コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

新世紀エヴァンゲリオン〜約束の時〜  
 

実戦データ
店舗名 某県某店
換金率 ないしょ
遊技ルール -
機種名 新世紀エヴァンゲリオン〜約束の時〜
投資 ゲーム数 ボーナス
投資ゲーム数ボーナス
《新世紀エヴァンゲリオン〜約束の時〜》
6000277青BIG)チェリー
4000361赤BIG)1枚
0ヤメ
《新世紀エヴァンゲリオン〜約束の時〜》持ち玉移動
21REG)チェリー
184青BIG)チェリー
59黄色BIG)強スイカ
342赤BIG)チェリー
66REG)チェリー
19REG)スイカ
617青BIG)覚醒リプ
211青BIG)チェ
66REG)強スイカ
748青BIG)暴走リプ
99黄色BIG)スイカ
52REG)単独
282REG)チェリー
619REG)1枚
2000279赤BIG)チェリー
73赤BIG)チェリー
8)暴走モード
9)覚醒モード
313黄色BIG)チェリー
250青BIG)1枚
192REG)1枚
348REG)チェリー
151青BIG)チェリー
298青BIG)チェリー
695黄色BIG)チェリー
38REG)1枚
245赤BIG)1枚
4000906REG)1枚
130REG)チェリー
2000244ヤメ
8185
2台目通常時小役確率
総ゲーム数7547
ベル9807.701020408
スイカ12261.86065574
チェリー12062.89166667
2台目BIG中小役確率
総ゲーム数563
スイカ3715.21621622
チェリー1537.53333333
1枚役3715.21621622
総投資額 17000円
総獲得枚数 0枚
換金額 0円
収支 -17000円

連敗の内訳

まぁカエル君に関してはいいんですよ、ぶっちゃけメチャ楽しかったし。今度のカエル君は「今度こそ」完璧な出来栄えですな。チェリーを狙ってないと設定が読めないところは若干もったいない気もするけど、それはそれで攻略の一つだと思えば黙って実践できるし。設定が高いことがわかりきってから思いっきり適当打ちを開始するのも、ある種の開放感を感じる瞬間と捉えれば、前作の設定判別後……に似てるかな。掛かる時間は「ン十倍」だけど。

さらにリールに関しても良くできていて……って!! 『ニューパル』の話をしにこのコラムを書いてるんじゃなかった、問題は「その他の2敗」の話なんだった。カエル君のお話は話し出すとメチャ長くなりそうだし、面白さ云々は俺の中ではどうでもイイ話。このコラムで大事なのは「立ち回り」に関することでしょ、ってなわけで、話を本題に戻しましょう。その他の負けの1敗目は『巨人4』。この日は立ち回ったというよりは、夕方ホールに顔を出したらすでに確定台を打っていた知り合いに『クレ落ちして5以上が確定した巨人』を教えて貰って打っただけなんですが、これがまた5以上とは思えないヒドい展開でして。

まずは打ち始めてすぐに引いた「BIGでBAR揃い×1」。ここで突入するARTが2連した時は「お!ラッキ♪」くらいにしか思っていなかったんですが、次に引いたBIGでの「BAR揃い×1」時も2連……。この時点で「なんとなく」ではありますが、設定6を否定。まぁ朝イチ一発で高設定がわかるクレオフ台ですし、もともとボーナス確率も悪かったんで設定5にしか期待していなかったんですが、ボーナスがいっこうに当たらない展開に。
もともと確率が悪かった上に、自分が打ってからもここまで当たらないとちょっと気持ち悪い。さらには、リプ3を引けども引けども高確に上がらない展開も……これもまた、気持ち悪い。それに加えて極めつけは、BIGを引くたびに「クレ落ちする」……って!! これって……「ただこの巨人を客に回させたいだけ何じゃないの!?」

