コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ニューパルサー3』  
 

実戦データ
店舗名 某県某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 ニューパルサー3
投資 ゲーム数 ボーナス
《ニューパルサー3》847ゲームBIG2 CB2
7000221CB
16BIG
125BIG
135CB
92BIG
76CB
9000604BIG
27BIG
62CB
7BIG
32CB
101CB
492CB
137CB
6000355BIG
103CB
178CB
49CB
6000282BIG
2CB
1000330CB
6000218CB
4000209BIG
104BIG
11BIG
102BIG
68BIG
94CB
448BIG
18BIG
195BIG
168BIG
41CB
62BIG
82ヤメ
390005246
BIG16327.875
CB18291.4444444
総投資額 39000円
総獲得枚数 1155枚
換金額 23000円
収支 日当「プラス12000円」

「設定6=○○」

ホールまでの道のりは約20分。歩きながら改めて台番を確認していると、いつの日もあの男の声が頭に蘇る。台番だけを告げて切るあの声、銭欲にまみれたあの声……汚らわしい。昨夜は結果を報告するやいなや、頭ごなしにアイツに怒鳴られた。

『エウレカの6でなんで負けるの? 信じらんねーよ』

イライラする。今は4号機の頃とは違う。高設定を打ったって、8割9割勝てるワケじゃない。しかも波の荒い『エウレカ』……もっとまともな台を用意してから文句を言えってんだ。

あの頃は良かった。設定6という冠さえ付いていれば打てば万枚、設定5だって充分、しかも取り分は4割。毎日4万、5万という金が懐に入ってくる。たまに展開が悪くてショボ勝ちしかできなかったときでも、今の日当を大きく上回る金を手にできたもんだ。ツラかったのはほぼ毎日の稼働だったことだけ。しかし目の前に『アステカ』に『オオハナビ』に『ガメラ』といった爆裂機の5、6をぶら下げられりゃ肩なんて壊れようがなんだろうが知ったこっちゃないとブン回したもんだ。

『エウレカの6でなんで負けるの? 信じらんねーよ』

店内に入り、主任と目が合う。またあの声がこだまする。

5号機当初はそれでも取り分は4割だった。しかし結果が出ないことも多い今の台の6。日に日に減る身入りにシビレを切らしたんだろう。いつしか犬に与えられるエサは4割ではなく、12000円になった。万枚を出せばプラス5000円。馬鹿げてる。『ニューパル』の高設定で万枚……お前が出してみろよ。

心の中でそう悪態をつき、主任が見ている中、指定された『ニューパル』に着席する。今日も作業が始まる……。

黒い心と黒いガソリン

リーチ目……バケ。リーチ目……バケ。サンドに次々と刺さる金。俺はマシーン。ただただ指定された台を閉店まで回す、マシーン。俺がなんて呼ばれているか知っているか? 周りの客に。ものの見事に『チェリーくん』だとよ。もうバレてるんだよ、何年も前から。周りの冷ややかな視線を鉄でできた体で跳ね返しながら、もう心もパチスロに対する熱も冷めきっているマシーンは、ただひたすらにリールを回す。

マシーンに燃料を与える主任、本人もあの時あの頃の感覚が染みついてしまって離れないんだろう。パチスロのパの字もわかってない主任。分かっているのは自分の私腹を肥やす方法のみ。とにかく新台を入れ、マシーンを使って他の客にエサに見せつけて抜き倒し、客を飛ばしてまた入れ替え……この繰り返し。入れ替えのない時はハデ目な名前だけのイベントを打ち、昼過ぎから目立たないようにマシーンを投入、イベントの信憑性を見せつけ、また周りの設定1だらけの台で客から抜き倒す。『お客様』なんて言葉は知っているわけがない。『客=金』。腐りきった男だ。

マシーンに心があるのならば、すぐにでもこの男を撃ち殺したい。マシーンがマシーンである宣言をすれば、この男の首は明日にでも荒川に流れるだろう。そんな願望はいつの日も持っている。こんな生活、もう嫌だ。明日にでも逃げ出したい。朝、あの着信と一言で電源を入れられるたびに、今日こそは……と回路では思う。

しかしアイツの唯一の利点、金の払い渋りがないことが、このオンボロマシーンのそれを制限する。黙って打っていれば月に30万のガソリン。もう、これに慣れすぎた。オンボロマシーンの思考回路には、もう自分で立ち回る能力はない。これで満足しなければ、明日が恐い。これも長くは続かないだろうという不安で……未来も恐い。マシーンであるはずゆえに存在しないはずの精神は、都合の悪いほうにだけ大きく姿を現してくる。もう限界だ……もう限界だ……そんな暗い思考回路の中で回すリールに、BIG確定のリーチ目など出るはずもない。

今夜もあの声にうなされるのか。

『なんで負けるの? お前、クビにするよ!?』

いっそクビにして欲しい……そう思いながらも、今日もへらへらと笑った声を出しながら謝るんだろうな、俺は。軽油でもいい。ガソリンを与えられなければ、もうこのマシーンは動くこともできないのだから。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る