> > 『アイムジャグラー』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『アイムジャグラー』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 『青ドン 花火の極』の状況がなかなか良くならず、『ウィンちゃん』の状況は最初よりも悪化。ふと気付けば、また勝負できそうなホールがなくなってました(汁)。

普通なら新しめの機種を1日くらいは打てそうなもんですが、この状況で打つと自己嫌悪に陥りそう。そんな風に思ってしまう時は、勝負すべきじゃないと思ってます。マイナスイメージを持っているところで打っても、新機種を素直に楽しいと思えない確率が上がってしまうんで。

そんな事情から稼働した3日間とも、ほぼジャグ系しか触っておりません。安心と信頼のジャグブランド。困った時のジャグ頼みってのは、パチスロ収支的にはまったく問題ないんですが、コラムを書くには大問題です。だって、もうネタないもん(笑)。


見ているホールの状況が良くなさそうということで、必然的に勝負は昼過ぎから。ボーナス確率をチェックしながら「打っても良さそうな台」を探すと、どうしても『うる星2』や『桃鉄』あたりの合成確率の高い機種のほうが目に付きます。それでもジャグ系は最後に見るようにはしているんですが……

2軒目のジャグは、右から低設定、低設定。1つ飛ばして低設定。1つ飛ばして……ああ、今日も打てそうな台を見つけてしまいました。約1200GでBIG7回CB5回。なんでヤメたんでしょう? なんで誰も座ってないんでしょう?

きっとブドウ確率が悪くて設定6じゃないことを見切られたに違いありません。でも、座ってみます。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る