コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『サンサンオアシスキュイーンVer.』  
 

実戦データ
店舗名 初日:某所某店
2日目:某所某店
換金率 -
遊技ルール -
機種名 初日:サンサンオアシスキュイーンVer.
2日目:サンサンオアシスキュイーンVer.
投資 ゲーム数 ボーナス
《初日・サンサンオアシス》2450ゲームBIG9回 CB7回
10005BIG)チェリー同時
181BIG)チェリー同時
134BIG
80BIG)
24CB
46BIG:◎
239BIG)チェリー同時
174BIG:スイカ×2
34CB
14BIG:スイカ
86CB
59BIG
111BIG)チェリー同時:スイカ×2
48BIG:◎
79CB
121CB)チェリー同時
164BIG
191ヤメ)1800枚
《2日目・サンサンオアシス》昨日打った台
300062BIG:◎
0ヤメ
《サンサンオアシス》前日の凹み台Aへ持ちコイン移動
46BIG)チェリー同時
0ヤメ
《サンサンオアシス》前日の凹み台Bへ持ちコイン移動
29CB
76BIG
51BIG:スイカ
53BIG:スイカ
37BIG:◎スイカ
201BIG:スイカ
104BIG:スイカ
43BIG:スイカ×2
14CB
131BIG:スイカ
170BIG)チェリー同時
2CB
347CB
39BIG:スイカ
109BIG:◎スイカ
264CB
428CB)チェリー同時
116CB
146BIG
112CB
35BIG
11BIG
195BIG:スイカ
45BIG
41BIG)チェリー同時
248BIG:スイカ
166BIG
652BIG
225CB
5BIG
508BIG
93BIG)チェリー同時
64CB
141CB)チェリー同時
119BIG
48BIG)チェリー同時:◎
8BIG
26BIG◎
147BIG)スイカ×2
137BIG)チェリー同時:スイカ×2
80CB
8BIG
51BIG:スイカ
87CB
5CB
84BIG:スイカ
172BIG:◎
289BIG
45BIG:スイカ
406CB
103CB
137CB
35CB
96ヤメ)4280枚
6984
※「◎」印はBIG中のフェアリーランプ点灯
総投資額 初日:1000円
2日目:3000円
総獲得枚数 初日:1800枚
2日目:4280枚
換金額 -
収支 初日:+1750枚
2日目:+4130枚

ふとした思いつきから……

それはとある日の稼働。朝イチから(正確には12時オープン)出向いたイベント店で軽くコケ、10000円ほどの負債を抱えるも、すでにすることがなく帰宅しようかと迷っていた日。とある新機種のことを思い出しました。

それはパイオニアの『サンサンオアシス』。この機種、まぁ言い換えるならば『サンハナ』の25パイバージョンで、レバーを叩けばプリっとチカる系のなんてことはない機種……だと思っていたのですが、割などが気になっていろいろと調べていたところ、どうやら100%じゃないながらも設定変更判別ができるとのことだったのです。

これはひょっとしたら使えるかも……そんな淡い期待を胸に、設置店へ。まぁいくら設定変更判別ができるとはいっても、そもそもオールベタピンではなんの意味もないので、当日を含め過去のデータをポチポチとチェックしていると……なるほど。5だか6だか、必ずそのくらいの数字にBIGバケが落ち着いている台が最低でも1台はある感じが目に付く。これはひょっとしてひょっとするかも……。幸い次の日も稼働ができる状況だったので、この日は最もデータに可能性が見えた台をとりあえず打ってみることに。

すると運良く1000円で当たったBIGから、ポンポンとボーナスがつながる。ほとんど役に立たない推測要素とはいえ、BIG中のフェアリーランプ点灯率、そしてスイカ出現率も悪くない。っていうか何よりボーナスが軽い軽い。これは間違いなく高設定だろ……という思いの中で打つも、残念なことに中途半端な時間からの試し打ちゆえに1800枚程度の獲得で終了。さて、本番は明日だ!

