コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

リハビリ稼働  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール -
機種名 ハッピージャグラー
投資 ゲーム数 ボーナス
1日目
3K76CB
17K699ヤメ
3日目
2K51BIG
4K364BIG
14BIG
7CB
102CB
136CB
208BIG
387BIG
54BIG
28CB
14BIG
20BIG
308BIG
287CB
104CB
48CB
91CB
208BIG
222CB
114BIG
302BIG
208BIG
56CB
4BIG
7BIG
109BIG
308CB
301CB
208BIG
114BIG
56BIG
94BIG
38CB
401BIG
76BIG
9CB
90ヤメ
3日目
総ゲーム数:5148G
BIG回数:22回(1/234.0)
CB回数:14回(1/367.7)
総投資額 20000円&6000円
総獲得枚数 0枚&1352枚
換金額 0円&27000円
収支 計+1000円

ジャグ系はコレが怖い

「普通に考えればコレだろ」と絞れてしまうのが、ある程度でも設定変更のパターンを読めているホール。そういう台に着席するのは必然であります。

その挙げ句が、CB1回で20本の負債。

普通に通っていて状況判断に隙がないとすれば、ちょっとは怯みますけど続行です。高設定だってハマルのは珍しくありません。ただ、今回は下見が不十分。「見られない履歴の時は……」などと考えられるので、確実に消せる台以外、どれにも可能性が見えてきてしまいます。ここで黙って突っ張れる人は、自信に満ちあふれているか、アツくなっているだけか。

これが『エヴァ魂』の場合だったら、ほんのちょっとだけ小役からの設定推測の信頼度も増しますし、天井暴走を見据えて打てるんですが、ジャグ系はヒケなければ何の見返りもございません。間違っての一発役で救われることもありません。その分は、ボーナス確率に上乗せされているんだから、ボーナスくらいヒケということなんですが。それをヒケないと精神修行の場になりますわな。

と、割り切って突っ張るのもアリなんですが、今の状況では「自信に満ちあふれているフリをしているだけ」。広義ではアツくなって自分を見失うのと同じでございます。

かといって第二候補・第三候補へと渡り歩くのも……。ジャグ系は一発で狙い台を仕留めてナンボ。ここからさらに自信度が低い台でハマってしまったら、取り返しが付かなくなってしまいます。


撤収する時は、サクっと撤収。このホールは、ジャグ系以外に勝負できそうな機種を見つけるのが難しいのもありますが。その近辺のホールを視察することに充てることに。

で、オチはおわかりかと思いますが……。夜にもう一度戻ってみると、ガン出しされてるワケですよ(笑)。

焦らないことが一番

その日に5万負けていても、目の前に1000円勝てる台があったら座るべき。一発逆転など狙わない。

よく書くんですが、これも同じことですね。体の調子が悪くて稼働できなかったから、それを取り返そうと思ってもムダ。そんなハードルを上げて実戦する必要はまったくありません。逆に、稼働が良くないこともあることを見越して、余裕のある資金繰りというかヘソクリのようなものを用意しておくのが寛容。

自信が微妙な状況で、食いつきが悪かったら撤収するのは当然。もちろん、食いつきが悪いだけの高設定台を捨ててしまうことだってあるでしょう。キャリアが浅い人は、自分がヤメた台を出されるとアツくなってしまいがちかもしれませんが……長年やってると慣れますよ(笑)。

自分の中で「これは仕方ない」「これは捨ててはいけなかった」という線引きが確立されたら、何とも思わなくなります。低設定と思って捨てた台が高設定だったかもしれないと、翌日以降の台読みに繋がってくれるので、むしろありがたいとさえ思えるかも。

まぁ、この日の負けは気分的には痛いですけどね。復活しようと思った出鼻をくじかれてますから。


その次の勝負で負けるとさらにヘコむことになるので、まだ台を絞りきれなかった翌日はパス。負けても言うほどヘコみませんけどね。準備だけは納得のいく形にしようってことです。それさえできれば、長期的には結果が付いてきますから。

ということで、メインのデータはこの2日後の(3日目)です。この日もヒキは微妙で、最後は2回の実戦のトータルがチャラ付近になったのを確認してヤメ。このデータ要らんだろと思ったんですが、CB1回のみのデータを掲載するのは忍びなく(笑)。

さて、またコツコツと積み上げて行くことにします。収支も台読みに必要な情報も。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る