コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『スペシャルオアシス』  
 

実戦データ
店舗名 都内Z店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 スペシャルオアシス
投資 ゲーム数 ボーナス
スペシャルオアシス
4K108BIG:後
27BIG:先
146CB:先
269BIG:チェ3
21BIG:先
8CB:3
58BIG:ス次
23BIG:先
166BIG:ス3雷
121CB:後
41BIG:チェ次
1CB:先
26BIG:後
428BIG:ス次
18CB:後
368BIG:3葉
516CB:先
37CB:後
153BIG:先速
377ヤメ
総ゲーム数:2912GBIG:12回(1/242.7)CB:7回(1/416.0)
BIG中のスイカ……なんと0回(笑)
略語表
先=先告知
後=次ゲーム告知
チェ=チェリー同時当選
ス=スイカ同時当選
3=第3停止時告知
雷=雷告知
葉=葉っぱのみ点灯
速=高速点滅
総投資額 4000円
総獲得枚数 1104枚
換金額 22000円
収支 18000円

ヤバいくらいに面白い

私はハイビスカス中毒者じゃないので、鉄火場気味な中で光らせるのが好きって人が面白いと思うかはわからないです。でも「何で空いてるの?」と思うくらい『スペシャルオアシス』、楽しすぎました。

空いている理由もわかるんですけどね。最初の『オアシス』は機械割が低くて高設定でも勝率が悪かったし。そこからリール配列やリーチ目が変わってないので……というより、ハイビスカスがあるだけで同じイメージを持たれてしまうから。

でもコレ、同じだけどまったく違うじゃん!

微調整が素晴らしすぎます。元々、出目にはこだわって作ってあるので、後告知が選ばれるにもリーチ目になったり、チャンス目になったり。リーチ目も、狙うチェリーによってスイカまでスベりやすかったり、下段ハイビスカスからになりやすかったり。そんな面白さは『オアシス』からありました。

これにチェリー・スイカとの同時当選が加わったんですが、これがまた絶妙なバランスでして。チェリーは普通に出るけど、基本は当たらない。忘れた頃に当たる。スイカはあまり出ないので、気を抜いて取りこぼしてしまうことも(この日は5回も取りこぼしただよ)。でも、次のゲームのレバー時はアツい。気合い入れてブッ叩きたくなります。光らなかったら、リプレイが揃うことを祈ります(笑)。

微調整をしてから一発目を出すべき……という意見もあるでしょうが、『オアシス』の頃は5号機時代の最初も最初。4号機のジャグラーだって、ずっと同じ配列を通したこそ安心感もあってファンが増えたんですから「こうすればもっと面白くなるかも!?」という微調整はアリだと思います。実際『オアシス』よりも『スーパーハナハナ』よりも『スペシャルオアシス』のほうが面白いと思えますし。

まぁ、どの微調整が面白いかは人それぞれだとは思いますが、少なくともスペックアップしてるのは非常に嬉しいです。『オアシス』なら設定6確定札じゃないと……(笑)。

葉っぱ、葉っぱ

最初は安銭で食いついてくれたものの呑まれちゃう……なんてところでチェリーから第3停止での告知。ここから勢い満点の連チャンが炸裂し、一気にドル箱勝ち盛りに。っつーか、ヘタなストック機よりも速い(笑)。

ってな、素晴らしい流れで1G連! しかも先告知! ……バケ……嫌な予感。

その直後に即BIGとなったんですが、そこがピーク。好調な時は「このスイカ光るっしょ」と思い、その通りに光り。「なんかハマりそう」と思ってると、やっぱりハマリ。健全な精神に健全なヒキが宿るとはよく言ったもんで。結局はズブズブと1000枚近く呑まれちまいました(でも、葉っぱだけ光る告知も見られたからOK)。

こんなオカルトじみたことを言ってますが、「設定4以上だから理論値はプラス」なんて大前提で突っ張ったんですよ。BIG中のスイカが0回なのは不安でしたが(汗)。ぶっちゃけ、自分のヒキの中に確変モードとかハマリモードとかあるんだし、それを純粋に楽しめるのがGOGO!!ランプであり、ハイビスカスなんです。

ジャグラーで言えば、『アイジャグ』よりも『ラブジャグ』派の人(4号機ジャグのほうが好きだった人も)に超オススメ。リーチ目が出たのに気付いて1枚掛けで揃える微妙な攻略感。チャンス目後に光って先告知か後告知かわからなくなる、良い意味での曖昧感。適度に訪れる気合いを入れてレバーを叩きたくなる瞬間。これぞ、パチスロでしょう。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る