑↑ こちらでもその日の大まかな模様が書かれてます〜!! ヨロシクね♪
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る