> > 打たずに歩き回る 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

打たずに歩き回る  
text by 佐々木 真
 
機種画像 頑張って打てるホールを探してみても、見つからないことだってある。勝ちに徹するならば、そういう時は天井RT拾いか、打たないのが理想でしょう。

私の場合、このコラムがあるので「打たない」という選択肢はありません。でも、もし普通のスロプー状態だったり、パチスロが単なる趣味だったらどうしているのかな? なんて考え込んでしまいました。


スロプー状態だったら、朝イチの抽選行脚。パチスロで勝つってより「並んでの抽選会」で当面の資金を狙いに行くでしょう。この狙いも軒並みダメホールだらけになったら(並びに見合わない)車で大遠征することでしょう。

もちろん、普通の人にここまでさせる気はありません。パチスロを生涯の趣味と感じるくらい気合いの入っている人は、天井RT拾いがオススメ。良い結果が出た日は飲み屋で一杯。結果が出なかった日も、それほど大きな損害にはならないでしょう。こうやって、複数のホールを見続けるクセさえついていれば、状況が良くなった時に勝負もかけられます。


何を打てば良いかサッパリだから『緑ドン』で一発勝負!

というのもアリでしょう。以前、お盆勝負の時などで「ダメな時期は好きな機種をチョロっと打って、負けても納得して帰る」とも書きましたし。ただ、こんだけキツい状況が当たり前となり、いつなら何が打てる状況になるのかが見えない状態でコレを始めてしまうと、種銭が尽きる瞬間まで一本道になりそうです(笑)。

っつーか、前回のような連れスロでもないのに、そういう運勝負な立ち回りを私がしたらイカン。『緑ドン』の長いデータを載せられる可能性があるのは、明らかな優良店を発掘できて、狙い台を絞れた時のみ!

いや、何かの間違いで打って(触ってないワケではないが)、いっぱいARTが連したら(今まで連したことすらない)日記にすると思います(笑)。ただ、それは「運が良かった」系の日記になるでしょうね。


ただ、そうじゃなく堅実に勝つことを求め続けたいんです。ヒキ勝負でのし上がれるほど強烈な星の下に生まれてないもんでして。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る