コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『青ドン極』  
 

実戦データ
店舗名 都内S店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 青ドン 花火の極、他
投資 ゲーム数 ボーナス
ラブリージャグラー
8K304BIG:黒(先)
126BIG:黒(先)
245BIG:赤(先)
114BIG:赤(先)
239BIG:黒(先)
195BIG:黒
236BIG:赤(無音)
391CB
156ヤメ(0枚)
青ドン極(朝から約300G・前日約400Gヤメ)
2K82BIG:赤
17BIG:ドン
168BIG:ドン
362REG
281BIG:ドン
59REG
164BIG:赤
397REG
41REG
79BIG:ドン
218BIG:ドン
380BIG:赤
112BIG:赤
238REG
157BIG:ドン
81BIG:赤
429REG
102BIG:赤
86BIG:赤
201REG
92BIG:ドン
181BIG:赤
320REG
262BIG:赤
100ヤメ(1853枚)
総ゲーム数4609G
赤BIG9回(1/512.1)
ドンBIG7回(1/658.4)
REG8回(1/576.1)
BIG中の花火内訳
V字3回
ねずみ10回
しだれ3回
設定推測対象小役確率
通常時風鈴1/7.39(約3300Gまで)
BIG中ドン15枚1/6.75
総投資額 10000円
総獲得枚数 1853枚
換金額 37000円
収支 27000円

取りこぼしもイイんじゃない?

実戦内容は最後にみっちりと書きますが、私は目が良いので今回の実戦は小役を一度もこぼしてません。『ラブジャグ』のピエロは知らんけど(笑)。

まぁ、それはそれでどうかとも思うワケで。小役を取りこぼす押し位置の楽しさを調べようとしてない&ギリギリのラインすら攻めてないってことになりますから。そういうマニアックなことを置いといても、打つスピードが落ちてしまうなら、少しくらいは取りこぼしたほうが良いケースだってあります。

例えば、今回打ってきた『青ドン極』。一般的にはハサミ打ちをする人が多いですけど、弱い演出・出目での斜め氷を毎回フォローするのかってハナシになりますよね。おそらく、私もハサミ打ちしたら斜め氷を何回か取りこぼすと思います。

私は、それがイヤなので順押しにして、毎ゲーム上段に「BAR・赤7・適当」と狙ってます。慣れれば、中リールの赤7は見なくてもタイミングだけで押せますし。その「どう打ちたい・どこまで自分ができる・どこからは納得して諦められる」という組み合わせが、人それぞれの個性。なので、読者の方々も取りこぼしにイチイチ敏感にならなくても良いと思います。

○敢えて取りこぼしている
○今はまだ技術が足りない
○今回はうっかりだよー!

どれも「損してる」ことだけ認識してれば十分。わかっていれば、対処を考えられますから。敢えて……の人は我が道を行ってください。私も敢えて取りこぼしてゲラゲラ笑うことあります(笑)。技術が……という人は、ちょっとずつ揃えられるようになればOK。うっかり……の人は、その回数が減るような狙い方を探ってみるべし。っつーか、4号機後半は私もよくうっかりしてました。閉店までに連チャンが終わらないかも?なんて取らぬ狸の皮算用で(汗)。


それから、もう1つ振られたネタを消化しておこう(笑)。ホールの照明が明るくなったのは、ゴト対策と時代の流れの2つかと。とあるホールさんとこの話題をしたことがあって。爆裂AT機やストック機の時は、暗くすることによって非日常を演出して煽る狙いがあったけど、今は遊びやすい機種も多いのでライトユーザーでも入りやすいように明るくした……なんてニュアンスのことを言ってたんです。でも、よく考えたらゴト対策も自然ですね。

と、ワサビさんの日記ネタだけで、ここまでの分量になってしまいました。飲み屋での会話を実況中継してる気分(笑)。

この花火は……!

遅ればせながら実戦の話題に。朝イチは、そこそこ自信のある狙い台が『ラブジャグ』のみになってしまって、やる気なく10:30に入店。やっぱり空いている(笑)。ボーナスをヒク以外にこれといって設定推測要素なし。全台高設定ジマなんていう予測以外では、なるべくなら敬遠したい初手です。

これがまぁ、序盤は先光りでしか当たらん。小役ハズレを楽しみたい『ラブジャグ』なのに、後光りを堪能できたのは2回のみ。そんなつまらない展開で綺麗にノマれたところで、最大の打つ理由「狙い台という自信」もなくなってしまい退散。

2軒目は、お世辞にも状況が良いとは言えないホール。ただ、ここの台上データが実に優秀。過去10回のボーナス履歴が見られるようになっており、それが日をまたいでも有効になっています。つまり、前日のボーナス回数が10回以内の台は、総ゲーム数から引いていくだけでヤメゲーム数がわかるんです。意外と、これ使えるホール多いんですよ。履歴ボタンがあったら、ペシペシ押してみてください。

で、このホールがさらに素晴らしいのは、稼働がほとんどないこと。いや、10回以上ボーナスが付く台だらけだったり、朝イチから当たるまで回されたら意味ないんで(笑)。朝イチ台に敗れた場合、まずこのホールで「ひと拾い」するのが日課になってます。拾ったらあとは翌日に繋がるような良きホールへ。下見の必要がまったくないんで、実にオイシイっす。

この日も天井RTまで推定300Gの『青ドン極』を楽々GET。天井前にあっさりと、単独成立からボーナス。いかん、バケの香りが……と思ったら赤BIG。で、最後の花火が「V字」なんですけど。いやいや、低設定でも普通に出るしなぁ。他はまだ推定500G程度のしかないし。天井まで行ってバケだったと思って打ち込んでみよう。感触が悪かったら100枚流せばイイや。

うん、あっさり斜め氷からドンBIG。花火は「ねずみ」だけど、この2回ともBIG中のドン15枚役が多すぎ。BIG1回分はノマせてもバチは当たらんだろう……で、ヒイたBIGは再度「V字」花火。

低設定で薄いとこを連発でヒイて騙されるんだったら気分も良し。なんて打ってみたら、BIG中ドン15枚役だけでなく通常時の風鈴も優秀。確率的には、あとBIG17回「V字」が出なくても許すっと思ってたら、さらに出た(笑)。BIGは17回ヒケなかったけど。弱かったのは弱氷との同時くらいかな(2回)。それも確率分母は4ケタだし、1回ヒケるかどうかで大きく変わっちゃうので、あまりアテにしてないです。

それにしても、展開に恵まれすぎです。最初にヒイたのがバケだったり「V字」じゃなかったら、間違いなくヤメてました。うん、今までも高設定をあっさり捨ててたのかもしれませんね。高設定を狙うのと、天井RT狙いはまったくの別モノなんで、それは捨てるのが正解。悔いはまったくありません。

「ねずみ花火」が多かったから奇数設定濃厚。それ以外の数値はどれも軒並み高設定なので、予想設定は5。ヘタすりゃスーパー3ってことで。まぁ、5だとは思いますが。5は入れるかもしれないとインプットしましたが……でも、このホールは天井狙い以外はナシだな。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る