コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『スカイラブ2』vol.2  
 

実戦データ
店舗名 都内S店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 スカイラブ2 〜再会の空〜
投資 ゲーム数 ボーナス
データ:1
2K(45RT
86ヤメ(36枚)
1K11CB:青青赤
1K92BIG:赤
45BIG:赤
(3RT
70CB:青青赤
(122RT
166BIG:青
4BIG:青
18BIG:青
90BIG:赤
71BIG:青
188CB:青青赤
(4RT
(52RT
100BIG:赤
(102RT
258ヤメ(1230枚)
データ:2
3K99CB:青青赤
(104RT
5K(356RT
13K1025BIG:青
(111RT
(153RT
1K289BIG:青
4K17CB:青青赤
98CB:赤赤青
(130BIG:青
180CB:青青赤
230ヤメ
総ゲーム数:3137G
BIG:11回(1/285.2)CB:7回(1/448.1)合成14回(1/174.3)
総投資額 30000円
総獲得枚数 1266枚
換金額 25000円
収支 -5000円

迷い

大それたスペックではないですし「設定6をガシガシ入れるとは思えない」という時点で、思考は慎重になっていきます。前回のデータもそうでしたが、なんせ1000G以上回してベル確率が1/10以下になったことすらないんですから。

そして今回も。データ1は、最初の狙い台が設定据え置きだったのでヤメ(上げ狙いでした)。2台目は、約1100GでBIG8回と凄まじくヒイてはくれました。ただ、それだけに増えたBIG中のサンプルでは、チェリー+ベルが10回で1/24。通常時のベル確率も1/11.75といずれも設定1以下。

狙い台ではまったくなかったんですが、1台目を失敗した後に設定変更の有無を調べよう……くらいだったんですが、いきなりボーナスをヒイてしまったため、何の安心材料も得られませんでした。BIG中のチェリー+ベルだけでも良かったら続行したとは思うんですが。翌日にデータを確認してみると、その後は凄まじくハマった模様。低設定のヒキ強だったんでしょう。

で、その確認がてらの翌日がデータ2です。うーん、上げるならコレかなぁ……くらいで、データ1の日よりかは自信なしの狙い台(データ1もハズしてるんですけどね)。これがまた、通常時のベルが落ちまくるんですわ。あっさりストレート1000Gハマリを食らいましたけど(笑)。

1124Gの段階でベル118回(1/9.53)。しかも、このBIGでのベル+チェリーは5回! 高設定でヤラかしちまったか……と、当然続行します。その後もベルはヒクんですよ。持ちコインが壊滅した1938Gの段階で、ベルは215回(1/9.01)。ただ、ボーナスがまったくついてこないんですけどね。BIG中のベル+チェリー確率も1/11.25。前日のようにボーナスをヒケていたら、高設定を確信してニコニコ回していたことでしょう。

続行すべきか、ヤメるべきか。携帯をポチポチ押して計算しながら考えます。一応は上げ狙いの候補で、設定変更されたような挙動もしています。ただ、前日も狙い台はハズしてますし、設定1が設定4くらいになった程度なのかもしれません。

たかだか26本の負債、されど26本の負債。前日のようなボーナスの連チャンで取り返せなくはないんですが、そんな期待をして良いのか自問自答します。……で、結論はヤメ。

失敗

そもそも「設定6をガシガシ入れるとは思えない」という大前提からのスタート……これが間違ってました。どうせ小役に騙されるんなら、確実に設定6を使ってくれそうなところでないと。朝イチの抽選の弱さには慣れきってるんですが、じゃぁ抽選のないホールでも……と安易に考えてはいけないくらい『スカイラブ2』の経験値も圧倒的に不足してました。なんせ、1000G以上回してベル確率が1/10を切ったのが1台だけですし。

確かに初代は「中間設定でもなんとかなる」と自信を持ってました。ただ、それも初級者と上級者では圧倒的に差が付くスペックだったこともあって、簡単に中間設定以上を見つけられるという環境。そして、自分はスペックをフルに引き出せるという優位性の上に成り立っていたんです。そのイメージをそのまま2代目に持ち込んだのが失敗でしょう。

暴れて当然の小役確率で右往左往する始末。他にすがるモノがないというのも一因ですが、それにしても頼りすぎ。小役を数えつつ……の最近の主戦『エヴァ約』を打つ時は、ここまで小役確率にナーバスになってません。それ以上に狙い台の自信度とかのほうに気を遣ってるんで。そんな自信度がまったくない中でも、なんとかなる……と思ってた自分が恥ずかしいっす。

2000G弱回してベルが1/9.01の台をなぜヤメる? 続行して当たり前! と思う人もいるでしょう。でも、それ以上にホールに対する信頼が持てなかったんです。っつーか、初手を2日間もこのホールにしたことが最大の失敗だったんです。

もちろん、手順はベストを尽くしてはいますよ。中押し白BAR狙いで、上段に青7がスベってきたらボーナスブッコミ狙い。スイカ後やアツ目の演出発生時は、逆押し枠上青7狙い(その場停止で唯一見抜けない赤赤青をフォロー)で1G。ただ、それくらいで初代ほどの優位性は築けないっすね。

思い返してみると、初代も収支が向上したのは導入から時間が経ってから。ここ2週間は焦ったように打ってみましたが、もうちょっと冷静に観察してみることにします。ただ、1つ言えるのは……『スカイラブ2』でお客さんをトバしちゃってるところは、ホール自体の信用がない証拠ですね。

で、信用のあるところでは朝イチの抽選で敗れる……と(涙)。



【編集部からのお知らせ】
ファン待望の萌えグッズ ラブちゃんの全身タオルが登場!

スカイラブ2 ハイパータオル(全身ver.) (3000円・税込)
※携帯サイトからもお買い求めいただけます

text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る