コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

毎年恒例の旅打ち  
 

実戦データ
店舗名 長野県N店
換金率 6枚交換
遊技ルール 台移動OK
機種名 機動戦士ガンダムIII 他
投資 ゲーム数 ボーナス
機動戦士ガンダムIII
1K19異色→ART
428
89異色
17異色
26異色
16異色
23異色
19異色
9異色
61異色
48異色
107
30台移動
めぞん一刻2
36BIG:赤
118BIG:青
88BIG:青
374CB:青
9K381BIG:青
201ヤメ
ラブリージャグラー
3K88BIG:赤
79BIG:赤
104BIG:BAR
53BIG:BAR
65CB
31BIG:赤
236BIG:BAR
85BIG:赤
4BIG:BAR
71BIG:赤
294BIG:赤
163CB
251BIG:赤
147BIG:BAR
445CB
19BIG:赤
439CB
157台移動
クラシックジャグラー
172BIG
149台移動
七色未来
144BIG:赤
102ヤメ(783枚)
総投資額 13000円
総獲得枚数 783枚
換金額 13000円
収支 0円

今年も普段と違う機種選択

連れスロの部は、過去2年で日記にしたのと同じホール。設置台数と設置機種数が多く、お客さんは少な目……というか、ほぼいないので、好きな機種が打てるという理由です。勝てるかどうかは別として、勝ちに徹する立ち回りは、どこでも同じになっちゃいますし。とにかく楽しむのみ! ということで、今年も普段のコラムではなかなか出てこない機種を中心に据えてみました。

初手は『機動戦士ガンダムIII』。なんせみんなガンダム世代。テキサスの攻防で、シャアがララァを爆風からかばうシーンを見るだけで「シーンの順序が違うだろっ」などと一斉に突っ込む連中です。リーチ目やら手順に一過言ある人間が集まって、レバーをガチャガチャ動かし一喜一憂。

あっさりヒイた異色から押し順4回成功でARTへ。で、見事に500G弱もハマってくれて600枚強を吐き出してくれるオイシイ展開に。その後はウンともスンとも言わず。他の台もウンともスンとも言わず。ホール全体もパッとしないので、新機種くらいしか期待できないだろうと思い、これまたバッチリ世代の『めぞん一刻2』に移動です。

その考え方は正解だったようです。空き台の中から吟味できた私は「ドラマチックタイム? なにそれ?」状態となりましたが、その周りに移動してきた友人は、ポコポコとARTに突入させやがります。ストーリー演出が出たら、当たったも同然ってな感じ。こちとらいつまで経ってもストーリー1のままなのに(笑)。

ARTの突入などに設定差が付けられているのは明白な機種ですし、自分の台だけ絶望感がプンプン。友人2人が「約束」を見せてくれたところで、泣きながらギブアップです。

勝ちに行ってるワケでもないし、昼の13時くらいで10本の負債は問題ないんですが、このままでは宴会開始時刻までいくら負けるかわかりません。2年連続で奇跡を起こしてくれた『リンかけ』もバラエティコーナーに追いやられて、無惨なデータのまま放置されてる始末。

「2.5円交換だから、釘には若干期待が……」とパチ勝負に行った人も、なぜか少量のコインを持ってパチスロのシマをフラフラしてます。うむ、ホール全体から死臭が漂ってますねぇ。

新機種なら、まだ遊べる設定も置いてありそう。そう感じて、もう1つの新台『2027セカンド』をチェックするも満席状態。

1台も出ていなかったんですが、そのうち2人が逆押し消化をしているのだけ確認。逆押し消化はペナルティがあるので、遊べる設定の台を逆押しで殺してしまってるのかな?なんて予想。ゲーム性からして早めの時間に空かない限りダメですが、その2台が空いたら考えることにしましょう。

結局『ラブジャグ』です

……と、ここで打たずに待つのは面白くありません。せっかくだから何か打ちたい。でも、新機種以外の稼働はサッパリ。天井RT保険付きの空き台なんて皆無です。っつーことで、困った時に何とかしてくれるジャグラーコーナーへ。

『アイジャグ』でCBをヒカずに、設定がナイことだけを確認して回るのも寂しい(普段の勝負ホール探しでならアリだけど)ので、BIGばっか当たってもウキウキできる『ラブジャグ』へ。個人的に相性の良い機種というのもあるんですが、これがまた面白いくらい当たってくれます。

でも、間違いなく設定はありません。私が設定のある台を打ったらもっと出ます(笑)。

それは冗談としても、他の台を見ても、他のジャグ系シマを見てもヒドい有様。この台だけ遊べる設定なんて考えられません。最後に『クラシックジャグラー』でもひっそりペカらせるか……というのと、宴会までの時間調整で『七色未来』をチョロッと打って終了。流してみれば、ちょうどチャラでした。

ねっ、パチスロ以外の写真を貼りたくなるでしょ? そりゃ2日目は川下り行くっしょ?


というか、結構ウケるのは、2日目もホールに行くという選択肢が出ないばかりか、議題にすら上がらなかったこと。ホールを見る感覚が同じなのと、打つこと以上に「生存報告」が重要だと、みんな思ってるんですね。

「パチスロ打たなくてもいいんじゃないですか?」 そう悪態をつきつつ、来年も同じように集まって初日はパチスロを打つことになるでしょう。みんな、このメンバーを引き合わせてくれたパチスロに感謝してるんですよ、たぶん。だから、このメンバーで打つことが重要なんです。

全国のホール1軒1軒も、近所の住民にそう思わせられれば、機種の魅力がいくらなくても人は集まるのに。パチスロは目的じゃなく、手段なんですよ……と、最後に深いことを書いてみる。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る