コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

アイムジャグラーSP  
 

実戦データ
店舗名 都内N店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 アイムジャグラーSP
投資 ゲーム数 ボーナス
《アイムジャグラーSP》2941ゲームBIG14回 CB16回
10009BIG)チェ同時
141BIG)チェ同時
15BIG
141BIG)チェ同時
106BIG)チェ同時
51CB
432CB)チェ同時
111CB
103BIG
69CB
270BIG)チェ同時
133CB
32CB
163BIG
23CB)チェ同時
496BIG
29BIG)チェ同時
195BIG
446CB
64BIG)チェ同時
8BIG)チェ同時
105CB
20CB
47CB
89BIG
98CB
320CB
77CB
196BIG
159CB
26BIG
327BIG
114BIG)チェ同時
73BIG
93CB)チェ同時
700ヤメ
5481
5481ゲーム確率分母
BIG19288.4736842
CB16342.5625
ブドウ9245.931818182
チェリー15535.36129032
総投資額 1000円
総獲得枚数 182枚
換金額 3500円
収支 2500円

新台なんて……ね

数日前からホールに張られる「●月●日・新台××入荷!」なんてチラシを見たら、もう高鳴る鼓動を押さえきれずに来たる新装開店日に向けて雑誌などを読みあさって予習を繰り返していたのは遙か昔。今では新台が入る……なんて情報を得たら、できればその日の前後、そして当日も「回収される可能性の高い日」としてそのホールには近づきたくもなくなるくらい警戒心を強めてしまっています。そのくらい新装に期待できなくなってるからね、今は。

連休明けのこの日も朝イチにやってくる数々のメールの内容はどこも似たり寄ったりで、『ガンダム』『アイジャグSP』の新装情報ばかり。正直新台には全く興味がわかないので、その中でもちゃんと「いつも通り設定を入れてます」的な内容のホールをチョイスして向かうことに。ただし、こうなることが予想されたのもあってこの日は前日の下見ナシのホールでの稼働になるため、朝イチにムダ銭を使わなくて済むよう、昼過ぎからの行動を取ることにしました。

店に入ってまずは、『ツインエンジェル』、『北斗・将』、『もっと楽シーサー』あたりをチェックして、打てそうな台を数台チョイス。ただ、それでもまだ気合いを入れて回すには理由が弱い台ばかりゆえ、最悪これらの台を誰かに粘られて出されたとしても良いという覚悟を決めて、見に回ることに。さて、この店も『ガンダム』こそ導入されていないものの、『アイジャグSP』はキッチリ導入され、朝イチからフル稼働だったことが見て取れるそのシマ。

もともとそこそこジャグ系の台数の多い店だったのでこれから長く使われることが確定している『アイジャグSP』なら、ヒョッとしてそこそこの設定を使っているのかな……なんて思いながらシマの端で様子を伺っていると、なんと目の前で最もボーナス確率が優秀と思われる台が空き台になるじゃないの! データをチェックすると2941ゲームでBIG14回のCB16回……正直新台に座るなんてほとんど想定してなかったんだけれど、このデータでは見逃すわけにもいきません。だってどう考えたって設定は6、悪くて5。先ほど狙いを定めた数台を見に行くとハマっていたりそこそこ当たりが付いていたりで全てが埋まっていたのを確認し、この『アイジャグSP』を打ってみる覚悟を決めました。

設定推測……は?

メーカーから発表されたと思われる『アイジャグSP』の機械割をチェックすると、設定6で105%チョイ、設定5で103%チョイ。正直欲しい機械割には遠く及ばないけれど、設定1を数台打たされた後に110%の設定6にたどり着くよりは遙かに安定感があるし期待度が高くなる可能性もありますからね。それに何より「初打ち」によってこの機種を「体感」しておきたかったというのが大きな理由。このご時世、まだまだスロはジャグ系以外キツい状況下ですから、これからお世話になることも多いだろうしね。

というわけでほぼ設定6を決め込んで座ったわけですが、問題なのはこの機種……最速を謳うサイトなどをチェックしても、まだ小役確率等が発表されていない。『アイジャグEX』と比較して異なる点は、BIG中の獲得枚数が13枚ダウンしたこと、そしてボーナス確率が若干アップしていること。ここまではわかっているのだけれど、肝心の「ブドウ確率」が明らかになっていない(この新装初日の時点では)んですよね。『アイジャグEX』以降のジャグ系はことごとく小役確率は「全設定共通」をキメ込んでいたために、この『アイジャグSP』でも全設定共通の可能性はあるけれど、さっき書いた2つの相違点を加味して設定5と6の割の差を考えてみると、やっぱりブドウ確率には設定差があるんじゃないかと。

まぁ、あとはちょっと裏を読むカンジではあるんですが、新装初日であってもメイン基盤くらいソッコーで解析が終わるはずなのにその数値が出てこないってことは……多分「メーカーサイドで規制をかけている」んじゃないかなーなんて読みもあったりしますが(笑)。初日から「6じゃないからヤメヤメ」なんてされちゃあ、ホール側もメーカー側も堪りませんからね。

さて、そんな想像……もとい妄想で打ち始めたこの台ですが、いざブドウをカウントしてみるとこれがまたスゴい数字で落ちるの何の。前半から中盤までずーっと1/5.5をキープ。後半若干落ちてきてはいたものの、もともと設定6だと決め込んで打っていたわけですからこりゃテンションも上がります。しかし……ボーナスが付いてこない。序盤こそBIGだけはシッカリと引けていたものの、CBが弱い弱い。んでやっとこCBも追いつき始めたかな……と思ったら、今度はBIGが引けない。いつまでたってもコインが箱に入らない展開にヤキモキ&イライラ。

まぁ前任者が2000枚近いコインを持ち帰ってますからね……オカルトチックに言えば「多少収束しても仕方ない」とは思って回してるんですが、単独BIGとチェリーCBが引けてない展開だと、「ヒョッとしたら低設定!?」なんて思い始めちゃったりして……。まぁそれでも大きなハマリはなくコンスタントに当たっていたから折れずに打てていたのですが、なんと最後の最後、閉店間際にストレート700ハマリ……気が付けば個人のBIG確率は設定2、CB確率は設定3〜4という、何とも微妙な結果に終わってしまいました。

普段は設定発表もあるホールなんですが、やはり新台は特別扱いなのか発表台は一台もナシ……この浮きの2500円は果たして「設定6のブドウ」だったからこそ浮いた2500円なのか、はたまた偶々なのか……前任者と合わせたトータル確率は設定6以上なので一応予想設定は「6」としておきますが、結果は解析が出た後にわかりそうなカンジですかね(笑)。

あ、もしこのコラムがアップされる金曜日に、全ての数字が各サイトや雑誌で明らかになっていたら……今回のコラムはなんだか申し訳ない雰囲気になりますが……。それはそれで……ご了承ください(笑)。


【編集部からのお知らせ】
ぶどうの数をポチポチ数えるシーズンになりました!(一年中ですが・・・)

最強小役カウンター カンタくん2SP ブラックラメver.(2200円・税込)
究極攻略カウンター 勝ち勝ちくん 2.1(2200円・税込)

※携帯サイトからもお買い求めいただけます

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る