コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『アイムジャグラーEX』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 -
遊技ルール -
機種名 アイムジャグラーEX
投資 ゲーム数 ボーナス
200枚55CB
145BIG
11BIG
140CB
221CB
278BIG
400枚3CB)チェ
73CB)チェ
18BIG
164CB
104CB
151BIG
39CB
224BIG
93BIG
24CB
100BIG)チェ
8BIG
83CB
92BIG)チェ
27CB
139CB)チェ
158BIG
58CB
13BIG)チェ
191BIG)チェ
153CB
49CB
27BIG
39CB
72CB
178BIG)チェ
64CB)チェ
3CB)チェ
7CB)チェ
27BIG
350BIG)チェ
2CB)チェ
238BIG
202CB
144BIG)チェ
18BIG
29CB
61BIG
77CB
185BIG)チェ
82CB
160BIG)チェ
115CB)チェ
274BIG
54BIG
130BIG
388BIG
225CB
163CB
316BIG
161CB
444CB
105CB
313CB
11BIG)チェ
16BIG
105BIG)チェ
23BIG
187CB
59BIG)チェ
100BIG)チェ
61BIG
23ヤメ
8052
総ゲーム数8052
BIG35230.0571429
CB33244
ブドウ13296.058690745
総投資額 600枚
総獲得枚数 4311枚
換金額 -
収支 プラス3711枚

夢と妄想と……数字が表す現実

さて、毎年稼働が一番少なくなる8月……というのは先週にも書いた話ですが、今年は結局13〜15日の「モロにお盆の時期」を除いて、割と稼働しておりました。事実お盆明けに結構開けてきたホールも多く、それに加えてお盆でヤラれまくったお客が来られなくなったことも手伝ってか、ボチボチよい状況が続いております。まぁそうはいっても「自信度80%」を越える台しか選べないくらい、結構おっかなびっくり打ってましたけどね(笑)。 『アイジャグ』なんかをコツコツと回しているあたりに、その辺の空気を感じていただければと思います。

そうそう。ここからが今回のテーマ(ってほどたいそうなモノではないけど)なんですが、『アイジャグ』でなんとなく6を確信して打つのって……逆に恐くないですか?(汗)。 なにせ言われてるじゃないですか、『勝率75%』って。まぁ正確には78%くらいな『アイジャグ』の設定6。機械割が107%そこそこだとそんなもんなのかも知れませんが、設定6を打って勝率8割にも届かないって……ライトな感じでパチスロに触れている人からしたら、全くもって納得がいかない……って人も多いんじゃないでしょうか。

基本的に設定6なら勝てるモンだ、という思考で打っている人が大半でしょうからね。ですが、夢を壊すようではありますが、『アイジャグ』の設定6なんて4回に1回は負けるわけです。しかもこの勝率には、『たった1枚のプラス』も含まれてますから、満足のいく勝ち金額を『アイジャグの6』で得られる確率は50%程度しかないのかも知れません。つまり『負けたような気になる確率』が50%もある……ってことなのですよ。ですからよく『全台6のアイジャグで出なかったんですよ〜』なんて話を聞いたりしますが、まぁそれも普通の出来事なんです。

都合のいい解釈で勝率アップ!?

そう考えると……ゲンナリしますよね……正直。ですからいつも口を酸っぱくしていっているとおり、『アイジャグ』ってのは、朝からにしろ夕方からにしろ、設定6を確信している状況じゃないとなかなか打てないということなんですよね。そして6をツモったらひたすら回すことに専念する……回せば回すほど勝率、そして期待収支がアップするのもまた、数字上の事実。ま、内心では『出ないジャグラーは死んでも出ないよ』とか思ってたりしますが、期待値至上主義のこの世の中ではいちおうこう言っておきます(笑)。

あ、でもでも、一つ思っていることがあるんですが……ちょっと聞いてもらってもイイですか。

実は、設定6が『確定はしていない』状況で、でも『この台は6だろう(打ち手には分からないが実際に6)』という推測のもとで打つ『アイジャグ』ってのは一般の人的には勝率がもうちょっと高くなるんじゃないかとか思ったりもするんですよね。

例えばこのデータの後半。順調にコンスタントに当たってそうに見えるデータですが、実は1500枚ほど飲まれている瞬間と、ほぼBIGだけでコインをガンガン増やした瞬間があります。ここのところを2つに区切って見て、さらにそれが打ち始め(仮に2000ゲームでBIG・CB共に10回と仮定)からやってきたとする。

前者の『BIGもCBも全然引かない』という展開に陥った場合は……『前任者のヒキ強だったか……』とヤメますよね。ですが後者の『BIG連打に少しのバケを加えてコインが増加』している展開の場合は、大半の人がコインも持っていることだしもうちょっと様子を見るか……と打ち続ける……そしていずれ、バケも引いてくる。

つまりこの2パターンの事象の出現割合を1対1とすると、これに加えて『バケばかりで続行得ざるを得なくなる→6を打ち続けられる』パターンと、『BIGばかりでバケを引かないからヤメ→6を捨てるが勝ち逃げ』のパターンを加えることで、設定6を教えられて粘らされて打つよりも『自分の都合のいいように解釈できる』ぶんだけ勝率がアップすると思うのですが……いかがでしょうか。

ホント、いかがなもんでしょうかね、この発想(笑)。 正直、合っているか間違っているかすらよく分からないんですが、この発想に行き着いたのは『なんだか自分の打つアイジャグの、6だろって思った台の勝率って、78%より絶対に良いような気がする』……と感じたからなんですが。佐々木さん、数値的に分かるようであれば教えてください(笑)。 もちろん見切りのボーナス出現率などを設定しない限り答えは出なそうですが(笑)。

なんだかよく分からない話になっちゃいましたが、まぁとにかく、機械割と勝率の数字ってのは、打つ台の判断基準にもなるので覚えておいた方がイイと思います。概ね107%なら……78%〜80%。110%あれば、9割弱は勝てる計算になります。もちろん、例えば『うる星2』の設定4(約107%、勝率81%)のように、同じような機械割でもボーナスの確率比率(BIGのほうが引きやすい)によって勝率が『アイジャグ』より高くなる場合もありますんで御注意を。

それに加えて、自分の勝率も打っている台の割に比例することになります、まぁこっちはざっくりなためかなりバラつくことにはなりますが。普段80%の確率で勝っている人なら、107%くらいの割で打てている……などといった具合ですね。

この勝率8割、107%……が実は自分の日々の目標数字だったりします。ってことは毎日『アイジャグの6』を打たなければならないのでなかなか大変な数値ですが、目標は大きめに持つ……これが大切ですからね。これからも日々精進で、頑張りたいと思います♪ ではまた来週! ……アイジャグ、勝てると思うんだけどな〜(笑)
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る