コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『超時空要塞マクロス』  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール なし
機種名 超時空要塞マクロス
投資 ゲーム数 ボーナス
2K52赤BIG:特リプ
46青BIG:強ス
27REG:3回正解
13K739REG:2回正解
38RT:中チェリ
79RT:自力
64RT
128RT
63RT:自力
83RT
90RT
97ヤメ(504枚)
総ゲーム数:1506G
赤BIG:1回(1/1506)
青BIG:1回(1/1506)
REG:2回(1/753)
合成:4回(1/376.5)
総投資額 15000円
総獲得枚数 504枚
換金額 10000円
収支 -5000円

発動までの距離

基本的なシステムは『エウレカ』と同じと思ってOKです。特殊リプレイの「リリベ」が揃うと、「リリチェ」揃いになる特殊リプレイを高確率で抽選。「リリベ」後にSINの取りこぼし目が出ると、再び「リリベ」待ちに戻されるのも同じです。

実戦データはパソコンからのみからしか見られないので、ざっと説明します。座って速攻で赤BIG→青BIG→REG。REGでは押し順2択を3回正解させましたがART突入なし。設定6でも突入率は50%とのことなので、まぁなんとも言えませんがガックリです。で、ガックリしたままズッコンと飲まれ。天井まで一直線に追加投資している739GでREG。2回正解で絶望感が漂った1G目に中段チェリーが出現してくださいまして。そこから自力突入の2回を含めて7連もしてくれました。ART中も至って普通な感じだったので、5連+自力2発なんでしょうか。

この「自力」と言っているのは、演出などで勝利したりしてART準備モードに突入する前に、自力で「リリベ」→「?」ナビからの「リリチェ」となってARTに突入したパターンのことです。

『エウレカ』と異なるのは、この「リリチェ」揃いが6択ではなく3択になっていることです。「?」ナビまでたどり着いたら、ねだらずに勝ち取れる率も高くなるってことで、「リリベ」や「リリチェ」揃い確率が、ややダウンしているのかな……なんて。

たまたまかもしれませんけどね。実戦データで書いたゲーム数は、台上カウンタに合わせてみたんですが、ARTで消化した50Gを除くと「38G・14G・78G・33G・40G」と自力リリチェが揃うまでの「29G・13G」です。こう並べてみると普通なんですが、準備モードに入るのが遅かったのって自力リリチェとなった29Gくらいでして。とにかく、準備モードに入ってから「リリベ」をヒクまでが長かった。大事なことなので、もう1回書きますが、たまたまかもしれませんけどね。

準備モードを長く消化できるのを、ラッキーと感じられるかどうか。そりゃ「リリベ」後は全体的に特殊リプレイの確率がアップしますし、小役の押し順ナビも発生するので丸々お得。ですが「リリベ」を待つ間は小役ナビだけでリプレイ確率がアップしないので、コインは若干マイナスとなります。さっさとコイン増えろやゴルァという人や、閉店間際に大連チャンかましてる時は、ちょっとイラっと来るかも。

ただ、少なくとも純粋な通常時を打つよりかは、小役をナビしてくれる分だけコイン持ちは良くなります。そう考えると、悪い区間ともいえないんですよ。ただ……ですね。この区間はARTをヒケて初めて受け取れる恩恵でもあるワケです。ARTが連チャンしてくれてこそ、小さな積み重ねとして目に見えるプラスになります。

なんかココ、非常に大事な気がします。解析詳細が出たら、真っ先に「リリベ」と「リリチェ」の出現率をチェックしてみようっと。

意外と天井狙いが落ちている!?

7連した内訳は、正確な答えは出ないと思います。なので、割愛。「3+1+1+自力2」かもしれませんし「5+自力2連」かもしれませんし。全台高設定かもと思って座ったワケですが、ホールが嘘を吐いていないとも限らないんで。もっと長く打てていれば、他の部分から設定を推測できるのかもしれませんが。

いずれにせよ、この短い実戦では考えてもムダなので、天井狙いにでも話題を変えたいと思います。この初打ち実戦後にもあと2回打ってるんですが、いずれも天井RT狙いで座ったもの。まぁ肝を冷やしました。天井ゲーム数の直前で「リリチェ」揃いに1/3でなることが判明する「?」ナビが出たりして。ここばっかりは3択を当てたくありません(笑)。

というくらい、見ていれば天井狙いができる状況なのかも。データカウンタによってはARTでゲーム数がクリアされなかったりするので注意は必要となりますが、自分が打たなくても誰かがARTにブチ込めばデータカウンタの設定もわかりますよね。なので、打てる台が見あたらない時も、このホールのデータカウンタは……とチェックして知識を溜め込んでくださいませ。そういうチェックの仕方は、他の機種でも役立ちますから。


新台は落ち着くまで打たないという風潮や、年末年始は厳しいから……なんていう人が多い時期。だからこそ、こういうまだ浸透仕切っていない、しかもちょっとデータの見方とかに注意が必要なART機の天井狙いは有効かと。一応、私は600G程度の台を目安にしています。ただし、台上カウンタの前回ボーナスREGの時は前がARTの可能性もある(としたら終了が50Gズレる)ので、650G程度に。スランプグラフとかでREGかARTかを判別できるホールならラクになります。

本当は、高設定をパスッとツモって勝つ方法をオススメしたいんですが、お試しで打ってみたい機種なんかは初手が天井狙いというのもアリ。特に状況が芳しくないホールが増えていく時期なので、こういう時に普段と違う立ち回りを磨くのもアリだと思いますよ!


【編集部より】
ただいま パチンコ・パチスロ AWARD 2010 ファン投票受付中!
※携帯サイトをご覧の方はトップページからAWARD特設ページにて投票いただけます

text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る