> > 『うる星やつら2』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『うる星やつら2』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 台の購入費用回収フェアも過ぎ去り、なんとなく状況が好転しているように思える『うる星やつら2』。とは言っても、機械割119%になる設定なんてそうそう入らないワケでして。「その日の展開」「そのホールに対する期待度」これらを天秤に計りながら中間設定と思われる台と格闘する日々になっています。

ぶっちゃけたハナシ、設定5を多く入れてくれるなら『エヴァ約』のほうが立ち回りやすかったかな。1枚役とボーナスの同時当選や、小役落ちで一喜一憂できますし、なによりも不発だった日だって天井RT保険付きの台で微妙に負債を回収できます。そのシマにいる優位さが段違いだったんですわ。

しかし『エヴァ約』に戻れば……とは、思えないんです。『エヴァ約』で設定を入れてるところって、だいたいもの凄い台数があって、冷静に考えると「その割に」設定は入ってません。今からピンポイントで狙えるようになるまで頑張っても、その頃には次のエヴァが出てくるような気もしますし(笑)。

『うる星やつら2』は、もの凄い台数のところも少ないので、毎日のように安定して回数が付いているホールとかも見つけやすい。それに加え、破格なボーナス確率を誇るスペックなので、狙い台を失敗した時のリスクも小さいです。

いや、ちょっとこれは語弊があるかな。ダメな台でうっかり出て、打ち続けているうちに違うなと思う。そんなラッキーな勝ちで、普通に失敗した分を薄められる効果もバカにならないんです。前回の日記の1台目は、まさにそうでしょう。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る