コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

打たねばならぬとき  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール なし
機種名 ガメラ
投資 ゲーム数 ボーナス
4K102BIG:ガメラ
68BIG:赤7
208CB:赤赤ガ
75BIG:赤7
116BIG:赤7
RT(ギロン)
692BIG:ガメラ
RTループ
68BIG:BAR
289CB:赤赤ガ
167CB:ガガ赤
20CB:赤赤ガ
178BIG:ガメラ
69CB:赤赤ガ
367BIG:ガメラ
281BIG:BAR
91CB:赤赤ガ
82BIG:ガメラ
365CB:赤赤ガ
129BIG:ガメラ
32ヤメ
総ゲーム数:3399G(成立後除く)
BIG回数:11回(1/309.0)
CB回数:7回(1//485.6)
合成:18回(1/188.8)
総投資額 4000円
総獲得枚数 1302枚
換金額 26000円
収支 22000円

メールチェックは必須

そんなこともあろうかと、ほかのメールチェックからピックアップしてました。このホールのこういう書き方の時は、1/2で高設定くらい……なんて経験則も動員せねばならないわけですが。

ワサビ先生も私も、よく下見の重要性を書くんですけど、何も翌日打つ台を絞り込むだけが下見ではありません。打つほどの時間がなくても、状況を見てみるのは必ずプラスになります。それこそ、トイレを借りるだけでも良いと思います。

その日、そのホールから来たメールを見返しながら状況をチェック。そのメールが来た時間と、稼働の状況などを照らし合わせたり。今は満席だけどボーナス回数は少ないから、夕方にメールが来たところから埋まったのかな。なら、朝行けば座れそう。で、朝来たメールは……。なんて感じで。


で、そんな感じで絞ってみたんですが『蒼天の拳』が半分高設定じゃないの? くらいなところしか見あたらなかったんですよ。そこそこ台数があるので、おそらく空き台あり。

パソコンがブッ飛んだ時の影響でネタにしてないし。それも良いかなぁとは思ったんですが、半分高設定くらいだと周囲の状況把握などから立ち回る必要が出てくるわけで。主戦にするタイプの機種でないだけに、その経験値は圧倒的に不足してます。勉強がてらで打つのも新装直後ならあり得ますが、今の時期だったら全台高設定とかのシマを「自分で打たなくても」観察するとかでできますし。

ハイ、実は『蒼天の拳』を書こうと思った時の実戦も、大部分『カイジ2』を打ってました(笑)。

また、時間的にホール到着は開店から30分程度遅れます。狙い台を絞っている人がいれば、半分高設定でも残る当たり台は少なくなってしまうわけで。なんて、消去法でメールを消していったら、非常に微妙なジャグ系のものしか残りませんでした(汗)。

『ジャグ』系は、座った段階である程度勝負が決まってしまう機種。夕方から打つならデータを見て座ることによって低設定を避ける率が上がります。しかし、朝イチから打つ時はリスクが高いです。ピンポイントでツモってナンボのもの。

ハピジャグ』に複数6あり。確か10台ジマ「複数=2台」として1/5。夕方まではノーマークなお店だけど……むぅぅ。行ってみて何台が(据え置きがないなどで)候補から消去できるか次第。というか、消去できるクセがわかってないと、行かないレベルのホールだったりしますが。

普通なら打ちません

行ってみたら、こりゃまたビックリというくらい絞れません。数日間、低設定だらけだったのか。高設定の不発が続いたのか。大事なことなので2回書きます。朝イチから『ジャグ』系を打つ時は、ピンポイントでツモってナンボ。

もちろん、自信のある狙い台をシクるケースだってありますよ。でも、そういう時は返す刀というか、次の狙い台がほぼ100%になるワケで。なので、間違いなく打たずに帰るのが正解。ほかのホールで宵越し天井などを狙ったりして時間を潰し、夕方から低設定の確率が減った台を打つべきでしょう。

スロプロ実戦的には、この日は打たなかったことにしておいてください(笑)。


でもね、そういうワケにもイカンのですわ。奥様に命令されて出かけた旦那さんと同じです。

そういう時は、やっぱ好きな機種を打つに限りますね。一目散に好きな機種を打つのではなく、勝つための努力をしてから……というのが前提になりますけど。

というわけで、相も変わらず設定不明の『ガメラ』。何の示唆もないホールなので、思いっきり下の設定を使ってないだけかもしれませんが、このホールは相性が宜しいです。運勝ちでスミマセン。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る