> > 『ハードボイルド2』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ハードボイルド2』  
text by ワサビ
 
機種画像 機種画像 自分が朝イチによく抽選を受けているホールは基本的に新台入替がめっぽう少ない……。特にパチスロコーナーのほうは数ヶ月に一回もやるかやらないかというくらいの、いつ行っても同じ機種構成が並んでいるホール。つまりここ最近では少なくなった『機種を吟味して導入し、無駄な経費を削減→その分を設定という形で客に還元』……という「パチ屋営業の基本中の基本」がしっかりとできている優良店。

でもまぁそんなしっかりしたお店でもやっぱりヤッちゃう時はヤッちゃうもんで、導入したほうがイイ機種を入れてなかったり、逆に買って失敗……なんてことになっている機種もいくつかあるんでしょう。やっぱり入れておけばよかったと後悔したんですかね。この時期になって『バイオハザード』が導入されました。ハズれたのは同社の『肉』。設定6をシッカリと使う店なもんで、やっぱり「6しか稼働しなくなる」この機種はハズしたかった……というのもあるんでしょうが、打ち手からしてみればこの入替は嬉しいもの。そりゃ『肉』に比べれば『バイオ』のほうが設定は読みにくいですが、それでも機械割は5号機最高峰の119%。大歓迎であります。

負ける時の安定度が低いため、そして打つ理由(6がしょっちゅう入る)があるホールでの導入が少なかったために敬遠してきた『バイオ』ですが、これで完全に打つ理由ができました。意外と最近のART機でパキパキ言わすのが嫌いではない自分にとっては、機械割以上に嬉しかったりもします。ここんとこ仕事と所用が立て続けでまだその顔を見に行けてないですが、『リング』の狙い台が取れそうもない時は、一度触ってみておこうかな。偶然の6を狙って(笑)。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る