コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ドラキュラ』他  
 

実戦データ
店舗名 都内P店&K店
換金率 等価交換&7枚交換
遊技ルール -
機種名 『ドラキュラ』他
投資 ゲーム数 ボーナス
P店:ドラキュラ前日DR中に閉店
1K4DR
16DR
10DR
8DR
36DR
21DR
6DR
5DR
9DR
7DR
16DR
43DR
22DR
11DR
20DR
16DR
7DR
7DR
8DR
16DR
24DR
77ヤメ(378枚)
P店:エヴァ約前日からREG後:約720G
3K(128RT:暴走
(181RT:覚醒
316黄BIG
0ヤメ(362枚)
K店:スーパージャックポット
5K162CB
71BIG:赤
18BIG:赤
110BIG:BAR
289CB
328BIG:BAR
162ヤメ(106枚)
スーパージャックポット(2台目)
4K106BIG:BAR
32BIG:BAR
68BIG:BAR
165CB
74BIG:赤
123CB
71BIG:BAR
172BIG:BAR
10CB
236CB
369BIG:BAR
17BIG:赤
60CB
181BIG:BAR
187BIG:赤
16CB
257CB
101BIG:BAR
17BIG:BAR
39CB
67BIG:赤
416BIG:赤
2ヤメ(1447枚)
総投資額 13000円
総獲得枚数 740枚&1553枚
換金額 14500円&22000円
収支 23500円

すぐには打ちません

黙って3000円入れるつもりでホールに向かったんですが、前日最後まで打ってた人が居たら終了と思ってました。その人よりも私が先に並んでたとしても。自分がヒイた連チャンの権利じゃないですしね。3号機の裏モノ時代とかそうだったんですが、連チャン残しで閉店したら打ってた人の顔くらいは覚えておくもんです。

抽選入場とかで人がいっぱい来るところは意味ないでしょう(状況を知らない人が座る可能性があるから)し、そんなところだったら普通に高設定狙いで台をチョイスしたほうが良いとは思いますけど。そういうホールで打つことが主流になりすぎて、こういう古き良きマナーが忘れ去られていると思う今日この頃。

開店時間には、件の人は来ず。朝から来てるのも見たことある人だけに、寝坊してるだけかもしれません。「ラッシュが終了するまで店員に打たれたら終わり」ですし、すぐに連チャンが終了しても余裕でマイナスとなるので、捕らぬ狸の皮算用。ですが、1分遅刻くらいで駆け込んできた時に自分が当たってたら、非常に気まずいです(笑)。というわけで、下皿にライターを置いて待つこと5分。もうイイでしょ。

さーて、ラッシュ残ってるのかな? 不安になるまでもなく、あっさりと赤7が揃ってくれます。変則ラインの関係上、中リール中段に赤7が止まらないとボーナスの可能性がゼロになるから単調……という人もいるでしょう。そういう人はハサミ打ちしてみましょう。赤7がテンパイするケースが増えるんで、ちょっとはドキドキできますよ。設定6と5のスペックの違いが強烈すぎる(というか6じゃないと勝てない)んで、勝ちに行くには難しい機種だとは思いますが、長時間打つ際には、ぜひハサミ打ちで。

そこから順調に21連してくれたんですが、流せたのは400枚弱。連チャン数も平均ラッシュ確率も1/14.85と理論値通りだったので、まぁこんなもんでしょう。実戦動画も一発勝負で撮影したんですが、それも22連(だったかな?)。実に平均的なヒキしか発揮できてませんな(笑)。

流した後は、前日の最後と今日のゲーム数を足すと天井RT近くとなる『エヴァ約』に。狙い台を絞りきれなかったとはいえ一昨日が推定設定5だった台なので、黄色BIG後ゼロゲームヤメ。うーん、もう打つ台ない!

本来は「7枚交換→等価交換」だけど

時刻は、まだ昼過ぎ。夕方から打つのは勝率が高いと最初に書きましたが、一番勝率が低いのは昼過ぎから打った日だったりします。そりゃそうですね。稼働がまだ少ない時間帯なので、天井RT保険付きの台も前日最後の回転数を把握してないとムリですし、そこまでハマってくれるのも稀。

高設定を探そうにも、朝から有望な台はまだまだ空いてくれないですし、高設定放置と思われる確率の台だってサンプルが少なすぎるので信頼度は低くなります。というわけで、稼働が見込める繁華街に移動してみるも、うーん……といった状況。あんま期待はしてませんでしたが、買い物とかで時間つぶせますし。

そんな時間つぶしの途中に7枚交換のホールを覗いてみたら、イベントコーナーになっている『スーパージャックポット』に目が留まりました。このホールではなかなかの稼働を誇るシマだったりするので、常に高設定がゴロゴロあります。7枚だし。サンプルが少ないといっても、高設定台が多ければ信頼度は上がる……そんな期待を込めて座ることに。

プラマイゼロくらいに収まってくれれば、また夕方からいつもの立ち回りをすればいいや。という軽い気持ちと、久々に『スーパージャックポット』を打ちたいという願望。完全なる負けパターンです(笑)。実際、食いつきだけは良かったんですが、こりゃ呑まれるなという展開に。呑ましたら夕方からの立ち回りに切り替え!なんて時に、シマイチの優秀台が空くじゃありませんか。

換金差額があるところは、基本的に「持ち玉=続行」となるんですが、100枚程度のコインしか残ってないのでロスは約500円。流してでも移動です。これがやはり高設定だったようで。狙い台がない日に朝イチから打ったにもかかわらず、十分な日当を確保することができました。

もちろん、パチスロは等価交換の高設定が理想です。本来なら、時間のある時は「高設定に座れやすい低換金率」。残り時間が少なくなるほど「換金差額のない等価交換」となるんですが、稼働が上がっていない時間帯は朝イチと同じ発想を優先するほうが良いんです。ただ、狙い台のない日の朝イチと同じ発想をしてたら、負けまくりますけど(笑)。そうならないための、妥協案が7枚交換だった。そんな一日でした。

それなのに、なぜ7枚交換のホールを最後に見たっ↓(ヴィンテージ風)
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る