コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『アイムジャグラーEX』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 -
遊技ルール -
機種名 アイムジャグラー
投資 ゲーム数 ボーナス
《アイムジャグラーEX》
200枚107BIG
13BIG
205BIG
81BIG
136BIG
8BIG
36BIG
254ヤメ
《アイムジャグラーEXへ持ちコイン移動》
48BIG
108CB)チェリー
35BIG
50BIG
76BIG)チェリー
4BIG
162CB)チェリー
60CB
597CB)チェリー
54CB
250CB)チェリー
24CB
80CB)チェリー
86BIG
70CB)チェリー
30BIG
55BIG
48BIG)チェリー
318CB
149CB
62BIG
73BIG
422CB
54BIG
148CB
119BIG)チェリー
52BIG)チェリー
197BIG)チェリー
74CB)チェリー
336CB
396CB
63BIG
154BIG
313CB
122BIG)チェリー
195BIG
606CB)チェリー
70CB)チェリー
368BIG
230CB)チェリー
205ヤメ
7403
総投資額 200枚
総獲得枚数 227枚
換金額 -
収支 プラス27枚

違う角度から流れを語る

さて、そんなサッカー云々のお話はきっと来週あたり、佐々木先生が語り尽くしてくれるでしょうからこの辺にいたしまして、ボクのほうはさっそく本題に移りましょう。

6月はなかなか好調な月でした。勝率は8割越え、まぁヒキのほうにはさっぱり自信がないので期待値割れを繰り返して収支こそショボショボでしたが、それでも高設定に座る率が高い状態で過ごせていると、結果がそこそこでも安心できたりします。

好調な状態が続いていると、できる限り体をホールへと向けたくなるものです。日々ツモれている……つまり店の状況がしっかりと読めている状態の時は、その流れに身を任せてスムーズな勝負ができるってもんですからね。

こういう状態の時ってのは、とにかく朝イチで選ぶ台に狂いが少なくなってくるもの。狙い台が上手く取れたときは一発ツモが当たり前の状態、そうでなくても良台を探しているときなんかに、目の前でポッと打ちたかった台が空いてくれたりなんかもするもんだと感じるのは、自分だけでしょうか。

対人戦である麻雀なんかでは日々流れを意識して打つ自分ですが、ことパチスロに関しても、台に対してではなく、ある意味「人のようなもの」である「ホール」を相手になら、こういった流れ的意識は通用するのかもしれませんね。まぁオカルトだと完全否定する人も多いでしょうが、立ち回りは人それぞれ。オカルト完全否定派の人は、今回だけは許してください(笑)。

下がったのはツキ? 設定?

まぁそんなこんなで6月は上手く凌げたわけですが、ちょうど先週のコラムの「エヴァ推定5」あたりから、実はちょっと芳しくない雰囲気になりつつあります、自分のバイオリズムが。

あの時の『エヴァ』、その台を選んで座った理由……とくになかったからな〜、オール設定というイベント内容以外(汗)。 ようは読みもなく台をキープして打ってみたら、5だったというある意味運勝ち。まぁイベントに赴くだけでもほんのちょーーーっとだけ立ち回りともいえますから、全部が全部運ではないんでしょうが、こういう中途半端な台選びと、ツールに頼り切った立ち回りで中途半端に勝っちゃったせいで、ツキが逃げたかな〜なんて本気で考えたりします(笑)。

その日を境に「一発ツモできず→ツモるもショボ勝ち→ツモるもショボ勝ち(このデータ)→若干乱れ気味に打ってチャラ」……なんていう、時間をドブに捨てているとしか思えない日々が過ぎてるもんなぁ。このデータの『アイジャグ』なんて、朝イチガックンスタートから確信してブンまわしてたのに、結果27枚浮き……(夏目じゃなくてコインだよ・笑)。 いくら期待値を追えてれば問題ないなんていっても、日々タダ働きでは意味はないわけで、しょんぼりな日が続いております。ショボいデータはコラムに載せて金に換えねば!!……ってわけじゃないんですが、あまりにも豪快に飲まれていく様をぜひ見ていただければと思い、久々に『アイジャグ』のデータを掲載してみました。スランプグラフを見せられないのが残念ですが……一時期、1台目と遭わせて2500枚くらいあったコインが1/10になったんですよ……この日の帰りはあまりの疲労とガックリ感で、あやうく電信柱にぶつかりそうになりましたよ(ネタじゃないよ、ホント)。

さて、引けないのはまぁいつものことだから仕方ない。ですがこういうときに「ツイテナイ」で片づけるのは注意が必要。ひょっとしたら今まで当たり前のように「6」だと思えていた台選びも、自分がちょっとスキを見せている間に、店によって焦点がずらされているのかもしれないですからね。「低設定のガックン=高設定」、今はこの図式でジャグラーを打っておりますが、ひょっとしたら……「ワナかもしれない」……。気を抜かずにそう警戒しておくことも、大事ですね。

流れで自分の立ち回りを押し引きするのもよし。ですがその流れに足下をすくわれないようにするためには、目の前の目に見える「事実」からも目を背けられないというわけですな。うーん、このジャグ……ホントに6だったのかな……。ちょっと店に対して不信感もあり……です。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る