コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロひぐらしのなく頃に祭』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール なし
機種名 パチスロひぐらしのなく頃に祭
投資 ゲーム数 ボーナス
9K312赤赤青
(11RT50
(69RT50
120赤赤青
104赤赤赤
(6RT50
105白白青
62白白赤
(7RT50
58赤赤青
78赤赤白
(3RT50
(55RT50
(108RT50
159赤赤青
(4RT50
95白白青
15白白赤
(9RT50
60赤赤青
468白白赤
(1RT50
(57RT50
159赤赤赤
(16RT50
(66継続
151赤赤白
(4RT50
(321RT50
492白白青
23赤赤赤
(11RT50
(69RT50
(136RT50
209白白赤
(4RT30
92白白青
263白白赤
(7RT50
111赤赤青
69赤赤青
(9RT50
316ヤメ
総ゲーム数:3521G
同色BIG:3回(1/1173.7)
異色BIG:7回(1/503.0)
REG:11回(320.1)
目押し成功率:97.2%
総投資額 9000円
総獲得枚数 903枚
換金額 18000円
収支 9000円

完走型RTの功罪

1コマ目押しによってRTが確実に50Gになったり、ダメRT(CZまでの潜伏)が250Gに半減してくれたり。そんな目押しに一喜一憂するのが正しい機種ですが、打ってる時は目押し以外のことばかり考えてます。

破格の機械割を誇る要因として、完走型RTがあります。途中でボーナスが成立しても、揃えなければ約0.7枚を増やしながらボーナスを待てる。さらに、BIG終了直後でCZが終了する前にボーナスが成立すると、問答無用で150GのRTを消化することができます。

この完走型RTとは、ボーナスが成立しても前の状態を引き継ぐ機種のみに搭載可能となっています。つまり、通常ゲーム(ダメRT中)にボーナスが成立しても、リプレイ確率をアップできないことになります。

通常ゲームからボーナスが成立したほうが、演出のバリエーションもあるので嬉しかったりします。しかし、中押し枠下白7狙いをしていると、演出を最後まで見届けることなくボーナスの成立に気付いてしまいます。さらに、ボーナス成立後はリプレイ確率がアップしてないので、さっさと揃えることを余儀なくされます。

楽しむために液晶をゆっくり見たい……という気持ちもあるんですが、1コマ目押しをキッチリやって、ボーナスもいち早く揃えることによって成り立つ機械割100%。どうしても、さっさと揃えちゃうんですよ(汗)。

「白7・青7・オレ」の1枚役を捨てて順押し赤7狙いしようと思っても、「赤7・チェ・オレ」の1枚役は狙ってしまうわけで。左リール中段赤7から小役がハズれると白系ボーナス。左リール下段に赤7が停止すると、1枚役フォローのため中リールはタイミング押しでBARを中段か下段に押すことになります。中リールがちょろっとスベって、右上がりに赤7がテンパイしたら赤系ボーナス確定。テンパイしなければハズレ濃厚。

結局のところ、1枚役をフォローしようと思った瞬間に出目マシーンとなってしまいます。いっそ左リール赤7・中リール白7狙いにするべきか……。RTが完走型ではなく、ボーナス成立後にリプレイ確率が大幅にアップするのなら、きっとそういう打ち方にすると思います。

もうちょっと、ボーナスとハズレが同型のほうが良かったかなぁ。演出のストーリーは面白いと思うんで。ただ、設定1でも機械割を100%にするために、完走型RTと出目のヒントを加えたんでしょう。そんなわけで、高設定をちゃんと狙ってきっちり押す。これが私の『ひぐらし』を打つ時のコンセプトになりました。演出はハズレとわかりながら見て楽しむことにします(笑)。

本日の目押し成功率は……

詳しくはメモし忘れたんですが、約3000GでBIG9回(1/340)のREG7回(1/430)という空き台を発見。BIGは設定6並みで、REGは設定1以下。RT中にボーナスが成立した場合は完走させるため、実際のボーナス成立確率はこれよりも高いことでしょう。REG確率は設定差が小さいので気にせず着席。

いつも、こんな感じの座り方をするんですが、バケまみれになって機械割100%は夢のまた夢で帰ることになります。この日も出だしからバケ連発と嫌なムード。まぁ、きっちりヒイてくれることを祈るのみ。淡々と1コマ目押しをやっていくしかありません。

BIG終了直後にボーナスをヒイてプレミアムRTになった時は嬉しかったですし、目押しを失敗した時はガクッとしましたが、機械のような打ち方になってます(笑)。

そんなこんな、この日の目押し機会は36回あって35回成功。

我ながらよくやった!……ということにしておいてください。普段は、もう1回くらい失敗します。私だって生身の人間です(笑)。

大花火』のような機種で、2回ストレートにJACゲームインさせて、最後の小役ゲームだけ1コマハズシを繰り返す自信はありません。ここまで来たらJACインしちゃっても問題ない。そんな時は失敗しないんですが、残りゲームがわんさかある時のラストのハズシ。そんなハイプレッシャーな条件ではミスる確率が大幅アップします。

だから、2回目の小役ゲームをどこまで引っ張るのが良いのか? ということを知りたくなって、いろいろ計算をするようになったんです。簡単に高設定をツモれて、目押しもパーフェクトだったら。きっとこんなにパチスロを考えて打つ人間になってないでしょう(笑)。

ちなみに『ひぐらし』を3000G以上打てた時で、目押しを1回も失敗しなかったことは、まだありません。平均すると95%ちょっとかな。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る