真実を見極める目

「この巨人を客に打たせたい」……ちょっとわかりにくかったですかね。
普通クレ落ちイベントっていうのは朝イチのBIGで「クレ落ち=高設定」をその時に打っていた客にだけ告知するイベント。その時に店員さんがやってきて「次回BIGからはクレ落ちしないように」処置をして渡すのが普通なわけです。そんな中、その処置をしないで台のエラーだけを解除してまた次回のBIG後もクレ落ちする状態を作る……ってことは、この店は「例えその台をヤメていった客がいたとしても、次に打っていた客にもクレ落ちを見せたい」ということになります。まぁこれを「親切な店ですね〜」と捉えることもできるわけですが、そういう都合の良い考え方しかしないようであればそれは「養分」の一歩手前。勝ちに徹している人間がこの事実を目の前にした時感じる事はただ一つ……

「このクレ落ち、ガセなんじゃねーの!?」

ってこと。もちろんそこには、さっき言ったような打っている巨人の辿ってきた「展開」も付け加えてのこと……という部分もあります。ただ、基本的に「カンタンに店を信用しない」ことこそ勝っていくためには十四なんだと思うんですよね。もちろんこの「気持ちの悪い巨人」は飲まれた時点で投げ。前半の設定差のない部分での良い展開(BAR揃い)に恵まれたこともあって負け金はチョビットで済みましたが、ここ最近で使えるホールかも……と睨みはじめていただけに、早速の暗雲がたちこめつつ……本題の『エヴァ』です。

このデータの『エヴァ』を打った日、なぜそういう経緯に至ったかは長くなる上に今回のコラムの主旨とは離れているので割愛させていただきますが、実は「この日はエヴァが全台56になることは間違いない」と読んでいた日でした。ただしそれはあくまで「店が後に発表するイベント内容」としての認識でのことで、「ホントに設定56だけが使われているかどうか」は、前回の『巨人』の事もあったので疑心暗鬼でしたけどね。事実、一応全台56だと思って打っているのに、通常ベルが微妙になった段階で台移動もしてますし(笑)。

……で、自分の打ち続けた台は通常ベルこそ優秀だったから、そして明らかな6があったから粘ってみたものの、ボーナス中スイカ、通常レア役、そして肝心のボーナス……全てがダメダメな展開。もちろんこのくらいの展開は設定56でも充分にあり得る数値だから玉のある限りは続行してみたんですが、何よりもダメだったのが、「明らかな6以外の台」の展開。なんとその6以外、全ての台がマイナス……なのに加え、自分の台も含め、チェリーで重複するデカBIGはほとんど「青7」……。

全台設定56でチェリー青が多くて、しかも通常時・BIG中共にダメダメ(もちろん周りもカウントはしてましたよ)って……明らかに『ガセ』ですよね(笑)。自分の台は最終的に設定4が最も濃厚な数値に落ち着いたものの、仮に4を入れていたとしたってガセはガセ。『巨人』で感じていた不穏な空気が、ここで明らかなものとなるのでした。

お盆明けからの3連敗はまぁ……これで納得の範囲ではありますが、ガセ店で2回も稼働してしまったことがホント時間の無駄だったな……と猛省。しかしちょっと出てないだけで「あのイベントはガセだ」という誤った情報がすぐに流れがちな5号機時代において、自分の目で、そして体でガセを見抜いたことは今後の立ち回りにも大きく生きてくるはずです。まぁこのコラムにデータを載せればそれでチャラになるし(爆)、安い金額で良い経験ができたからそれはそれでよかったのかな。

あ、今回は店の情報は一切カットってことで、交換率も載せなかったんですがそこはご了承くださいね(´▽`)ノ

『ピリ辛ワサビ漬け 〜パチスロライター「ワサビ」のブログ』
こちらもよろしく♪



【編集部からのお知らせ】
新劇場版:破の新キャラが早速フィギュアになって登場!その他、エヴァグッズ盛りだくさん!

エヴァンゲリオングッズ一覧ページ

※携帯サイトからもお買い求めいただけます

text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る