> > 『パチスロうる星やつら2』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロうる星やつら2』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 しまった、出遅れた。先週末に『うる星やつら2』を初打ちしたんですが、もっと早く打っとくんだった。……といっても、スペシャルなネタがあるわけでも、行きつけのホールとかが「お祭り」状態なワケではありません。

詳細解析がまだ出ていないので、自分で探る楽しみがバリバリ残されてるじゃありませんか。スペレポでもチラっと書いた私の楽しみかたなんですが。でも、正直「探りたくなる要素なんてナイんだろうな」と思ってました。

発表会にも取材にも行ってなかったので、完全なる初打ちが先週の金曜日。等価交換のホールで中間設定くらいの確率で放置されている台があったから……なんですが、打ってみてビックリ仰天。「ベベリ」からプチRTに入ったり、入らなかったりする! やべぇ、こんな面白いことになってたとは。

すみません、舐めてました。「ベベリ」から高確率50%って、ランプが付くかどうかの演出上の問題だけで、プチRTに移行するor移行しないの2択だと思ってました。うん、興味津々。

そんなわけで、今回書く内容は、勝率を上げることには一切関係ありません。おまけに、超マニアックで難解だと思います。ごめんなさい。おまけに、検証したいためだけで空き台に座ったので、当たり前のように負けてます(屍)。


あっ、先に「打てる台」を増やす方法だけ。『桃太郎電鉄』と同様に、ボーナス成立後から揃えるまでにたくさんのゲーム数がかかります。したがって、台上のカウンタを見る際は「最低でもボーナス回数×5G」分だけ総回転数から減らしてください。普通に打ってる人だと1回につき10G差し引いても良いくらいです。

設定6を上回るようなボーナス確率の台じゃないと……という人で、この成立後に打たされる分の考慮ができない人は、一生打てる台が見つからないと思います(笑)。それどころか、設定6の確率で当たっている台を捨てることになるかも。ちなみに、私のデータはボーナス成立ゲーム(と思われるところ)で切ってあります。そうしないと、その台の正確なボーナス確率はわかりません。

あとは、ボーナス察知必須。成立後のゲーム数を減らすことが、勝利への最大の近道です。スイカが15枚とデカいので取りこぼさないことと、BIG中の枚数アップ打法は、必須を通り越しますけど。


で、ここから先に書くシステムは「もし、こうだったら……この瞬間アツくね?」という願望を含んでいる予想です。間違ってたらゴメンナサイ。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る