コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『スカイラブ2』  
 

実戦データ
店舗名 いろいろ
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 スカイラブ2
投資 ゲーム数 ボーナス
データ:1
1K7CB:青青赤
(19RT
32BIG:赤
28BIG:赤
(216RT
250ヤメ(360枚)
データ:2
4K(117RT
(152RT
186CB:赤赤青
15ヤメ(141枚)
データ:3
1K21CB:青青赤
(12RT
51CB:赤赤青
(1RT
(50RT
(94RT
(135RT
1K(284RT
3K445BIG:赤
1K213ヤメ(23枚)
データ:4
4K115CB:青青赤
2K146BIG:赤
(3RT
(50RT
58BIG:赤
30CB:赤赤青
32CB:赤赤青
228ヤメ(351枚)
データ:5
3K62BIG:青
(4RT
(57RT
207ヤメ(120枚)
データ:6
9K306ヤメ
データ:7
1K8BIG:青
226ヤメ
総ゲーム数:2666G
BIG:7回(1/380.9)CB:7回(1/380.9)合成14回(1/190.4)
総投資額 30000円
総獲得枚数 995枚
換金額 19500円
収支 -10500円

キツいと思ってるからこその見切り

データ:1は朝イチ台ですが、狙い台を取れなくて仕方なく座ったもの。設定変更の有無は判断不能になりましたが、立て続けにBIGをヒイて喜ぶもBIG中のチェリー+ベルが1/20で、通常時のベルも1/13.21。今ならもう1台の朝イチ台が打てるということでヤメ。

データ:2は、1G目にベルをヒイて102G目のチェリーでRTに入らず。その直後の117GのチェリーでRTに入ったことから、少なくとも朝イチ段階ではリセットがかかっていなかった模様。前日のボーナス合成は1/250と悪く……設定変更してリセットだけ消したとも考えられますが、これまた小役確率が悪く撤退。

データ:3は、これまた設定変更の有無は判断不能に。途中まではベル確率も1/10程度だったので頑張ろうと思ってたんですが、BIG中のチェリー+ベルが0回。おまけにBIGをヒイた後にベルをことごとくヒカず……1/11.06まで下がったところでCZもスカってヤメ。この23枚を流すのも重要です。

データ:4は、前日が中間設定っぽかった台。雰囲気は設定変更っぽく嫌な感じでしたが、なんとなくボーナスをヒイてくれるので続けてみましたが、やはりベル確率1/11.28。BIG中のチェリー+ベルも1/20。データ:5もベルが1/14.94のBIG中のチェリー+ベルは1回のみ。データ6は何もヒカず、ベルも1/12.24。データ:7もベルが1/13.00のBIG中のチェリー+ベルは1回のみ。

なーんも、打つ理由ができてくれやしません。なんかの間違いでいいから、通常時のベルかBIG中のチェリー+ベルを法外にヒイて惑わせてよ。今の時期なら許すから(笑)。

というか、コレ計算して思ったんですが、ベルは設定1でも1/10.37なんで、2666Gで257回はヒケるハズなんですが、実際にヒケたのは223回。30回以上も少ないです。これだけで6000円くらいの損失なのか……もっとも、その分はRTで帰ってきやすくなってはいるんですが。


どのデータにも言えることですが、こんな少ないゲーム数では小役が落ち着くとは思いません。ただ、このホールのこの台だから大丈夫! といった「打つ理由」が見つかっていない状況で打ってるんです。打つ理由があるなら、多少数値が悪くても、もうちょっと様子を見ますよ。キツそうだな……と思ってるからこその早い見切りでした。

それにしても、7台打ってカスリともしないとは。完全にホール選択を誤り続けた(複数日のデータなもんで)といえるでしょう。そういう時は、当たり前ですけど結果も伴いません。それでも1万円程度の負けで収まっているのは、やはり23枚を筆頭に120枚などと細かいコインを流し続けたからです。流してないデータのも、残りはタバコやジュースにしてましたし。

『スカイラブ2』雑感

そんな情けない実戦しかできなかったんですが、初打ち&取材時の『スカイラブ2』雑感でも。最初に悪いほうから書いておこうかな。個人的に初代から変わって残念だったのが2つあります。

1つは、逆押しがなくなったこと。初級者の人と明確に差を付けられるポイントが(私にとって)減ってしまいました。発表会の際に、メーカーの方が私を見つけるなり「すみません、逆押しは効果がありすぎました!」と仰ってたので、初代の逆押しはメーカーの想定以上だったんでしょうね。しっかり逆押ししてた人は、自信を持ちましょう(笑)。

もう1つは、BIGの赤or青の比率が同じになったことです。今回のデータくらい小役確率が悪くても、初代だったら青BIGが続くだけで様子をみたくなってしまいました。せっかくの面白い機種なんですから「騙されても良いから、打てる理由」ってのが、もうちょっと欲しかったかなぁ……と。あと、ハタから見てても、あの台は設定ありそう……とか推測できましたし。

RTの突入率が下がったことに関しては、初代よりもボーナス主体になったと考えれば、全然アリでしょ。通常時のベースも微妙に上がってますし、ボーナスの獲得枚数もアップしてますし。そういうゲーム性と捉えるのが一番です。

マイナスイメージを持ったことを先に書きましたが、逆に初級者の人にとっては、これがプラスポイントになったりするわけです。前作よりも遙かに「順押しでも」上級者に差を付けられないんですから。右リールでスイカを取りこぼさなくなったのもそう。CB中の目押しだって、もの凄く簡単になりましたし。

だからこそ、どこで差を付けよう? というと、ホール選びと台読みになります。それを失敗したと思ったら、早い見切り&セコくても流す心構えで負債を減らすことでしょう。もっと綺麗になった液晶演出も、良い台ならより多くの当たりとなってくれるわけです。

という失敗した時の例しか、今回は書けませんでしたが、早いとこエンディングBIGを見たいなぁ……と。今のところスカイゲームファイナル4回でBIGをヒケてません。さて、またホール選びをイチからやり直しだ。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る