凝視するランプ

前日の試し打ちを無駄にはしないようにと早めに就寝……できるわけもなく、原稿だなんだと書いていたら結局は朝方。しかも前日のメールで『エヴァ全56』『鬼武者半分6』なんつー景気のいいメールをよこしてくる店があり、残念ながら『サンオア(略しにくいな・笑)』を諦めてこっちの店に行こうと思っていたのだが……幸か不幸か、大寝坊(笑)。

それでも特徴的に激アツメールの店に赴こうかと思ったのだが、さすがに1時間遅れ(店が遠い)での入店では夢も希望もないだろうということで、途中まで向かった道を引き返して例の『サンオア』設置店へ。二兎を追うものは一兎も得ずっていうしね。

開店20分遅れで入店し、『サンオア』のシマを見ると……良かった、誰も打ってない。もちろんここで誰かが打っていたとしても朝イチBIGを見られれば問題はないのだが、20分遅れで入ったことですでにBIGを引かれていたらすべてがパーになる可能性があったので、この運の良があった時点でこの日の勝利は確信。さて、昨日の良台(据え置きもある)を打ってみるとしますかね。

初ボーナスは割と早い3000円でのBIG。1、2000円目に全然ベルがそろわなくて「ひょっとしてベルの差も決行大きいのかも(解析はない)」と不安に思うも、まぁ今日一日理由のある台を打ち続けていれば、その答えもボンヤリ見えてくるでしょう。とにかくこのチカリがBIGじゃなきゃ始まらないので、気合いを入れて7を狙うと……よし、BIG。後はBIG終了時の終了音が鳴り終える瞬間の、フェアリーランプを凝視するだけです……。

「点灯」。設定変更後の一発目のボーナスがBIGだった場合、100%の確率で点灯するこのフェアリーランプ。一応普段も高設定を示唆する演出としてBIGの5、6〜7、8回に1回ほど点灯するのだが、この朝イチBIGの点灯でおおかた、設定変更と判断。光り物だと100ゲーム以内に連チャン……とかいいたいところだけど、まぁここはもちろんの0ゲームヤメで台移動。次に可能性がある台へ。

この判別で恐いのは店による意図的な「全台設定変更」だが、その不安も2台目で杞憂に終わる。初ボーナスがBIGで、さらにフェアリーランプ無点灯……つまりは「据え置き確定」である。この2台目は明らかな前日のクソ台だったので、素早く移動。3台目……もうフェアリーランプを見るまでもなく、これが当たりだろうという確信の中打ち始めると……初回ボーナスは残念、バケ(笑)。

初回ボーナスがバケだった場合は、残念ながら設定変更は見抜けない。これがこの機種の最大の欠点ではあるけれど、まぁこの曖昧さで店側も対策をしないのであれば仕方がないところでしょうな。もともと根拠の強い3台の最後の台だったので、もちろんこの台はそのまま続行。結果、4000枚以上ものコインを吐き出す大勝と相成った。

さて、帰宅後。この気持ちいい結果にお酒もすすんでしまうところだけど、ここで考えなければならないのが、「打つ台の優先順位」だろう。

この設定変更判別を行う上でのキモになるのはやはり「据え置き」。朝イチBIGでフェアリーランプが点灯しなければ100%据え置きが確定するわけだから、点灯した場合の若干の不安定さを考えると、やはり最初に狙う台は「前日の好調台」もしくは「前日バケまみれの台」だろう。もちろん据え置きを一切やらない店ならばなんの意味もないけれど、逆に据え置きを多用する店ならば効果抜群。今日打った店は普段は据え置きの多い店なので、これからも使えそうである。

さらに設定推測に関してだが、こちらは「設定1or6」の店でもない限り、バケ確率、BIG中の判断要素、共に使えないといった印象。BR比率が1対1の台ならまだしも、この手のジャンキーチックなボーナス確率ではここで判断するのはほぼ不可能といえる。さらにBIG中の2要素も分母が大きすぎる。ちょっとしたムラでどっちにも転びそうなので、数回のBIGでの判断はほぼ無理。最初っからスイカも出るしランプも点く展開になって、ちょっと追ってみようか……的な感覚になれるといった程度でしょう。

つまるところ、もうこの機種の立ち回りの9割を占めるのが、台選び。設定変更判別こそが、最も重要な要素になるだろう。対策は……恐らくしない。大丈夫。だけどいつかはこの機種に設定を入れることをヤメる時期が来るはず。その時期の見極めが、この機種で食えるかどうかの重要ポイントになるような気がする……。

あ、なんか立ち回りの事書いてたら、せっかく面白い台なのに面白さを書くスペースが無くなった(笑)。 まぁそれは次の機会にでもゆっくりと。一言だけいわせてもらえば、「せっかくメチャ面白いのにキュインで台無し」ってところでしょうかね(笑)。 ではでは。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る