コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『もっと楽シーサー』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 もっと楽シーサーG
投資 ゲーム数 ボーナス
《もっと楽シーサーG》
2000円29CB
1000円120CB
31BIG(ゴーヤ)
64BIG
215CB
76BIG(ゴーヤ)
177CB
202BIG
45BIG
70CB
128BIG(チェ)
142BIG(チェ)
81BIG
30BIG
105CB
21CB
26CB
92CB(チェ)
82CB(チェ)
11CB(チェ)
744CB
295BIG
110CB
117CB
60BIG
32CB(チェ)
55BIG(チェ)
331BIG
167CB
92CB
64CB(チェ)
83BIG
85CB(チェ)
34BIG
196BIG
355BIG
330BIG(ゴーヤ)
98BIG
18CB(ゴーヤ)
16BIG
60CB
51BIG(パパイヤ)
170BIG
53BIG
15CB
150CB
82BIG(中チェ)
323BIG
124CB
260BIG
84CB
100CB(チェ)
12CB
87BIG
114CB(チェ)
148BIG
62BIG
6CB
48BIG
38BIG
36BIG
106ヤメ
BIG回数321/223.7
REG回数301/238.6
通常時小役回数
チェリー761/94.2
(同時当選)→14.5%
ゴーヤ301/238.6
(同時当選)→6.7%
パパイヤ12121/5.9
(同時当選)→0.08%
BIG中小役回数
シーサーチェリー281/29.7
揃わずチェリー431/19.3
ゴーヤ271/30.8
ハズレ371/22.5
15枚役11/832
REG中音声変化
ビタ成功37/109→33.9%
総投資額 3000円
総獲得枚数 3489枚
換金額 69500円
収支 66500円

おーおー、スゴい情報網だ(汗)。

さて、そんなホノボノとした楽しいパチスロ日はあっという間に過ぎ、ちょっと間に仕事を挟んだ数日後に、スグに現実の世界に引き戻されることに。なんでも普段ちょくちょく行く店が、ココイチ強めのイベントを行うというメールが届いたんですよね。

普段は毎日のように「今日のオススメ機種」なるものがちょろっと発表されて、その中に4だか5だかの設定が入っているような程度のこの店。もちろん朝イチからスロ客が並ぶようなことはなく、ただ「メチャカンタンにツモれるから」という理由で4とか5でも充分日当が出る機種が指定された時だけ足を運んでいた店なのですが、この日は時間差オープンで各機種に「6」を投入……とのこと。こりゃひょっとしたら10人くらいは並ぶんじゃないかということで、自分にしては珍しく開店の1時間ほど前に店に向かってみたわけです。

すると……いやはや、なんだこの並びは。店の規模に相応しくないほどの並び……まぁそれでもざっと40人くらいでしたが、そもそも設置台数が少ないということもあり、これでも台にあぶれてしまうんじゃないかという人数。なんだよ……ノンビリジックリ6をツモらせてもらおうと思ってきたのに、見たことのない輩でゴッタ返してるこの状況は。

一番多いのはやっぱり「ノリ集団」と思われる若者グループ。もう何時間も前から並んでいた形跡が、敷いてある段ボールと空き缶の数からも想像ができる。確かにネットで何でも調べられる便利な世の中で、自分自身もそのネットによってこの「穴場的なホール」を見つけて通っていたのだけれど、ココイチで開店系に押し寄せられると、さすがに腹が立つわ。ってか自分なんかタマに来る程度だからまだいいんだろうけど、毎日のように来ている常連数人、そして今日のイベントを知らずしていつものように開店チョイ過ぎくらいに入店してきた近所のお客さんはもっと腹立たしかったんじゃないかな。

まぁそうはいっても仕方がない。彼らは数で勝負しているんだろうけど、ピンで打ってる自分にも、この店を知っているプライドがある。絶対……どんな機種でもイイから一発でツモってやるぞと意気込んで、いざ入店です。さぁ、ギスギスしたパチスロの始まりだっ!(笑)。

「全機種に6」……これだけなら結構どこにでもありそうなイベント内容だけれども、この店にこれだけの客が集まったのには理由がある。それは……「この店の機種構成が2〜4台シマ」が多いということ。もちろん全機種に6投入を謳ったということはこういった少数ジマの機種にも6が投入されるということで、しかもハイスペック系の『バイオ』や『カイジ』といったあたりがまさにその少数ジマにあたるというのだから、小僧どもが鼻息を荒くして並ぶのもそりゃ当然。もちろん自分だってあわよくば『バイオ』や『カイジ』……と思って来たのだからね。

