コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『スペシャルオアシス』  
 

実戦データ
店舗名 某県某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 うる星やつら2
スペシャルオアシス
投資 ゲーム数 ボーナス
《うる星やつら2》朝イチ台
300077BIG
42BIG
469BIG
255BIG
86CB
158BIG
52CB
97CB
75BIG
115BIG
305BIG
210CB
158CB
198BIG
211ヤメ
《スペシャルオアシス》202ゲームBIG0回 CB1回へ持ち玉移動
56CB
15BIG
183BIG
30BIG
17BIG
61BIG
76BIG
279CB
96CB
183BIG
106BIG
41CB
95BIG
147CB
116CB
81CB
459CB
32BIG
208BIG
224BIG
421CB
390BIG
109BIG
130BIG
311BIG
232BIG
177BIG
394BIG
240BIG
43BIG
2BIG
222BIG
10CB
155BIG
153BIG
19CB
180BIG
127CB
90ヤメ
8418
総投資額 3000円
総獲得枚数 2033枚
換金額 40500円
収支 37500円

二台目こそ慎重に選ぶ

そして。パチンコパチスロの専業さんにとってもこの師走は休む間もなくホールを駆け回りたくなる、大切な時期でもあります。というのもこの時期は、「年末年始のブッコ抜き時期に向けて宣伝も兼ねて出す」といわれる時期だから。まぁ不景気ですから? 全てのホールがそうとも言い切れない雰囲気はありますけど、チョコチョコとホールを見て回ってみても、まぁ普段に比べればそこそこ状況が良いホールが目につきます。だもんで打てるときにはしっかりと打って、蓄えを作って……クリスマス過ぎから七草粥を食べるまでの冬眠期間に備える……といった具合でしょうか。

というわけで12月はキッチリ勝つべく、少ない稼働時間を真剣に過ごしております。全開のコラムで一瞬気が抜けた立ち回りをしてしまいましたが、もう大丈夫。キッチリ堅く勝つ……KKK打法(どっかで聞いた?笑)を駆使して、ただ今のところ勝率100%で半月を過ごせておりますが、ちょっと運が味方しているところもあるんですよね、今回のツモりかたなんざ特に……ね。

今回のデータは先週のコラムのデータの翌日のもの。相変わらず朝から低いテンションで『うる星やつら』に座り、安い投資からダラダラされてさらにテンションはダウン。見切りを付けたところで本来なら帰宅したいくらいだったのだけど、全機種対応イベントということもあり少しホールをぶらついてみることに。時間帯は午後2時過ぎ、狙いがスカった今の状態で打つ気をソソられるのは、ボーナス確率が極端に高い台……くらいでしょうか。

よくこういう状態での立ち回りとして「まだ高設定の見えていないシマで掘る」っていう方法を耳にしますけど、こんな立ち回りなんてのは、それこそ「基本的に打っていることが望ましい」テレビのロケなんかだったらまだしも、プライベートでは決してしたくない立ち回りであったりします。だって自分で掘るくらいなら、他人に掘ってもらえばいいんですから。まぁ119%機種ならまだしも、110%チョイの機種の高設定を見つけるために、自らのお金を使うのはあまりにも愚策だと思いますよ。こういう時は現在打っている人の台の高設定が否定されて初めて、まだ動いていない台の挙動を自らチェックする……まぁ状況的に「高設定確率3〜50%以上」くらいが理想ですかね、このくらいの慎重さがないとせっかくツモってもそのときには回収作業に追われることになる場合が多くなっちゃいますからね。

積極的に狙えるライン

まぁそんな気持ちでホールを回ること10分。打てるシマが『アイジャグ』だけっぽい状況の中、ひと機種、気になる機種があったんです。それが今回打った『スペシャルオアシス』です。

実はこの機種、以外と知られていないんですが、実に簡単な設定変更判別方法があるんですよね。まぁ特性上100%見抜けるわけではないんですが、その変更は初BIGを1回引くだけで90%近く見抜けるという優れワザ……だけど設定の打ち直し等で対策できるので、今依瑠このホールの対策具合が分からない限りは危険でもあります。しかし……特別人気のシマでもないこの機種で、いちいち全台を打ち直すような対策、するんかねぇ……という気持ちで、他の台の設定のはいるクセを利用して、上げ狙いの台を確保。とりあえず常連さんに対策について聞いてみるも「分からない」とのことだったので、では自分で確かめるかということで打ってみることにしたんです。もし変更判別が使えるんであれば、今後がかなり有利になりそうですからね。

で、いざ打ち始めてみると、実にアッサリと初BIG。しかも……変更の跡、「アリ」。まぁ普通なら「これは上げなんじゃね」といいたくなるところですが、これは実はあまり喜ばしくない事象なんですよね。というのももしこの台が「変更の跡ナシ」であれば、対策されていないのが明確になるわけですが、変更の跡があると、対策されているのか上げなのか断言できなくなるから。しかたない……ダラダラと打ちながら、他の台の初BIGを待つことにしますか。

しかし待てども待てども、他の台にBIGがかかる気配がない……。ってかそもそも、客が付いてくれない(汗)。それでも自分の台の挙動は高設定のそれっぽいし、普段このお店はこの機種に高設定をよく使っていることはデータから見ても明らかなので、ぼちぼち安心して打ち続けてはいますが、とにかく一刻も早く「確信」したい。しかしながらやっぱり強めのイベントだと、欲にまみれた他のお客さんはスペックの高い機種を打ちたがるからね……。

そして日もとっぷり暮れた五時過ぎ。もう頭上にはキッチリ一箱出来上がっていたこともあり気分的にはどうでも良くなってブンブン回し始めていた頃でしたが、他の台が初BIGを引いて、目が覚めました。そう、変更の跡がなかったんですよね、その台。つまり対策ナシ……自分の台はほぼ「上げ」。この確信のおかげで、後半4時間以上100ゲーム以内の連チャンが無い猛烈なダラダラモードも、何とか心が折れることなく耐え抜くことができましたよ。

設定変更判別が使えて、上げ狙いが効く……このくらいの条件が揃えば、自分から二台目を積極的に堀りにいっても良いラインかな。二台目を掘る作業はなかなか難しいけど、ARTマシンなんかだと朝イチの挙動で変更が読めることもあるし、そういう台の挙動をチェックしてから、自分の一台目を打ち始めることも大切だと思います。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る