コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

青ドン 花火の極  
 

実戦データ
店舗名 某県某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 青ドン 花火の極
投資 ゲーム数 ボーナス
5000214ドンBIG)ナメコ・しだれ柳
58七BIG)ナメコ・しだれ柳
558ドンBIG)ナメコ・しだれ柳
336ドンBIG)ナメコ・ネズミ
14REG)単独
89REG)単独
49REG)単独
40七BIG)単独or特殊役・しだれ柳
111REG)単独
69REG)単独
800)天井
857ドンBIG)風鈴・しだれ柳
176ドンBIG)ナメコ・しだれ柳
64ドンBIG)チェリー・しだれ柳
46七BIG)単独or特殊役・ネズミ
74REG)単独
540七BIG)チェリー・しだれ柳
180ドンBIG)単独or特殊役・V字
376ドンBIG)ナメコ・しだれ柳
559七BIG)単独or特殊役・しだれ柳
115七BIG)ナメコ・しだれ柳
49七BIG)平行氷・しだれ柳
222ドンBIG)単独or特殊役・ネズミ
47ドンBIG)平行氷・ネズミ
183七BIG)単独or特殊役・しだれ柳
71ドンBIG)単独or特殊役・しだれ柳
226ドンBIG)単独or特殊役・ネズミ
727七BIG)ナメコ・しだれ柳
49ドンBIG)単独or特殊役・しだれ柳
237REG)単独
131ドンBIG)ナメコ・しだれ柳
88七BIG)ナメコ・V字
315ヤメ
6870
確率分母
総ゲーム数6870
BIG24286.25
REG7981.4285714
通常時ベル8288.297101449
BIG中ドン15枚8.945945946
総投資額 5000円
総獲得枚数 1611枚
換金額 32000円
収支 27000円

面白さを語る前に

で、その面白さを自分なりに語ろうかとも思ったんですが、書き出すとキリが無さそうなのとりあえず今回はヤメておきます。まぁこれから半年……いや、一年以上はこの機種に頻繁にお世話になるでしょうし、そういうときに小出しにしていければいいかな……と。それよりも何よりも『新生青ドン』について今、考えなければならないのは、楽しく勝ちながら打っていくための「立ち回り」のほうかな、と。さっきも少し書きましたが、その客付きの良さと低設定域の機械割の低さもあってか、ここのところそこそこの設定が入るようにはなってきましたしね。

実はこの機種の立ち回りは未だ、確立できてはいません。というのも現段階では立ち回りに必要な数値の中で、まだ不明なものが幾つかあるんですよね。それは……

●BIG中の小役確率(ドン15枚出現率&1枚役確率)

●BIG終了時の花火選択率

この2つ。花火の選択率はまぁサブのほうの話ですからまだ数値が出ていないとしても(出ていると思いますが)、BIG中の小役確率なんて、本来ならすぐに弾き出せる数値。それにもかかわらずいまだに不明と言うことは……まぁ「大人の事情」でしょう(笑)。これら2つの要素を見ていれば、まだ明らかにさせたくないほどに設定が丸見えになるのかは不明ですが、体感的には小役確率はともかく花火の選択率……は「前作の葉月or親方BIG選択時」の流用で良いように思います。細かい数値が云々ではなく、「奇数設定はネズミが出やすく、偶数設定はしだれが出やすい」といった意味合いで……ですけどね。

そこにボーナス確率や単独の出現率などを絡めていけば、おのずと設定が見えてくるように思いますが、やっかいなのは今回は「6段階設定になった」という部分。前作はネズミ頻出なら「1 or 6」、しだれ頻出なら「4 or H」。そこに「設定1でも甘すぎる」&「Hじゃなきゃ出る気がしない(笑)」というスペックとホール状況を考えたら、必然的に打つべき内容の台を選びやすかったんですが、今回は「1はかなり辛い」イメージなので、ちょっとした優良店なんかだとベースの設定を「2」にする可能性も出てくる……そこがちょっとやっかいなんです。

しだれ頻出でも要注意!

言うまでもありませんが、もちろん狙いたい設定は「6」。悪くても「4」。だから偶数設定らしき挙動は最低でも欲しいと言うことになりますが、低設定のスペックが甘いせいで「ベースを下から2番目の設定の4にはできなかった前作」と比べて、今回は設定2(2でも期待値マイナス)を掴まされてしまう危険性も出てくるわけです。これが恐いんですよね。

今回のデータを見てください。まぁナメコからのBIGをけっこう引いてくれたおかげで収支的には十分プラスですが、通常時の風鈴確率やREG確率何かを見てみると……明らかに設定2っぽい挙動。設定2の機械割は100%を下回ってますし、もちろん打つべき設定ではないのですがそれでも今回打ち続けた理由は……「イベント内容的に考えてどう考えても4」と思う根拠があったから。この台が2だとすると、このホールは『青ドン極』で利益を取るつもりが無いといえるくらいの高設定投入率だったことと、ダメな台はネズミが頻出していた……これだけの条件から設定4を読み切れたものの、普通の状況下でこのデータの台を打ち続けるのは危険極まりないでしょうね。

肝心の風鈴確率も設定6がズバ抜けている以外は大差がないし、「これは勝てそうだ!」なんて思っていたこの機種も意外と手こずる要素が多そうな印象。しかも下手に面白いからつい妥協してダラダラ打っちゃいそうなんで、この機種でしっかりと立ち回るには判明していない2つの要素の詳細と、強靱な精神力が必要……もしくは「完全に設定6狙いのみでベル重視」の2択になりそうです。……って書いてたら自分向きじゃない気がしてきた(笑)。強靱な精神力……これが無理。タバコ一個分だからもんのすごく注意して打ってたのにもかかわらず、今日も1回、やっちゃいましたよ氷コボシ(汗)。クラシックモード、面白いんだけど、氷をコボしやすいのが難点だよね……。氷なんか気にならないぜ!! ……って言えるくらいの設定6、早く打ってみたいなぁ〜。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る