しかしこの並びと客層ではこういった機種を確保できないことは明確。そこで並びの最中に考えた狙い台は……マイナー機種。正直スペックも小役等の数値もあやふやな機種も少数ジマとして設置がある店なので、これらに狙いを絞って台を確保することを最優先にすることに。狙うは……『●●●●●●(機種名は伏せます)』と『ゴエモン』あたりかな。『●●●●●●』は設定が読みやすいのがその理由、『ゴエモン』は、不人気ゆえに数台打てる可能性があることと、朝イチの変更判別が効くことが理由。あとは朝イチに数台ある台数の中からどの台を選ぶかだけど、それは普段チョコチョコ顔を出している店ということもあってちょっと自信があるからね。この戦法ならまず、ツモることはたやすいでしょうな、さていざ入店!


若い。

熱気ムンムンの中入店……すると、当然のようにハイスペック系の機種は全埋まり。もちろん予想済みなのでまっすぐに『ゴエモン』のシマに向かおうとすると……これまたハイスペック系である『もっと楽シーサー』に一台の空き台が。もちろんタダ空いているだけという理由では台を確保したりしないが、この状況下でこれだけのハイスペック機種が空いている理由があるとすれば……その瞬間、自分の手は、無意識に下皿に伸びた。そう、過去の履歴を見ると、「俺の目から見れば明らかに一番設定を入れそうな台」なのだ。

人間の心理ってのは結構単純なモノで、とくに朝イチに打つ台を決めて入店しない場合、どうしても「過去の履歴が惨い台」を選びがちになる。例えば2日連続で回数がゼロ回の台なんて、とりあえず根拠がない場合は確保しておきたくなるもの。この日の朝イチの状況もまさにそれで、「座るだけ座っておかなきゃ損」となりそうな『カイジ』とか『バイオ』は埋まってはいるものの、中途半端系の台はとにかく履歴がよろしくない台から埋まっていき、回数がそこそこ、もしくはたくさん付いている台は最後のほうまで敬遠される。しかし……その考えが甘い、甘すぎる。

彼ら開店系の若い集団たちは、毎日違うホールに早くから並んだり数で勝負して、皆均等にそこそこの収支を挙げる。もちろん立ち回り的に間違っているなんて微塵も思わないけれど、この立ち回りをする上では理解しておかなければならないことがある。それは……「自分たちが招かれざる客」であるということ。とくに普段はノンビリした雰囲気のこの店のような場所では、朝イチから並んでいるこういった若い集団を見て、「できれば彼らにツモらせたくない」という心理が働くはずなんだよね。そんな中で率先して選ぶべき台は……言わずもがな「本来なら一番座りたくない部類」の履歴台なんだよ。自分も若い時に経験があるけれど、集団で打っているとどうしてもアツいイベントがあると仲間内でハイテンションになって、冷静に物事が考えられなくなる時がある。しかも「数がいるからバイオの6は確定だし!」とかそういう思考にばかり頭が動き、無駄のない「人の配置」は疎かにしがちになるんだよね。その感覚のスキを縫ってツモった今回の『もっと楽シーサー』の6。出玉的には最後の30分まで苦しい展開だったけど、正直バケ2回目の時点で6を確信する、楽な展開でしたよ。いやぁ、ダテに歳をとってなくてよかった(笑)。

そしてもう一つ。集団打ちで覚えておかなければならないことがあります。実はこのイベントはこの翌日も開催されるとのことで、この原稿を書き終わったら店に飛んでいって並ぶつもりではあったんですが……この日の閉店時に店の前を見ると打ち終わった彼らはそのまま店の前に座り込み……まさかとは思ったんだけど多分……このまま朝まで座るつもりだよ、彼ら(汗)。でもね、考えてみなよ。並んだらその時点で『稼働』なのよ。12時間並んで11時間打って、23時間働いて例えば一人頭2万3000円浮きだったら『時給1000円』だよ。コンビニで……いや、もう言うまでもないよね(笑)。

自分は開店一時間くらい前にフラっといって、一発でツモれなかったら、もしくは台にあぶれたら帰ります。無駄な稼働はしません。家で仕事すれば確実な時給がもらえるしね。パチスロは時給が『2000円〜2500円以上』じゃないと、勝つためだとしたら打つ意味ないよ、マジで。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る